高橋みほ オフィシャルブログ「みほの突撃日記」Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

台風15号被害のボランティアに参加して

 台風15号後、知り合い経由と、静岡市ボランティアセンター経由で、ボランティアに何回か参加しました。足久保、幸田新田、天王南、久能、油山です。

 

 知り合い経由では、作業道具等を一式持っていかなければいけないのですが、ボランティアセンター経由の場合は、手ぶらで行けばよいので、気軽に参加できる利点があります。

 

 ボランティアセンター経由の作業に参加して思ったのは、被災後、少し時間が経っていたので、非常に人手が必要だったはずの屋内の家具出し、泥出し、清掃等には、それほど関われなかったということです。関係者の方の尽力には非常に感謝するのですが、ボランティアセンターのできるだけ早急の開設が非常に大事だと感じました。そして、被災した場合、これらセンターに頼めるということの周知は、災害前からしておくことが大事だとも思いました(実際には、町内会長さん等がまわってきて、ボランティアセンターに頼んだらというアドバイスによって申し込んだ方が多かったようです)。

 

 そして、今回は、ネットを使っての申し込みだったのですが、①最初の申し込み、②返事を待っての具体的日にちの申し込み、③当日のネットでの参加受付と、必要性に首をかしげることもありました。センター側では、人を把握して作業や機材を割り振りして万全の支度をもってボランティアを迎えたいのだとは思うのですが、もう少し、緩い感じの方が人の結集ができるのではないかと思いました。

 

 今回は、管轄が、葵区、駿河区、清水区の3つに分けられていて、貸されるグッズにも差がありました。駿河区では、土嚢を簡単に作ることができる「土嚢君?」があり、作業が非常にはかどりました。もちろんバケツで代わりもできるのですが、それらの情報共有も必要だと思います。

 

 そして、どこまでをボランティアが担うのかの精査も必要だと思いました。

 

 今回以上に、大規模災害が起きたときには、もっともっとボランティアが必要でしょう。その時に、今回ボランティアに参加した人達の英知を次回に生かさなけばいけませんね(いろいろ書きましたが、ボランティアセンターの方々には感謝しております)。

裾野市の取り組み・・制服の統一化

「少数者の幸せを追求すると、多数者の幸せも実現できる」

 

 最近、この言葉を聞き、「なるほど」と目から鱗が落ちました。

 

前に、工場で、女性でも軽く荷物を持てるような機械を導入したら、男性社員さんからも感謝されたというお話を伺った時も同じ思いをしたのですが、ジェンダーレス等の観点から裾野市で中学校の制服を統一したという新聞記事をみつけ、ここでも同じような感想を持ちました。

 

それは、そもそもこの制度は、第一の目標がLGBTの人たち(少数者)の為だったかもしれませんが、そうでなくても、寒い時や気分で、女性だってスラックスを履きたいと思うこともあります。

 

それを考えると、より自由に制服をチョイスできることはジェンダー問題とは特に関係がない人(多数者)にとっても、非常にありがたいことです。

 

それに、考えてみると、高校毎に制服を決めなければならないということもないでしょう。まあ、制服が本当に必要か否かは別としても、よい取り組みだと思いました。

 

これから、このような流れが主流になっていくかもしれませんね。

人生は親の収入で決まるか

今日の静岡新聞に「親収入で人生決まる」と思っている人が、「どちらかといえば」を含めると73%に上ったという記事が掲載されていました。

 

「人生は親の収入で決まるわけはない」と思っている私からすると、かなりヒドイ状況です。偉人伝を読んでみれば、そんなことはないと分かると思うのですが、人生を諦め気味な人が、若い人に多いことはやはり由々しき状況です。

 

もっともっと頑張っている人を応援して、どんな家に生まれても、頑張れば成功する、幸せになれると思える社会を作りたいものです。

参議院議員選挙を終えて

静岡新聞のトップは「自民対象 改正過半数」。社説は、国民は「岸田文雄政権を信任し、自民、公明両党による政治の安定を選択した」。

 

結果からみるとその通りなのだろう。

 

しかし、静岡選挙区の投票結果を見ると、自民党の若林氏は622,122票、平山氏と山崎氏の票数を合計すると、696,558票で逆転する。鈴木氏の票を入れると、さらに票差は拡大する。

 

結局、国民は自民党だけを信任しているのではなく、自民党にNOと言う人の方が多いのである。

 

それを考えると、野党が統一して候補者を出すことの重要性が分かる。ただし、与党は与党ということで一つにまとまれるのだが、野党は野党ということだけまとまるのはかなり難しい。何か一つの大きな切り口で選挙の時はまとまるべきなのだろう。

松山市の「勤務時間中のみだしなみモデル」

今話題の、松山市職員さんの「勤務時間中のみだしなみモデル」、非常に考えさせられる。

 

たとえば「結婚指輪以外の装飾品は身につけない」「マニキュアなどは透明または透明に近い色」「髪を意図的に染めることは不可。白髪染めは地毛の色で」というもの。ということは、ほとんど真っ黒の髪だらけ、、。

 

「なんでも縛りたがるんだなあ」と思うと共に、これは、子供達の地毛証明を求める思想に繋がるのだと思う。

 

私は、指輪やネックレス等をして、おしゃれにした方が、地域の経済に寄与するのではないかと思う(もちろん、あまりに奇抜な服装だったりしたらビックリするが、そんな人はほとんどいないはず)。

 

