バッドエンド・ルート

テーマ:
株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『帝国対民主国家の最終戦争が始まる(前篇)①』三橋貴明 AJER2018.10.30
https://youtu.be/0a7-2qqsqEQ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


三橋TV第11回【増税は法律で決まっている!】

https://youtu.be/IdU_okToWUY



 さて、安倍政権が日本を移民国家化することを決定する出入国管理法改正案を閣議決定しました。

 あの、朝日新聞が、本件については比較的まともな社説を書いています。それだけ、安倍政権のやり口が無茶苦茶という話なのでしょう。


『(社説)外国人労働者 見切り発車の閣議決定
https://www.asahi.com/articles/DA3S13752520.html
 外国人労働者の受け入れを広げるための出入国管理法改正案が、きのう閣議決定された。
 見切り発車とはまさにこのことだ。社会のありようを大きく変える可能性をはらむ政策である。政府はごまかしや言い逃れをやめ、真摯(しんし)な姿勢で国会審議に向き合わねばならない。
 先立つ与党審査で、生煮えの提案であることが浮き彫りになり、3年後の見直し規定が急きょ追加された。無論この修正で問題が解決したことにはならない。それは、ここまでの国会でのやり取りからも明らかだ。
 どんな業種に、どれくらいの数の外国人を迎えようとしているのか。この根本的な問いにすら山下貴司法相は答えられず、「現在精査している」と述べるのがやっとだった。(後略)』


 朝日新聞も書いていますが、移民の定義は、
「1年以上その国に住む外国人」
 なのですが、安倍総理は、
「一定規模の外国人を期限を設けることなく受け入れ、国家を維持する政策」
 と、勝手に定義を変更し、本法案を移民政策ではないと強弁を続けています。いや、詭弁ですね。

 そもそも、安倍総理の定義の「一定規模」とは、何を意味しているのでしょうか。十人なのでしょうか、百万人なのでしょうか、一千万人なのでしょうか。


 こんな「詭弁」で日本国の姿を決定的に変えてしまう移民政策が推進されている。すでに、我が国は「亡国」の状況なのでございます。


     

 


 さて、移民問題を追いかけて理解できたのは、日本国民特に「経営者」が資本主義を忘れてしまっていることです。人手不足には、生産性向上。生産性向上のためには、技術投資、設備投資、人材投資。政府はもちろん公共投資。


 四つの投資により生産性を向上させることこそが「資本主義」なのですが、経営者は投資に後ろ向きで、政府も昨日書いた通り、
「政府がカネを使うのだけは嫌だ!」
 でございますから、日本は少子高齢化により手に入れた人手不足という「経済成長の決定的なチャンス」をみすみす見逃そうとしております。


 ジョン・メイナード・ケインズは、将来が不確実でもあっても、所得拡大、豊かさのために投資をする経営者の魂を「アニマル・スピリット」と名付けました。


 長引くデフレにより、我々日本国民は経営者も政治家も国民も、そろってアニマル・スピリットを喪失してしまったのでしょう。ここに、移民問題の本質があります。


 バブル崩壊までの日本の経営者は、このアニマル・スピリットを持ち続けた。だからこそ、我が国は経済成長した。


 バブル崩壊と橋本緊縮財政により日本経済はデフレ化し、日本の経営者はすっかり牙を抜かれた獣と化してしまったのです。


 アニマル・スピリットを取り戻さなければなりません。そのためには、とりもとりあえず「デフレ脱却」が必要なのです。


 デフレから脱却し、適度なインフレの下で「儲かる環境」ができれば、経営者は次第にアニマル・スピリットを取り戻していくでしょう。少なくとも、わたくしはそう信じています。


 ところが、安倍政権はデフレ脱却のための財政拡大には乗り出さず、人手不足を受け移民受入に動いている。



 移民受入は国民の実質賃金を抑制するため、もちろんデフレ化政策です。


 移民政策で経済がデフレ化すると、経営者はアニマル・スピリットを取り戻さず、生産性向上のための投資も行われず、人手不足は終わらず、さらなる移民受入という「バッドエンド・ルート」に突入することになるのです。


 バッドエンド・ルートから抜け出すためには、上記の「構造」を理解し、国民が政治家を動かす以外にはないのです。もはや、時間はそれほど残されていません。


 「バッドエンド・ルートから抜け出そう!」に、ご賛同下さる方は、このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

 ◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。
   
◆三橋貴明関連情報

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ

「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。