「寝ないほうがカロリーを消費してやせますよね?」 | 「ためしてガッテン!」工藤孝文先生のダイエット外来・漢方外来

テーマ:

 

 

  「寝ないほうがカロリーを消費してやせますよね?」

 

 

 

    今日の外来で、

 

          患者さんからこんな質問を受けました。

 

 

 

  

  コロンビア大学の研究で、

 

      睡眠時間が4時間以下の人は、

 

           7~9時間の人よりも

 

               73%も肥満になりやすく、

 

                  睡眠時間が短くなるにつれて、

 

                        肥満になりやすいことが報告されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    睡眠不足が太る原因となるのは、

 

           食欲をコントロールする

 

                   レプチン、グレリンというホルモンが、

 

                            影響を与えているからです。

 

 

 

    睡眠不足になると

 

            空腹感を強くするグレリンが増え、

 

                     食欲を抑えるレプチンが減ります。

 

 

 

 簡単に言うと、、

 

 

 

   睡眠時間が短いと、

 

          おなかが減りやすく、

           

                   ドカ食いもしやすくなるのです。

 

 

 

 

 

  夜中に起きているとき、

 

       むしょうにおなかが減って、

 

               食べ過ぎて後悔したことはありませんか?

 

 

 

 

  それは、

 

      このグレリンとレプチンのせいです。  

 

 

 

 

 

  また、睡眠不足だと

 

      仕事中のパフォーマンスが低下してしまいます。

 

 

 

      疲れているので

 

           エネルギー補給をしようと食べすぎたり、

 

                 甘いものが欲しくなったり、

 

                       皆さんにも心当たりがないでしょうか。

 

 

 

   私自身も当直が多い月、

 

            忙しくて睡眠時間がとれないときは、

 

                       体重がよく増えていました。

 

 

 

  ダイエットためにも、

 

        仕事のパフォーマンスのためにも、

 

                忙しくてもしっかり眠ることを

 

                       最優先事項と考えることが大事だと思います。

 

                      『(c)平井さくら『痩せグセの法則』(エイ出版社刊)より』

 

 

 

【スマホ診療できるダイエット外来】

全国どこからでもダイエット外来へのスマホ通院ができます。

             ↓

工藤孝文先生のダイエット外来・漢方外来さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります