昨年デビューのAB900系 | タカハシのレッツらGO

タカハシのレッツらGO

ブログでは鉄道、出来事、仙南の事、AZ9アクターズ、仙台89ERSの事を書いています。

ブログへのコメントといいねを受け付けています。
リブログも遠慮なく受け付けています。
18禁はお断りしています。

おばんでございます。今回は、昨年に阿武隈急行でデビューしたAB900系の事をブログへ書いてまいります。

 

昨年の7月、地元を走る、三セク鐡道である阿武隈急行で、31年ぶりとなる新型車両AB900系が運行を開始しました。

 

昨年、阿武急で運行を開始したAB900系は、全線開業の時から運行されてきた8100系の置き換えを目的に、国、宮城県、福島県、阿武隈急行沿線自治体である福島市、伊達市、丸森町、角田市、柴田町、JR、仙南地域(角田市、白石市、七ヶ宿、蔵王、大河原、柴田、村田、川崎)の児童劇団AZ9ジュニアアクターズの卒業生(OBOG)有志の協力と支援によって導入された電車で、8100系とは違い、車両も沿線自治体をイメージしたカラーとなっている。

     

     昨年運行開始した阿武急の新車の第1号

 

 

現在は、第2編成(今年3月14日ダイヤ改正にデビュー)も登場しており、時々でありながら、仙台直通としても運用される事もある。

余談だが、先々月から仙台直通としての運用(先月26日を最後に仙台直通の運用は終了している)も行われていて、あくまでも、一時的(試験的)なものと考えられている。

 

今後、阿武急の車両は、全編成がAB900系へと置き換えられる予定となっています。