色素性痒疹(2)近所の皮膚科 | 高橋瞳子のおいおい漫画

高橋瞳子のおいおい漫画

いつの間にか忍び寄っている“老い”
50代の私が日々感じてしまうこと 体験したことなど 漫画でつづります
発達障害の夫や長男のことも書いています


テーマ:

色素性痒疹(しきそせいようしん)(1)  の続きです。


325
326

このポチッ、
蚊に刺されたよりずっと痒くて、
1週間経っても痒さが続くんです。

そして掻きこわしては、
周りの皮膚の傷ついたところがまた痒くなって、
どんどん広がってしまうという悪循環。

病名も原因もわからないとなると、
クスリを塗るという対処療法しかできず、
また新たにポチッができるわけですから、
困ってしまいました。

というより、こんな軟膏で本当に治るの?
という気持ちでした。
他のクリニックで出された軟膏のことも、
話したんですけど…


やっぱりどんな病気でも、治療には、
患者と医師とのの信頼関係が、必要ですよね。

 
次回はこちらから
 


 

                     人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング
ここをクリック

クリックしていただけると
とても嬉しいです。
よろしくお願いします。

ここをクリック
ブログ村
にほんブログ村もよろしくお願いします。




高橋瞳子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス