モン・サン・ミッシェル旅行の写真 その① | - brocantique- <takaki>のフランス生活と蚤の市・ブロカントのブログ Tours France

- brocantique- <takaki>のフランス生活と蚤の市・ブロカントのブログ Tours France

フランス、パリ、フランス人の生態、地方での日常生活の話し、
時には、フランスでのぼやきも。
そして、メインは蚤の市やブロカントで見つけた愛着のわく古いオブジェ、
アンティーク話しのブログ。ブロカント品販売サイト<takacante>もやってます。

みなさま

どうも

とうとう、3月になってしまいましたね。 

早いです。

ということ(どういう?)で、お約束していました

モン・サン・ミッシェルに一泊した時の写真をUPしまする。

たくさん、たくさん あるので、4回ぐらいに分けようかと。

本日は、その①<到着・島内ヴィジット編>です。

はじまり、はじまり~


我が街・トゥールから mt st m までは、

高速で、ル・マンを通って、レンヌの近くまで行って、

そこから、ぐぐいっと北上して、西に向うと着きます。

まあ、3時間半ぐらいかな。

景色が、なだらかな丘陵地帯になってきて、

mt. st m あちら→ の標識が増えてきて、

私たちのサントル地方とは、また違うな~と思っていると、

おっ! 遠くに見えました。




久しぶり~

車中からの撮影なので、色も悪いし、曇り・雨です。


 
塩分を含んだ草を食べている絶品の羊も。

これは、この辺りの名物の一つです。

食べなきゃね。


以前は、島までの一本道を車でも行けたんですが、

その道の下は海水が通らなかったので、

潮の関係で、砂がたまり始めて、いつの日か遠い将来に

陸地とつながってしまうだろう+環境問題もあり、

大工事が始まり、今は、新しい道路で行きますが、

自家用車や観光バスも陸地のほうの大パーキングに駐車し、

島へは、徒歩か、無料のナヴェット=シャトルバスで行きます。

(あと、馬車とか、有料のバスもあり)


 
これが、ナヴェット。

2台は走っているようで、10分も待たずに来ます。

が、いつも満員だと思う。

これに乗って、島までの1.8kmの一本道を行くわけです。



 
バスの中から撮影。

ゴ~ンと見えてきましたね。

徒歩で行く人も少なからずいました。



 
ナヴェットは、島の前まで行きません。

でも、ここら辺が絵になりますね。

まあ、フランスの冬ですから、どんより~ 曇天。

小雨も降ってます。 暗い、暗い。

初 mt.st m の私の甥と同居人Jは、感動~



 
ここが入口~

mt. st m にようこそ~

村(町?)役場もあります。

なんせ、島内に住んでいる人、夜の人口は41人ぐらいだそうです。

夜は、正面奥の階段近くまで海水が押し寄せてくるんですよ。



 

さらに門をくぐって、島内の小道へ。

右のプレートは、ユネスコの世界遺産に登録されたことが書かれています。

自然遺産でもです。



年間300万人の人が訪れていると、、、こんなちっさい島にね~

で、名刺に<コーディネーター>と書いてある私が、

今回も全て手配しました が、夜、夜景の島を見るのもオツかと、

ホテルを陸地の端っこにとってしまったら、

同居人Jが、「島内で夜を明かすのが一番じゃん」と、

とんでもなくまっとうなことを言うので、キャンセルして、島内に予約しました。

これは、やはり 正解でしたね。 皆さんも島内に泊まりましょう。

島には、宿泊所全部で約130室ぐらいあるそうです。


インターネットで見た時に3つのホテルに空き室がありました。

値段的に、真ん中のを選ぶ。

島内のホテルに泊まる人は、専用パーキングがあります。

入口に入る時に、4ケタのコードがいるのです。

そのコードを電話で聞いた時に、

「チェックインを〇〇ホテルのほうでしてください」と言われたので、そちらへ。

そしたら、予約したホテルの私たちの部屋が水漏れで使用できず、

このもう一つのホテルに泊まることに。 高すぎて、あきらめたホテルでした。

もちろん、値段は、水漏れホテルの値段で。 

ラッキ~~~ 日頃の行いがものを言うんですよ、ね!



 
グフフ、ここ。

私たちは、甥、同居人J、私の3人なので、3人部屋だったんですが、

螺旋階段付きで、2階になっている4人部屋でした。

なかなか よろしかったですよ。



 
2階に2ベッドある。

ちょっと はしゃいでしまった。


窓から下をのぞくと、


 

土産物屋が並ぶ細い一本道。

窓から修道院も見えました。

そして、なんと、ホテル3階の海側のドアから、城壁に出られる!

ええやん! そのまま散歩に行けるのです。 自分の島みたいな気分。



で、荷物を置いて、しばし休んで、早速 散策に。

 

 
もうね、写真をいくら撮っても、撮っても、また撮っちゃうんですよ。

小さな村なので、すべての建造物に中世の趣きがあり、美しいのです。

右回りに登って行って、ひとまず、修道院のある頂上へ。

修道院は、翌日にじっくりと見学する予定だったので、

いろんな小道を通って、下りました。


 
左では、貯まってしまった砂を崩す工事が続いています。

真ん中の一本道の下は、柱仕様になって、海水が通るようになったのです。

その右に昔の道路がまだ残っています。

工事は、まだまだ長く続きそうです。

 



 
 
 う~ん、屋根大好きの私には、たまらない場所です。


 
 修道院の向かって左側は工事中のようでした。


面積もそんなにない島なので、ゆ~っくり回っても2時間あればOKでしょうね。

小さな教会や、ミュージアムもありますが。

で、島の前面がすべてで、裏側は何もなくて、いけないのです。

ぐるりと、一周回りながら頂上に着くのではないと。

同居人Jは、ちょっと拍子抜けしてました。



もう、18時30を過ぎていたので、土産物屋も閉まり始め、

19時ごろには、人でごったがえす小道も閑散と。


 

冬なので、観光客も少なめでしたが、それでも人はいたよな~

これが、あなた、夏のハイシーズンには、身動きできないほど、

人であふれかえるんですよ! 

良いシーズンでだけど、絶対に行きたくないな~



という感じの 初日ヴィジットでした。

小雨も降るわ、風が強いわでしたが、初来島の2人は感激ですよ、やっぱり。

まあね、太陽が出てなかったのが残念。


ホテルに戻り、少し休んでから、ホテルのレストランでディナーとなりました。

と、ここで、明日に続く~! が出てしまいました。

なので、夜のmt. st m の様子は、また明日にお話しします。

明日、お待ちしてます。


では~


冬のmt.st m もオツじゃん!
私も行きたい~と、
バシバシ押しちゃってください

     ↓

にほんブログ村