株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッターはこちら
人気ブログランキングに参加しています。
チャンネルAJER更新しました。
『フィリップス曲線の崩壊(前半)』三橋貴明 AJER2019.3.25
https://youtu.be/JAX009gvrrk
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 平成政治からの決別を! 反・緊縮財政、反・グローバリズム、反・構造改革を基本方針とし、政策の「ピボット(転換)」を目指す国民プロジェクト「令和の政策ピボット」が始動致しました。
 
 
 「賛同者」の人数が、今後の展開に大きく影響致します。皆様、是非とも賛同者としての宣言をお願いいたします。
 令和ピボットのWEBは、今後、呼びかけ人の追加はもちろんのこと、「資料室」「コミットメントボード」の設置を予定しています。クライテリオン関係や三橋TV、日本の未来を考える勉強会などのリンクバナーも貼り、連携していくことになります(先方に了承頂けるなら、薔薇マーク・キャンペーンなどとも)。

三橋TV第74回【高家さんは福沢諭吉に会えないと寂しがる】
 本日はチャンネル桜「日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」 」に出演します。
 
 さて、おカネについて理解する際のポイントを二つ挙げると、
1.おカネは「モノ」「貴金属」ではなく、単なるデータであることを認識する
2.データは貸借関係の成立、返済、支払いなどにより「出現」「消滅」「移動」」する
 になります。

 特に難しいのが、2の方ですね。ちなみに、高家さんが福沢諭吉に会えないと寂しがるとは「おカネをモノとして認識している」人が陥る罠の一例です。

 おカネはデータですが、人類はすでに精密に管理するツールを手に入れています。すなわち、貸借対照表(バランスシート)です。
 
 例えば、わたくしが銀行から1億円を借りるとします。両者ともに、貸借関係が成立する前は、一切の財産を持っていないと仮定します(現実にはあり得ないが、論理的には可能)。

 すると、両者のバランスシートは、「無」の状況から
 
【銀行のバランスシート】
 
【わたくしのバランスシート】

 
 と、いきなり借方と貸方が共に1億円ずつ増えます。そして、わたくしが借りた1億円の銀行預金は、普通に社会で「おカネ」として流通することになります(マネーストック1億円の増加です)。

「ちょっと待て! 銀行はいったいどこから1億円を調達したんだ!」
 と、考えてしまうと、ジ・エンド。どこからも調達していません。単に、わたくしの通帳の預かり金に「1億円」と書いただけです。
 
 
 ちなみに、例えば【三橋貴明×山本太郎】Part1 絶対にTVでカットされる国債の真実において、わたくしは国債発行の仕組みを「完璧」に解説していますが、もちろん「より完璧」に理解するためには、バランスシートで考えなければなりません。

 が、さすがに一般の方はついてこれなくなるため、バランスシートの解説は省略しています。

 逆に、バランスシートに慣れている方であれば、わたくし共の話やMMTが一発で理解できます。具体的には、税理士さんや会計士さんです。

 自民党の議員の中で、少なくとも安藤裕衆議院議員と西田昌司参議院の議員のお二人だけは、おカネやMMTについて正確に理解しているのは、旧職(今も現役?)が税理士ということと無関係ではないでしょう。
 
 安倍晋三首相は4日午前の参院決算委員会で、日本の財政政策の運営において、MMT(現代金融理論)の論理を実行しているわけではないとの見解を示した。西田昌司委員(自民)の質問に答えた。(後略)』
 
 総理も麻生財務大臣もMMTを理解していないので、答弁はどうでもいいです。(所詮は頓珍漢)
 ポイントは、日本の国会で初めてMMTが取り上げられたという点です。そして、MMTは単に「正しい」が故に、これから注目され続けていくことになります。さらには、正しいが故に、「間違った前提」で進化した経済学や財務省、財政破綻論者のバカどもから総攻撃を受けることになる。
 
 まさに、地動説と天動説の戦いです。
 アメリカのMMT派経済学者の経済学者ステファニー・ケルトンは、総理や財相の答弁を受け、ツイッターで、
「”bold monetary policy” coupled with a sales tax hike. Good luck with that.」
「大胆な金融政策と消費増税の組み合わせだってよ(笑)。まあ、頑張って。」
 と、皮肉を言っています。
 
 面白いのは、アメリカではMMTは「左派」に、日本ではどちらかと言えば「右派」の政治家が主張しているという点です。

 もっとも、MMTという「正しい貨幣認識に基づく経済学」に、右も左もございません。地動説と同じです。右だろうが左だろうが、地動説は正しいのです。

 というわけで、令和の政策ピボットでは、慶應義塾大学名誉教授の堀茂樹先生のメッセージ、
もはや、右翼と左翼で対立している場合ではありません。新自由主義グローバリズムに蝕まれてきたのは、ナショナルな価値とソーシャルな価値の両方なのですから。国境を否定すれば社会的連帯は不可能です。』
 の通り、左右関係なく、国民のための政治を求める、
〇 反・緊縮財政
〇 反・グローバリズム
〇 反・構造改革
 の声を呼びかけ人、賛同者として広く集めているのでございます。

 皆様、是非とも「賛同者」として加わって頂けるようお願いいたします。

 反グローバリズム、国民の豊かさ、安全を求める政策に、右も左もないのでございます。
 
「反グローバリズムに右も左もない!」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!
本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。