ILCと"テキサス宣言"

テーマ:
株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『嘘つき安倍政権①』三橋貴明 AJER2018.9.25
https://youtu.be/oSSjTkO9aV4

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一般参加可能な講演会のお知らせ。

【第5回 日台親善シンポジウム「一帯一路構想に日本と台湾は如何に対処すべきか」】https://kokucheese.com/event/index/535633/

11月3日 BumB(東京スポーツ文化館)研修ルームB(東京都江東区夢の島2丁目1-3) 講演 田村 秀男、三橋貴明 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


三橋TV第8回【少子高齢化が日本経済を救う理由】が配信になりました。


https://youtu.be/gX-D5z9vlZU


 間もなく、11月に入ります。日本政府がILC(国際リニアコライダー)の岩手北上山地への誘致を"決断”しなければならない締め切りまで、事実上、二か月を切りました


 何度も書いていますが、欧州の物理学会は来年初頭から素粒子物理学の研究計画の更新作業を開始いたします。そこに、ILCが組み込まれなければ「ジ・エンド」です。


 欧州に限らず、物理学者は一つの研究に何十年も従事します。


 更新された研究計画にILCが入らない場合、欧州の物理学者は今後何十年も、「ILC以外の研究」を進めることとなり、数年後、
「あ、やっぱり、ILCを日本で建設することになりました」
 とやっても手遅れなのです。


 物理学者たちは別のプロジェクトにかかりきりになっており、ILCは研究者を集めることができなくなってしまいます。


 さて、

【Front Japan 桜】日本の運命を決める国際リニアコライダー(ILC)~岩手現地レポート編(他)
https://youtu.be/m_lQlSMhgLo


 において、お二人のノーベル物理学者、シェルドン・グラショウ博士とバリー・バリッシュ博士がわたくし共のインタビューで語って下さったように、世界の物理学会は日本がILC建設を決断することを切望しています。


 以前も書いた通り、直線型の超電導加速器の技術は、日本が世界トップなのです。


 そして、ヒッグス粒子の謎を解き明かし、宇宙開闢の謎を探るためには、「直線型」の加速器の建設が必要になります。


 まさに、人類の文明の進歩のために、日本政府はILC建設を決断しなければなりません。


 が、日本政府は一向に「第一歩」を踏み出そうとせず、日本学術会議で「さもしい議論」がグダグダ続いている有様です。


 というわけで、業を煮やした「世界」が、日本にILC建設の決断を求める宣言を出しました。(18年5月にも一度、"声明"が発表されていますが)

                    


次世代加速器の日本誘致求め「テキサス宣言」 物理学者の国際会議
https://www.sankei.com/life/news/181026/lif1810260057-n1.html
 素粒子物理学の実験に使う次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を岩手・宮城両県の北上山地に建設する構想を進めるため、米テキサス州で国際会議を開催している世界の物理学者の国際組織は26日、「実現に向けあらゆる努力をする強い決意を宣言する。日本政府の誘致の意思表示を待ち望む」などと訴える声明「テキサス宣言」を発表した。
 万物に重さを与える素粒子のヒッグス粒子を大量生産して特性を調べるILC構想は、主に日米欧が進めているが、欧州では来年初頭、素粒子物理学の研究計画の更新作業が始まる。構想実現には新計画にILC建設への協力が盛り込まれることが必須で、政府が年内に誘致の意思表示をしないと間に合わないという。
 構想の是非は現在、文部科学省の依頼を受け日本学術会議が検討中だが、総建設費が最大約8000億円と巨額なため「科学は物理学だけではない」などと厳しい意見が相次いでいる。
 国際組織は今年5月にも、日本政府に誘致を求める声明を発表しているが、最近の状況への危機感から改めて強い決意を表明。ILCを新たな革新的技術の源泉と位置づけ、「実現して研究が進めば、広く科学と社会に利益をもたらすイノベーション(技術革新)が生まれる」などと意義を強調した。』


「実現に向けあらゆる努力をする強い決意を宣言する。日本政府の誘致の意思表示を待ち望む」

 ほらほら! 日本の官僚や政治家、マスコミが大好きな「世界からの要請」ですよ。


 いつもの通り、「外圧に押されて」ILC建設を決断してくださいよ、日本政府!


 本来、外圧により国内政治が動くなど、恥じるべきことです。とはいえ、ことは「人類の文明」の問題なのです。


 日本政府がこのままグダグダを続け、ILCが「ジ・エンド」になるよりも、いつもの通り「外圧に負けて」ILC建設が決断される方がはるかにマシです。


 ILCを推進する政治家の方々、 誘致実現連絡協議会(代表・河村建夫衆院議員)にとっても、大いなる追い風になるでしょう。


 今更ですが、ILC建設は日本国の運命を決定的に変えます。


 技術力の回復はもちろん、東北の本格復興、さらには北上の地が「世界の知恵、知識、知能の中心になる」のです。


 日本の子供たちにとっても、ILCは「夢のプロジェクト」です。いや、もちろん全ての日本国民にとって、長引くデフレで喪失した「自信」を回復するきっかけとなり、繁栄の日本への足掛かりになりえるのです。


 日本政府は早急にILC建設の決断を!

 「日本政府は早急にILC建設の決断を!」に、ご賛同下さる方は、このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

 ◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。
   
◆三橋貴明関連情報

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ

「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。