関東三十六不動霊場 第29番札所 洞昌院

参拝日:2016年11月26日(土)

 

今日は朝から秩父方面まで出向きました。

関東三十六不動霊場 埼玉編のラストです。

 

ヒートテックを履いて、マフラーを装着して防寒対策はOK

 

30年ぶりぐらいに秩父鉄道に乗りました。笑

 

洞昌院は秩父鉄道・野上駅より徒歩15分くらいです。

 

 

 

六地蔵様たちが出向かてくれます。

 

 

不動尊像

 

 

弘法大師像

 

虚空蔵堂

 

本堂

 

本堂前でお参りし、納経所が閉まっていたので、呼び鈴を鳴らしました。

しかし、応答もなく誰も出てきません・・・・・・・・ヤバイ・・・・こりゃ留守なのか?どうしよう?

 

もう一度、呼び鈴を鳴らしてみました。

そうしまたら、中からガチャ!って音が聞こえましたが、しばらく待つも誰も来る気配なし・・・・

 

最後の手段で、本堂隣の庫裏の方の呼び鈴を鳴らしました。

そしたら、すぐに女性の方が出て「すみません!今すぐ本堂の方へ行きますから、待っててください。」とお返事がありました。あぁ~良かった!(^^♪

 

住職さんが不在のようで、奥様らしき人が対応してくれました。

 

御朱印をお願いしたら「どうぞ中に入って、ご焼香してください。」と促されたので、お邪魔することに。

奥様が焼香台の支度をしてくれて、ご本尊のろうそくに火を灯して頂き、こうしてる間にも電話がひっきりなしに掛かってきます。忙しい時にお邪魔しちゃったようです。。。(;´・ω・)

 

塗香の蓋を開けて、奥様が電話をしながら、どうぞ。という仕草をしたので、右手で一掴みしようとしたら、ちょっと待って!と遮られました・・・・・・・・

電話が終わった後に、塗香の塗り方を教えてくれました。左手の薬指に、ちょこっと付けて

両手に擦りこむそうです。勉強になりました。

 

お不動様に、ご真言を唱えてお参りを済ませた後に、奥様が御朱印と日付を押してくれます。

こちらでは、必ずご本尊にお参りさせるみたいですね。

御朱印を頂いた後、奥様と15分くらい色々とお話ししました。

住職さん、僕の地元のお寺に出稼ぎ?バイト?に行ってるみたいです。笑

なんとも言えないような縁を感じました。

足立百不動の話しもしましたが、奥様は「それは知らなかった」と。

 

「また来てくださいね。」と言われたので、七草巡り?今年は時期を逃して行けなかったので

来年は来るつもりです。と話したら、パンフレットをくれました。

 

本堂の裏手に奥之院に通じる山道があるそうですが、かなり険しいらしいので、今回は行かずに、他に廻りたいお寺さんがあったので、そちらに向かいました。