可愛く見えてきた。






ステキキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ






材料が





送り込まれて




あんな小さいネジを作るのにこんなごっつい機械を


〈機械の写真の順序はテキトーです〉




幾つもの機械で、いろんな工程で




出来上がってこの花道で運ばれて



熱々でネジは生まれる。





削りカス。これはまた溶かして減量にキューン







原料は針金状になってる。ま、針金かニコニコ




当たり前にあるもんなんかないってことを教え続けてくれる。



この小さい一つ一つ、全部すごいことで生まれてくる。









いろんなネジがあってね



これなんか空洞になってるでしょ、

これは自転車の部品。軽量化なんだって。


そういうことか、と。




この数ミリのパーツはある超有名自転車部品メーカーの有名なパーツに使われてるもの。






感動する。



ネジにまつわるいろんなことに。





名作ドラマ「家で死ぬということ」名古屋NHK時代から、なんとなく仲のいい美術漢2人。


多分同じような気持ちで惹きつけられてる感じ。笑

わっかるかなー。




実は浩太さんのモデル。こちらの社長さん。

色々教えてくださってありがとうございます。






なんでこんなに惹きつけられるんだろ。




いろんなことを感じる。










お世話になってます。