ぴょんぴょんしょうぎ その1 | 女流棋士 高橋和の「将棋の森@kichijoji」
2009-07-14 21:41:01

ぴょんぴょんしょうぎ その1

テーマ:ブログ

来月発売のゲーム絵本「ぴょんぴょんしょうぎ」のイラストを


描いていただいたのは、寄藤文平さんです!



寄藤さん??とお思いの方、お名前はわからないかもしれませんが、



東京メトロの「家でやろう」を作った人、と言えばおわかりいただけるでしょう。



えっ?それでもわからない?


ではJTの「大人たばこ養成講座」でいかがでしょう。


あの独特の絵とこそばゆい笑いを誘う発想は寄藤さんならではですにひひ



以前から「この人は面白いなぁ~」と思っていたのですが、たまたま編集者が


よく御存知で、しかも寄藤さんが将棋好きということでお引き合わせしてくださいましたクラッカー


お会いしてみたら、私の想像通りの方で、なんか妙に意見が合うんですよね。


「ここはこうした方がいいんじゃない?」(寄藤さん)

「私もここはそう思う」(和)

「・・・どうしていつも2対1になるの??じゃあお好きにどうぞ」(編集者Yさん)


といった具合に、ほとんどのことは二人で決め、無理難題をYさんに押し付けるという

構図がいつの間にやら出来上がり・・・。。。かなり苦労されていましたべーっだ!


「ここは絶対にマグネットが必要なの!」

「でもそれだとかなり予算オーバーで・・・」

「そんなことはYさんがなんとかしてくれるでしょ。とにかくここは絶対なの」

「でもねぇ、できることとできないことがありまして・・・」

「大丈夫。できるから」


こんな会話が毎回。 まっ、なんやかんやでできたわけですから「できる」といった言葉は

間違っていなかったのですが。。。(かなり自己中です)


寄藤さんはかなーーーり多忙な方なのですが、採算度返しで、

「いいよいいよ。良い物作ろうよ」と無理難題をすべて受けてくださってえぐえぐ。。。



なんていい人なんだーーークー ハート


ありがとう。絶対にたくさんの子供たちに楽しんでもらえるように和、がんばります。


(編集者Y曰く、「こんなに寄藤さんを働かせてるのは和さんくらいです」)



というわけで、ぴょんぴょんしょうぎは皆の愛が詰まったこゆーい一冊です。


次回は登場人物紹介です。







高橋 和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース