株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『嘘つき安倍政権①』三橋貴明 AJER2018.9.25
https://youtu.be/oSSjTkO9aV4
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一般参加可能な講演会のお知らせ。

【第5回 日台親善シンポジウム「一帯一路構想に日本と台湾は如何に対処すべきか」】https://kokucheese.com/event/index/535633/

11月3日 BumB(東京スポーツ文化館)研修ルームB(東京都江東区夢の島2丁目1-3) 講演 田村 秀男、三橋貴明 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 安倍政権は相変わらず移民政策に邁進していますが、そもそもの問題は何なのでしょう。もちろん、少子高齢化に端を発する生産年齢人口比率の低下による人手不足です。


 さて、我が国は97年の橋本緊縮財政により経済がデフレ化し、「ヒトが買い叩かれる時代」が始まりました。


 経営者は設備投資をせず、資本装備率はだだ下がり。日本経済は次第に労働集約的になっていき、技術や設備ではなく「ヒトの根性」で「安く良い品質の製品・サービス」を提供するという狂気の状況に至ります。


 外国人観光客が、なぜ日本に殺到するのか。それは、良い品質やサービスが異様に安いからです。はっきり言いますが、一部のサービスについて、日本はすでに東南アジアよりも安いのです(しかも、品質は良い)。


 日本国は、デフレにより貧国化しました。ところが、確かに「日本人の優秀性」というものは存在し、低価格の製品やサービスであっても、相対的に品質は高いのです。それはまあ、外国人観光客が、
「安く良いものが手に入る」
 と、日本国に殺到するわけです。


 とはいえ、少子高齢化、生産年齢人口比率の低下を受け、すでに「優秀で真面目な日本人を安く買い叩ける」時代は終了しました。


 ところが、経営者は未だにデフレマインドのままで、「ヒトを安く買い叩く」ことのみを求め、資本主義に必須の「リスクを伴う生産性向上のための投資」に乗り出そうとしません


 とはいえ、生産年齢人口の縮小という「巨大な圧力」は、企業経営者に否応なしに「生産性向上のための投資」を迫ります。つまりは、政府が人手不足の問題を「放置」しておけば、企業は生産性向上のための投資に乗り出さざるを得なかったはずなのです(実際には、始まっていますが)。


 それにも関わらず、安倍政権はどう動いたか。
「人手不足ならば、移民(外国人労働者)を入れよう」
 と、日本人の生産性向上ではなく、移民受入で人手不足を埋めようと図る。

 これ以上、最悪の選択は、思いつきません。


 こんな国は、普通に亡びます。むしろ、亡ばない理由を教えて欲しいです。



 何しろ、少子化で日本人が少なくなっていく反対側で、出生率が高い移民受入を拡大しようとしているわけです。半世紀後には、日本列島に住む日本人は少数派になっていることでしょう。


                       


『外国人労働者の新在留資格
https://mainichi.jp/articles/20181010/ddm/001/010/201000c
◆外国人労働者の新在留資格
 政府は、人手不足が深刻な介護や建設などの業種を対象に新たな在留資格を設ける入管法改正案を臨時国会に提出する方針だ。一定の技術水準と日本語能力を身につけた就労人材を想定し、(1)在留期間は原則として最長5年(2)家族の帯同は認めない--などの内容。成立すれば来春から受け入れ拡大が始まり、昨年末時点で約256万人と過去最多だった在留外国人の更なる増加は確実だ。』


 いや、何言っているんだ。新たな移民政策では、在留期間は最長5年で、家族の帯同も認めないじゃないか! 安倍ソーリは移民受入に反対しているんだ~っ!!!


 と、反発する「おバカさん」は多いのでしょうが、問題を正しく認識しているならば、そもそも新たな外国人の在留資格など作りません。



 しかも、当初は「最長○○年、家族の帯同は認めない」と移民を受け入れることは、まさにドイツがかつて辿った道なのです。


 ドイツも、当初は期限付き、ローテーション制、家族の帯同は禁止というルールで移民(主にトルコ人)を受け入れ始めました。ところが、外国人がドイツに滞在し始めると、
「人権派」
 と、称する連中が、
「外国人労働者が家族と一緒に暮らせないなど、人権に反する!」
 と言い出します。


 さらに、外国人労働者を雇用する経営者側も、
「せっかく数年かけて人材に育て上げた外国人労働者を、帰国させるのか!!!」
 と言い出し、結局は外国人労働者が居残り、居残るとなると「家族と暮らせないのは・・・」と、次第に移民国家化していったわけです。


 ドイツという「失敗例」があるにも関わらず、まるで無視して同じ「失敗の道」を歩む。繰り返しますが、こんな国は亡びない方が不思議です。


 もっとも、わたくしは別に「日本なんか亡びればいい」と、思っているわけではありません。最悪の事態を回避するためには、まずは「現実」を見なければならないでしょ、と、極々当たり前のことを言っているに過ぎません。


 安倍政権は移民受入政権なのです。安倍政権は、このままでは日本を移民国家化し、歴史上はじめて我々の祖国を「亡国」に追いやります。


 その「現実」を理解した上で、一人一人が何ができるのかを考えて欲しいのです。


「いや、安倍総理は分かっている。外国人労働者は移民ではない。安倍総理は移民政策はやりたくないんだ~っ!!!」
 などと、現実逃避をするのはやめましょう。現実は、皆さんが思っているよりも厳しく、残酷なのです。


「安倍政権の移民受入政策に反対する!」にご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

 ◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。
   
◆三橋貴明関連情報

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ

「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。