勤務中に、シャツにお似合いのネックレス等をしていたら評判になって、同じようなものを購入したりして、女性の口コミで、街中のお店が流行ったりする。

 

市役所の職員さんって、かなりの数がいるはず。皆が仕事中ももっとおしゃれして、地域の経済に寄与すると考える方が建設的ではないかしら。

インボイス制度

先回の衆議院議員選挙の時、橋下徹氏と山本太郎氏が激論を交わしたことで注目を浴びた、インボイス制度についての勉強会に参加しました。

 

この制度、なんだかんだと言っても、売上1000万円以下の事業主に対して、増税になることは明らかです(多くの免税業者が納税業者にならざるを得ない)。

 

制度を作って真の目的(売り上げに関係なく消費税を納めてもらいます)を隠すよりも、「売上1000万円以下の事業主も消費税を納めてもらいます」と、はっきりと言った方が、政治としては潔いのではないでしょうか。今の政治に足りないのは、本当のことを話して国民の理解を得ることではないでしょうか。

【投票率アップといいながら投票時間繰り上げ・投票所の削減】

 

読売新聞ネット記事で、「投票時間繰り上げ広がる、全国で37%が午後8時より前に終了…茨城・栃木・島根は9割超」という気になる記事を見つけました。

 

静岡県は、投票所総数 1,152、繰り上げ投票所数 153で、割合 13.28%だそうです。期日前投票をする人が多いとはいえ、投票率アップを目指しながら、多くの投票場で投票時間の繰り上げが行われている事実に、非常に矛盾を感じました。

 

ところで、先回の衆議院議員選挙前に、ある葵区の公民館で、「この地区の投票場が遠くて、車がない人間は、投票場が遠くて行けない。なんとかしてくれ」というお話を伺いました。

 

その時は、ほんの一部の話かと思っていたのですが、総務省によると、今回参院選の投票所の数は4万6017か所で、前回2019年参院選より1016か所(2・16%)減ったそうです(読売新聞から)。

 

これから高齢化がますます高まり、投票をしたいけれど投票できない人も多くなってしまう。この投票時間繰り上げ、投票所の削減、かなり注視をしなければいけないと考えます。

ヤングケアラー

《ヤングケアラー》

私は、名探偵コナンが好きで、Amazonでよく見ているのだが、最近、このドラマを見るたびに、「毛利蘭はヤングケアラーだろうか?」という疑問を持ってしまう。

 

 ヤングケアラーの定義は、本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っている子どもとされる。

 

 そうであるならば、父親である毛利小五郎や小学生である江戸川コナンの食事や洗濯など家事全般を引き受けている毛利蘭は立派なヤングケアラーといえそうである。

 

 静岡県が行ったヤングケアラー実態調査では、(約23万5千人が回答)「自分が世話(ケア)をしている家族がいる」と答えた児童生徒は4・6%の1万733人にのぼったそうだ。

 

 「世話をする相手」(複数回答)は父母が50・4%、きょうだいが49・9%、祖父母が26・1%。「担う世話の内容」(複数回答)は家事が45・3%で最も多い。

 

 

 お手伝いをすることは大事であるが、宿題をしたり、部活をしたりする時間が全くないような手伝いは、子どもがすべき範囲を超えている。ここは、社会で解決していかなければならない問題である。

 

「米軍関心つなぎ留めよ」

今日の静岡新聞朝刊に、前統合幕僚長の河野克俊氏の「ウクライナ侵攻と日本防衛」についての論評が掲載されていました。河野氏とはお会いしたことがあり、その時は、非常に穏やかな方という印象でしたが、久しぶりに紙上とはいえ、活動を拝見でき嬉しかったです。

 

 ところで、この静岡新聞の見出し、「米軍関心つなぎ留めよ」は、独立国としてはなんとも情けない限りなのですが、現実としては、その通りだと思われます。

 

 一番大事なこと、台湾有事等の紛争の際に、日本はどうするのか、共産党さんが自衛隊を認めたという報道がある中、ここは、これから国民の間で議論を重ねていかなければならないと思います。

《憲法大好き女子が語るこれからの憲法(1)・・護憲という言葉》

《憲法大好き女子が語るこれからの憲法(1)・・護憲という言葉》

 

 私は憲法(議論)が大好きである。私の出身の神戸大学は、実は知る人ぞ知る法律の教授がそろった大学であり、大学時代、浦部法穂教授や棟居快行教授に教えを頂いた私としては、これからの憲法について、言いたいことがいっぱいある。

 

 そこで、《憲法大好き女子が語るこれからの憲法》として、毎週1回、憲法に関しての投稿をしたいと思っている。

 

 今日は、《護憲》という言葉についての感想を述べたい。

 

 実は私はこの《護憲》という言葉が嫌いだ。なぜなら、《護憲派》と言われる人たちは、憲法を一つの物のように扱い、憲法という物を守ることに主眼があるかのような言動だからである。護るのは国民の生命・身体・生活であり、その為の方策の一つが権力を制限する憲法であると考えるべきではないか。

 

《護刑》法、《護民》法という言葉がないことからしても、《護憲》って言葉がおかしくないか、いつも思っている。

 

 以上から、理解して頂けたと思うが、私は、憲法はどんどんと議論をしていくべきものであると考えている。ただ、憲法を変えるのが目的ではない。現実に合わせて国民の命や生活を守る為に憲法の在り方を考えていくべきであると考えているのである。

 

 こんな感じで意見を述べていきたいと思っている。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>