肌の生まれ変わり   | たかのブログ

たかのブログ

ブログの説明を入力します。


手作り化粧品 ブログランキングへ
医療機器 ブログランキングへ



いつも若々しく元気でありたいと思っているエイジレスの高田幸宏です。


今日は、肌の生まれ変わりの話をしたいと思います。


肌は、最大の臓器といっていいほど大きな臓器です。肌の役割は、体の水分の損失を抑えること、
外からの病源菌などの侵入を防ぐこと、紫外線から体を守ること、体温調節をすることなど、
本当に重要な働きをします。


肌は、皆さん、28日で生まれ変わるというのは、よく聞いていると思います。
肌は、生まれた時から、非常に短いサイクルで生まれ変わっています。生まれ変わることで、
過酷な環境下でいつも美しく保っているとも言えます。肌が生まれ変わる周期は、
年齢とともに長くなっていきます。それは、生まれ変わりの力が衰えてくるのが原因です。
肌が生まれ変わる周期は28日ではなく、年齢とともに時間がかかると言われており
28日~56日程度と言われています。


皮膚は、表皮、真皮、皮下組織になりますが、表皮はさらに「基底層(きていそう)・
有棘層(ゆうきょくそう)・顆粒層(かりゅうそう)・角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。
皮膚の厚さはわずか1mm前後です。この1mmの中が何層にもなっていることになります。

肌はまず基底層(きていそう)で生まれます。そして徐々に有棘層(ゆうきょくそう)・顆粒層(かりゅうそう)・
角質層(かくしつそう)押し上げられ、表面で垢となってはがれおちていきます。そしてまた新しい皮膚が出来ます。


この繰り返しで肌が生まれ変わりますが、これは肌のターンオーバーまたは新陳代謝

といわれています。ターンオーバーは早くても遅くてもよくありません。正しいサイクルを

どれだけ長く保てるかが、美肌づくりの鍵なのです。


肌のターンオーバーが遅くなると、本来ならはがれ落ちるべき角質細胞がいつまでも残り、

角質層が分厚くなってしまいます。古い細胞が積み重なると、肌は硬くなり、透明感を

失ってしまいます。肌の再生自体も遅くなるので、シミが残りやすく、肌荒れやニキビなども

治るまでに時間がかかるようになります。


逆に無理なピーリングやこすりすぎなどで傷めることによって、肌の生まれ変わりは早まりますが、
十分に栄養や酸素をもらえないまま未熟な状態で細胞が押し上げられてしまいます。
さらに、細胞が成長しきる前に角質がはがれてしまい、バリアを失った状態になります。
そうなると肌荒れや乾燥がすすみ、さらにターンオーバーが早まり、肌はどんどん刺激に

弱くなっていきます。


肌のためには、適度の生まれ変わりを自然におこしていくことが、重要です。肌に元気を与えつつ、
適度の生まれ変わりを適正にしていく、このことをよく考えながらサポートすることが大切です。


皆様もいつまでも若々しい肌を保つために、肌の生まれ変わりを考えながら、
肌をいたわっていくことをこれから一緒に考えていきましょう。





手作り化粧品 ブログランキングへ
医療機器 ブログランキングへ