H i Bi no A T O

H i Bi no A T O

風景写真家 高橋智裕のBLOG
tomohirotakahashi.com


あ・づ・い💦💦💦
で、こ〜んな青空。
気温は午前から30℃を超えてる。(車の外気温計)
独鈷山の上空にはこんな雲。
午後からは大気の状態が不安定という、夏の天気。
洗濯物もあっという間に乾いた。
上田は結構乾燥してるけど、暑いけど、なんだか過ごしやすい。
窓を全開にした家の中を涼しい風が通り抜ける。
心地よき🎵

夏だよね、梅雨明けちゃったよね。
そんな陽気の信州上田。
暑いです。
これまで暑くても、窓を開けてれば比較的涼しい風が入ってきて、暑さを感じなかったけど、今日は暑い💦
それでもまだギリギリエアコンの世話にはならず過ごせた。
が!しかし、空気は完全に夏だ。
しかも、やっぱり週間予報はずっと晴れ。
気温も30℃を連日超える予報。
いくら雨の少ない地域とは言っても、これは梅雨明けだ(^_^;)
空がまるで夏の青空だったから撮ってみた。
季節が変わったんだなぁ。
上田に来て1ヶ月。
今の自分はどんな心なんだろう。
以前テレビで空だけを撮る時って、心が病んでるって言うのを聞いたことがあるけど、ほんとにそうかな。
確かに色々想うところはあって、気持ちは上下するのは間違ってはないけど、綺麗な青空に白い雲が浮かんでいると、絵画みたいで心がわ〜ってなる。
きれいなものはきれいなのだ。

と、いうことで、はじめて信州で迎える夏が来た!
ような感じです。

雨が上がり、女神岳が霧をまとわせた姿が現れた。
今日は木曜日、ゴミ捨て時の束の間の楽しみ。
だからゴミ捨ては苦だと思うことがない。
毎朝、女神岳・夫神岳・独鈷山を見るのが楽しい。
この地の風景や空気に触れてると実に癒やされる。

先日、相方あさおと夕食の後、近くのあぜ道を散歩した。
スマホしか持って出てなかったので残念だったけど、こんなにたくさんのホタルが舞っているのを見たのはこれまでもそうそうあるものじゃなかった。
そんなあぜ道をゆっくり歩ける環境が嬉しいなぁ。
毎日、穏やかな心で過ごしていたいな。

昨日、テレビの週間天気予報を観て、相方と口を揃えて「梅雨終わり?!」って(笑)
そんなわけはないだろうが、予報がさ、1週間ずっと晴れ(^_^;)
気温も連日30℃あたり💦
おいおい、雨らしい雨降ってないけど(^_^;)

稜線までの登りは長い苔の森の中

峰の松目頂上からの硫黄岳
硫黄岳までの登り
峰の松目側からの硫黄岳山頂直下の岩場はさほど危険はない
硫黄岳山頂は平ら。この山頂標札と撮りたかったあさお、念願叶う
積雪に続き、この景色を見れた私
硫黄岳から横岳への稜線。雄大な阿弥陀岳・赤岳、手前に横岳・小同心・大同心

右から大同心・小同心・横岳山頂(奥の院)
横岳山頂への登り




横岳直下の核心部。久々に高度感を感じた岩稜帯
やっと出会えたウルップソウ



横岳山頂
復路、硫黄岳への登り返し
今回もやっちゃった、硫黄岳山頂にて
一気に霧に覆われる。建物は夏沢ヒュッテ・夏沢山荘。雷に遭わないか不安だったが大丈夫だった
オーレン小屋まで戻り昼食。どん兵衛が身に沁みた🎵
昼食後のデザートはどら焼き🎵 山での最強スイーツ✨
オーレン小屋から夏沢鉱泉への下り。どこでもドアがほしい(笑)
桜平駐車場にもお花畑。いい感じ

今回の八ヶ岳縦走撮影スタートは桜平駐車場から。
秋の終わり、八ヶ岳は既に雪山に代わった頃に、硫黄岳への雪山登山で使った駐車場。
上中下とある駐車場だが、下に停めることしか出来ない状況になってしまうと、登山口まで約3kmもの上りをひたすら歩くことになってしまうので、休日なんかは早めに駐車場に着いていた方が無難だろう。
なんせ人気の八ヶ岳、甘くみてしまうと、その後の山行計画を覆さざるを得なくなる。
後ほどオーレン小屋で話した方は、土曜日9時くらいに着いたら中駐車場がほぼ満車だったそう。
恐るべし、八ヶ岳!
そんな桜平駐車場からのスタートで、オーレン小屋に1泊して、初日は根石岳・東天狗岳、2日目は硫黄岳・横岳の4座を縦走しての撮影だった。
最大の目的は硫黄岳横岳近辺でウルップソウに出会うこと。
なかなかの行程だった。

本日は最終回。
オーレン小屋→赤岩の頭→硫黄岳→横岳のピストン+桜平駐車場という行程。
なかなか楽しい変化のある行程だった。
オーレン小屋から赤岩の頭まではひたすら苔の森の中を登る、もう苔の森になれてしまって早く通り過ぎたいとしか思わなくなった(笑)
硫黄岳までは、夏沢峠から爆裂火口の真横を登って行くのが定番ルートだが、朝一からそのガレガレの上りを登りたくないから、峰の松目へ向かうルートを使って、赤岩の頭まで進むことにした。
こっちの方が、尾根に出るまで眺望はないけど楽だ。
積雪期に登った経験が活きた🎵
赤岩の頭からの赤岳や横岳、そして、阿弥陀岳など、南八ヶ岳の中心の山々がとてもかっこいい。
そんな雄大な景色を横目に観ながら、ガレた硫黄岳頂上までを歩く。
この景色は相方あさおも感動してた。
積雪期には、そのかっこよさがさらに高まるのだ!
少し休憩したあと、硫黄岳と横岳の間の稜線に佇む硫黄岳山荘に寄った後、今回の核心部、横岳への登り。
なかなかの高度感をひさびさに味わった感じ。
そして、その間に、今回の最大の目的、ウルップソウが咲いてた!✨
それも上の写真のようなとこにだけ。
でも、とりあえず目的達成!!!
たまらんね、ウルップソウ🎵

