株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER  更新しました。
『言語と民主主義①』三橋貴明 AJER2018.4.24
https://youtu.be/7l3zThwiv-k    
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 ソーシャルレンディング最大手maneoの瀧本憲治氏との大人気コンテンツ「三橋流「成功の要諦」 」がリリースになりました.。


https://youtu.be/pNtwuEGBHMo  


【2017年末(速報値) 日本国家のバランスシート(憶円)】

http://mtdata.jp/data_59.html#17BS

 さて、相変わらず財務省の飼い犬たる新聞は、日本の「財政破綻」を煽っています


『基礎的財政収支 赤字続き、先進国で最悪
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3006122002052018EA2000/
 財政の健全度を表す指標。社会保障や公共事業など政策に使う経費をどのくらい税収でまかなえているかを示す。プライマリーバランス(PB)ともいう。国の場合、年間に得られる税収や副収入といった歳入から、国債の返済費や利払い費を除く歳出を差し引いて計算する。黒字なら歳出は歳入の範囲に収まり、赤字だと借金をしないと歳出を賄えない状態だ。(後略)』


 この手の記事の問題は、「財政健全化」の定義について国民に誤解を広めてしまう点です(故意?)。というよりも、そもそも日経の記者も誤解している可能性が高いのですが。


 財政健全化の定義は、
「政府の負債対GDP比率の引き下げ」
 であり、PB黒字化ではありません。PBが黒字だろうが赤字だろうが、政府の負債対GDP比率が安定すれば、それで財政健全化達成です。


 しかも、現在の日本は日銀が国債を買い取り続けているため、政府の「実質的」な負債対GDP比率は、すでに下落を続けています。すなわち、財政健全化は達成されており、日本に財政問題とやらはありません。


【日本政府の負債対GDP比率の推移】

http://mtdata.jp/data_59.html#GDPhiritu


 それにも関わらず、なぜ「財政破綻」という声が消えないのか。理由の一つは、昨日から取り上げている話、つまりは国民(及び政治家)の多くが「おカネ」について正しく理解していないためです。



 というわけで、チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。


【【Front Japan 桜】本当のお金の話をしよう / いい加減にして!中国人留学生への優遇】
https://youtu.be/wTZccvfbCnE
http://www.nicovideo.jp/watch/1525244927


                 


 番組の中で繰り返していますが、おカネとは「貸し借り」で増え、「返済」で消えます


「そんなバカな! ということは、一万円札などの現金紙幣も「貸し借り」で生まれているということか!」
 と、思われたかも知れませんが、そうですが、何か?

 日本銀行が市中銀行から国債を買い取り、日銀当座預金の残高という形で代金を支払う。市中銀行は、日銀当座預金を「引き出す」形で、日本銀行の「小切手」あるいは「約束手形」である現金を「おろす」。


 これが、皆様の手元に現金紙幣が供給される仕組みです。そもそもの政府の「国債発行」がなければ、現金紙幣が流通することはあり得ません。

 バランスシートを書けば、


市中銀行
 借方           貸方
 国債1兆円       - 


 の状況で、日本銀行が市中銀行から国債を買い取り、日銀当座預金で代金を支払う。


市中銀行
 借方           貸方
 日銀当座預金1兆円 -


日銀
 借方           貸方
 国債1兆円       日銀当座預金1兆円
 
 となり、市中銀行が現金紙幣で日銀当座預金を「おろす」


市中銀行
 借方           貸方
 現金紙幣1兆円    -


日銀
 借方           貸方
 国債1兆円       現金紙幣1兆円


 という形で、バランスシートが変化します。


 現金紙幣の「札束」とは、日銀の小切手帳なのです。発行するたびに、いちいち黒田総裁が「10,000円」などと書くのが面倒くさいので、造幣局で印刷しているに過ぎません


 おカネとは、誰かと誰かの貸し借りがないと生まれません。上記の例でいえば、政府の国債発行(借り)と、銀行の国債購入(貸し)です。国債とは、借用証書でございますので。


 皆さんが日常的に使っている現金紙幣は、日銀の「日銀当座預金の清算という形で「小切手」が発行されているに過ぎません。1万円札は、神様が与えてくれた財産でもなんでもないのですよ。


 皆さんがATMで預金を下ろす、つまりは「現金化」するのと同様に、銀行が日銀当座預金を下ろし、現金化しているに過ぎません


 この手の「国家の仕組み」「おカネの真実」を少しでも多くの国民が理解することで、日本の状況を好転させられるのではないかと思っているのですが、まだまだ先は長そうです。


 明日こそ、国債発行。
 
本日のエントリーを読み「なるほど!」と、思われた方は、

↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog    

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。

  

 

◆三橋貴明関連情報

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」