安倍総理の訪中と乱れる言葉

テーマ:
株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『嘘つき安倍政権①』三橋貴明 AJER2018.9.25
https://youtu.be/oSSjTkO9aV4

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一般参加可能な講演会のお知らせ。

【第5回 日台親善シンポジウム「一帯一路構想に日本と台湾は如何に対処すべきか」】https://kokucheese.com/event/index/535633/

11月3日 BumB(東京スポーツ文化館)研修ルームB(東京都江東区夢の島2丁目1-3) 講演 田村 秀男、三橋貴明 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 先週、リリースされた三橋TV、まとめてどうぞ。


三橋TV第6回【TVが言わない日本人が貧乏になるカラクリ】

https://youtu.be/D6qBop5lv2Q

三橋TV第7回【移民国家となる日本の末路】

https://youtu.be/vquCEkYh2uw
三橋TV第8回【少子高齢化が日本経済を救う理由】
https://youtu.be/gX-D5z9vlZU
 


 大変残念なことに、そして予想通り、安倍総理の中国訪問では、日中両政府の呼びかけを受け、日中企業が事業を共同展開(要は一帯一路への協力)するため、52件の覚書が交わされました。経済界の連中をゾロゾロと引き連れていった以上、こうなって当然です。


 日中通貨スワップ協定の再開でも合意。人民元の下落に対して「通貨防衛」している状況ですから、中国にとっては大変ありがたいことでしょう。


 安倍総理は全体会議で、一帯一路について、
「日中が協力して国際スタンダードに合致し、第三国の利益にもなるウィン・ウィン・ウィンのプロジェクトを形成していこう」
 と、語りましたが、別に中国にしても「一帯一路は新植民地主義」などと宣言しているわけではありません。表向きは、「相手国の利益にもなるウィン・ウィンのプロジェクト」と説明しているのです。


 そこに日本が関与し、「ウィン・ウィン・ウィン」などと言ったところで、中国共産党の覇権拡大に「日本という信用」が活用される羽目になることに変わりはありません。


 もっとも、一応、日本政府は、
「あくまで日中の民間企業間での協力であり、基本的に一帯一路とは関係ない」(世耕弘成経済産業相)
 と、例により「言葉」で誤魔かしにかかっています。


 上記は(情けないことに)予想通りの展開だったのですが、吃驚したのは「三つの原則」です。


 安倍総理は、帰国後にプライムニュースのインタビューに答え、


『李克強首相と今後の日中関係の道しるべとも言える3つの原則を確認しました
第1に「競争から協調へ」。
第2は「お互い協力のパートナーとして脅威とならない」。
第3は「自由で公正な貿易体制の発展」。
 この3つの原則のもと、まさに日中両国が世界の平和と安定のために貢献をしていこうと確認したわけであります。』


 と、語りました。


 念のために強調しますが、総理ご本人が語ったのです。


 ところが・・・。

 

 

日中首脳会談  安倍首相の「3原則」波紋 外務省は否定
https://mainichi.jp/articles/20181028/k00/00m/010/087000c
 安倍晋三首相は26日、中国の習近平国家主席との北京での会談で、今後の日中関係について「競争から協調へ」「パートナーであり、互いに脅威とならない」「自由で公正な貿易体制の発展」を提起した。会談後、首相はこれを「三つの原則」と発信したが、同行筋は「三つの原則という言い方はしていない」と公式に否定。中国側の説明にも「3原則」の言葉はない。首相が外務省とすり合わせずに会談の成果としてアピールした可能性がある。(後略)』


 総理自ら「三つの原則」などと思いついたわけではないでしょう。誰かが、「三つの原則」で説明するようインプットし、そのまま喋っただけだと思います。


 毎日新聞は、
「首相が外務省とすり合わせずに会談の成果としてアピールした可能性がある」
 と、書いていますが、わたくしは外務省の「誰か」がインプットした可能性も否定できないと思います。外務省(だけではないですが)の官僚は、平気でその種の「工作」をします。


 いずれにせよ、最近の日本政府を見ていると、壮大なるパラダイム・シフトの中、相変わらず「言葉での誤魔化し」で乗り切ろうと図り、ドツボにハマっていくケースだらけです。


 日米FTAを、TAGなる造語で乗り切ろうとし、移民政策は、
「人手不足を外国人労働者で解消する」
「いわゆる移民政策は採らない」
 などと、言葉で誤魔化す。あるいは、定義を勝手に変えてしまい、うやむやにする。


 米中の「灰色の戦争(グレーウォー)」が始まっている状況で、口先だけの誤魔化しで、我が国はこのパラダイム・シフトを乗り切れるのでしょうか。とても、そうは思いません。


 日本人はやや苦手なのですが、言葉の定義を明確化し、本質、実体で思考し、議論しなければ「未来がない」状況が訪れたと考えるべきなのです。

 

「政府は言葉で誤魔化すのをやめろ!」に、ご賛同下さる方は、このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

 ◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。
   
◆三橋貴明関連情報

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ

「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。