無事、横岳到着後からの下山もクリアし、硫黄岳への登り返し、そして、オーレン小屋への下り。
下りは、あさおがずっと見たいと言ってて、その姿を実際に観て感激してた爆裂火口の真横を歩くルートを使った。
ここほど雪に覆われた時の方が、歩きやすいと思った場所はない。
オーレン小屋に着いて、少し遅いお昼を食べ、苦しめられた桜平までを今度は下る。
やっぱり、この山行中ずっと言い続けてたけど、桜平〜オーレン小屋間がキツかった(笑)
山行最後の最後、登山口までのコンクリートの上りで、私の身体は一気にむしばまれたのはナイショです(笑)

今回は、根石岳・天狗岳・硫黄岳・横岳と、八ヶ岳の4つを縦走出来た。
風は強かったけど、青空は少なかったけど、なかなかの撮り高だった。



しばらくダラダラと苔の森の中、飽きた(笑)
高山植物がたくさん咲いてる
根石岳から天狗岳。東天狗岳(右)の方が高い
相方あさお、ドヤ顔。なんで?(笑)
どんどん霧が上がってくる

東天狗岳核心部、なかなかキツい

西天狗岳
東天狗岳登頂のあさお。風にやられてる(笑)
東天狗岳登頂
東天狗岳からの西天狗岳
東天狗岳からの根石岳、奥には阿弥陀岳と赤岳と硫黄岳
東天狗岳山頂直下の核心部
根石岳取り付きでたそがれる私。疲れただけ(笑)
根石岳かっこいい。青空も出てくれた

また苔の森の中をダラダラと。飽きてきたところで、こんな苔を見つけてしばし気分が上がった
無事到着後のコーヒー🎵がしかし、豆を持ってきてなくて、今回はドリップ


オーレン小屋での夕暮れ

今回の八ヶ岳縦走撮影スタートは桜平駐車場から。
秋の終わり、八ヶ岳は既に雪山に代わった頃に、硫黄岳への雪山登山で使った駐車場。
上中下とある駐車場だが、下に停めることしか出来ない状況になってしまうと、登山口まで約3kmもの上りをひたすら歩くことになってしまうので、休日なんかは早めに駐車場に着いていた方が無難だろう。
なんせ人気の八ヶ岳、甘くみてしまうと、その後の山行計画を覆さざるを得なくなる。
後ほどオーレン小屋で話した方は、土曜日9時くらいに着いたら中駐車場がほぼ満車だったそう。
恐るべし、八ヶ岳!
そんな桜平駐車場からのスタートで、オーレン小屋に1泊して、初日は根石岳・東天狗岳、2日目は硫黄岳・横岳の4座を縦走しての撮影だった。
最大の目的は硫黄岳横岳近辺でウルップソウに出会うこと。
なかなかの行程だった。

オーレン小屋のベンチで朝食を摂り、これから八ヶ岳縦走開始。
夏沢峠〜根石岳〜東天狗岳をピストンする行程。
本当は西天狗岳まで予定していたけど、予報が見事に外れ、ガスガス&八ヶ岳名物暴風の稜線。
あっさり、あさお(相方)・ともこ(私)首脳会談で西天狗岳はやめ!(ピークに拘らない私達♪)
まず、根石岳まで行ってみて、東天狗岳に登るかも決めようということで出発。
途中までは、オーレン小屋までの行程同様、苔の森の中をゆるゆる(正直飽きたwww)。
風は遮られいるけど、ゴーゴーと嫌らしい音だけはしてる。
登りきり、根石岳山荘のある稜線に出ると、一変。
暴風&寒い💦
帽子を脱ぎ、ふたりともハチマキ。
そして、レインウェアを装着、フードもしっかり被った。
レインウェアは防風にもなるのですよ。
根石岳山荘でしばし休憩して、根石岳に登頂。
そこから見える天狗岳は格別です✨
根石岳から下り、東天狗岳への登り返し。
風は強いわ、ガスは湧いてくるわ、寒いわ、ガレガレの登りでキツいわで、苦労した。
がしかし、ふたりが口を合わせて言ったのは、「やっぱり桜平からオーレン小屋までの方がキツかった💦」だった(笑)
東天狗岳山頂直前がこの行程の核心部だったけど、あさおは赤岳も地蔵尾根を使って登ってるし、私も岩稜が嫌いじゃないしで、無事登頂出来た。
やっぱり山は下る方が怖いね。
東天狗岳からおりてきた稜線に出ると一瞬だけ青空が出てくれた。
予定どおり、オーレン小屋に戻り、コーヒーを飲んだり、お風呂に入ったりして、早い夕食を頂いた。
信州割のおかげさまで小屋泊予定を立てられて良かった🎵


で、もちろん今回もやりました、あさおダッシュ(笑)
標高約2600m、低酸素で(笑)
まったく息切れしないし元気だった。
いきなり始めるから、いつもスイッチはなんなのか気になってる(笑)
まあ、彼女の走り方好きだし、なんでもいいけど(笑)