高畠 スタッフ ブログ

こんにちは、(株)高畠 井川です。

 

前回に引き続きコルベットの作業をお見せしていきたいと思います。

 

 

外装部品、エンジン、内装など車の部品は沢山ありますが、

それらの部品を外していき、ガラガラになった状態がこちら

 

一通り外したところで、配線もすべて外していきます。

 

これで配線は全部です。

今回、配線はすべて新しい物に取替、引き直しをします。

 

これでも配線はかなり少ないほうですね。

 

最近の車はコンピューター制御が多いため、エンジンだけでもこれより沢山の配線があります。

 

簡単ではありますが今回はこの辺で。

 

㈱高畠  井川

 

 

 

こんにちは、(株)髙畠 井川です。

 

今回は珍しい車両が入庫しましたので紹介させていただきます。

それがこちら

 

 

 

1961年式 コルベット C1 です!!

 

カッコイイですねキラキラ

 

約60年前の車ですがきれいです。

 

 

しかし

 

 

よく見ると・・・

 

 

 

 

ボディー塗装の浸食、メッキパーツにくすみや内部からの錆?など、気になるところもアセアセ

 

という事でレストアとまではいかないと思いますが、少しずつキレイになっていくところをお見せしていきたいと思います。

 

 

髙畠  井川

 

 

こんにちは、高畠 宍倉です。

 

本日の記事は、新商品のご紹介記事となります

 

ユピテル製 

全周囲360°ドライブレコーダー ZQ-20 marumie(マルミエ)

 

 

高畠スタッフブログでも、数多くのドライブレコーダーをご紹介してきました

 

ですが...

 

今回の商品は、通常のドライブレコーダー映像がプラスαされた商品になります

 

早速ですが、商品はコチラ⇒

   

   

前方映像+右映像+左映像+車内(後方)映像

 ※後方映像は、前後ドライブレコーダーのような映像とは、異なります。

 

全周囲360°の映像を、1台で記録可能なドライブレコーダーになります

   

 

今現在も、S10・Q03のように⇒

360°or 720°ドライブレコーダーは、ユピテルより販売していますが...

   

   

 

今回のオススメポイントは⇒

2.4インチ液晶モニター搭載

   

 

本体1台で、映像確認が可能になる事です

   

 

 

一般的なドライブレコーダーは、本体に液晶モニターが搭載されていることが多いのですが

S10 ・ Q-03はモニターレスだった為、映像確認はスマートフォンもしくはパソコンが必要でした

今回のZR-20であれば、その問題が無くなります

 

そしてそして⇒

ZQ-20の本体サイズも、従来のドライブレコーダーと大きさも変わらず、角度調整ブラケットでの取付けとなる為、イロイロな車種に取付け可能になります

   

 

ドライブレコーダーを取り付ける、一番の重要ポイント

交通事故の映像かと思います

 

下記のような情報があります

   

 

確かに...

今までの経験上、前だけではないのも事実かもしれませんね

 

追加お知らせ

ZQ-20のモニターなんていらないよ

無線LANでスマホ確認

そのような方は⇒

   

液晶レスモデルとして

ZQ-25も近日発売予定となっております

 

 

 

今回ご紹介したZR-20(ZQ-25)であれば、完璧ではありませんが、側面からの衝突事故映像などは、ドライブレコーダー映像として、録画できると思います

 

 

 

 

ドライブレコーダーとなると...

驚く程の種類がある為...

どれを選択したらいいのか?

と...

悩んでしまうのかもしれません...

 

ドライブレコーダーの事で、何かございましたら気軽に、高畠迄お問い合わせください。

お客様のご使用・お車に合わせたドライブレコーダーを、ご提案させて頂きます。

 

高畠 宍倉

 

 

高畠ホームページ
株式会社高畠   

 

 

↓携帯QRコード↓