〜危険な扉〜

テーマ:
9.24大田区体育館大会終了!

DG所属として最後のビッグマッチを終えた。


第3試合に組まれたシングルマッチ。

vs KAI

浜口道場時代の後輩であり、当時から業界に入ってからも試合したいと思っていた特別な存在だ。

実は俺がDGに入った時、まだ道場生の彼にもDG入りをすすめた事があったんだよ。

紆余曲折あり、15年?の歳月を経て7月に初シングルマッチ!

2ヶ月ぶりの試合も熱かったぜ〜




結果は俺の負け!

最後は丸め込みでやられた😅

1敗1分はマズイな、、、。

色んな意味でKAIから「逃がしませんよ」という意味を感じた。

勿論、再戦したいね!

俺も結果に納得してないし。

続きは必ずあるさ。

KAIとは不思議な関係だな〜

だが、、、

もっと不思議な関係の奴が1人居る。

唯一の同期、B×Bハルク。


*2015年の写真、真ん中の人は無関係です

試合後、リングに上がってきて「勝ち逃げはさせない」とラストマッチの対戦相手として名乗り上げてきた。

俺も最後の相手はハルクしか居ないと思ってたよ。

理屈じゃないし、綺麗事じゃないんだけど彼しか居ないよ。

YAMATOでも吉田でも望月でもススムでも無い。

パンチなんて大論外!

最後まで鷹木信悟らしい闘いを見せるなら、ハルクしか居ない。

不思議な関係なんだけどさ

マジで仲が良い時期なんか1度も無かったけど、リング上では恨みっこ無しで?潰し合いをしてきたから。

6人タッグとか卒業ムード満載の試合とかは絶対したくなかったから願ったり叶ったりだよ✨

最後まで鷹木信悟らしく、究極の潰し合いをします。

勿論、最後はハルクに潰れてもらう。

最終章なんだろ?幕引きには最高のシチュエーションだな、、、

危険な扉を開いて全力でかかってこい!


常在戦場