株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『国土経済論(後編)①』三橋貴明 AJER2018.2.27
https://youtu.be/d1Wb6lbcE4I
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一般参加可能な講演会のお知らせ

これからのワークスタイルの変革~中堅・中小企業のピンチをI o T でチャンスに~

【日時】平成30年3月28日(水)14時30分~17時00分(14時より受付開始)
【会場受付】オークラフロンティアホテル海老名(海老名市中央2-9-50)
【定員】先着80名(定員になり次第、締切となります)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 昨日は三橋経済塾第七期第三回講義が開催されました。ゲスト講師は藤井聡先生でした。
 インターネット受講の方は、しばらくお待ちください。
 藤井先生、懇親会、二次会までお付き合いいただき、ありがとうございました。


【写真 ジャカルタの渋滞】

撮影:三橋貴明
 
 さて、2015年以降は世界最悪と評されるジャカルタの渋滞ですが、原因はいくつもあります。


 日本でよく言われるのが、公共交通機関の未整備ですが、もちろんそれもあります。ジャカルタの鉄道KRLジャボデタベックは、環状線と五つの放射線状の路線のみです。


 実際にジャカルタで鉄道を見たのですが、どう見ても"千代田線"が走っていて吃驚しました。アジア通貨危機で車両購入ができなくなったジャカルタに、姉妹都市の東京都が車両を寄付したようです。


 もっとも、公共交通機関以前に、ジャカルタは道路を走る車両台数が多すぎるのです。乗用車は200万台、バイクは何と700万台(!)


 人口ではジャカルタ圏を上回る世界最大のメガロポリスである東京圏の場合、東京都の乗用車登録台数が100万台、バイクは47万台です。ジャカルタに二輪車、四輪車がどれほど溢れているか、想像がつくでしょう。


 ジャカルタが本気で渋滞を解消したいならば、自動車とバイクの保有台数を「規制」する必要があります。もっとも、現時点で保有規制をかけてしまうと、数百万人が「足」を奪われる羽目になってしまいますが。


 また、ジャカルタというかインドネシアは車検制度を導入し、低速しか出せない大型トラック等の通行を禁止しなければなりません(現在のインドネシアには車検制度がありません)。


 もっとも、車検制度を導入したとしても、公務員が相変わらず「賄賂」で動くのでは、結局は意味をなさないでしょう。インドネシアは公務員の腐敗度ランキングで、中国までをも上回っている(=腐敗が深刻)のです。


 インドネシアでは無免許運転が多いのですが、無免許がバレても、賄賂を渡せば見逃してもらえます。


 さらに、ジャカルタの道路インフラは貧弱で、信号機が異様に少ない、歩道が未整備、道路が(メンテナンスをしないので)穴だらけ、五車線がいきなり二車線になるなど、意味不明な構造が少なくない、などなど、多数の問題を抱えています。


 ジャカルタは渋滞解消のために地下鉄を建設していますが、道路インフラが現状のままでは、結局、バイク通勤、通学を減らすことはできないと思います。何しろ、歩いて移動すると「危険」極まりないのがジャカルタという街なのです。


 さらにさらに、ジャカルタの人々に「徒歩と鉄道」で移動するという文化が、そもそも存在しないことも問題です。 


                                                  


 というわけで、ジャカルタの渋滞を解消するためには、
● 無免許運転や車検違反をきちんと取り締まるよう、公務員の賄賂文化を撲滅する
● 公共交通機関を整備した上で、乗用車とバイクの保有規制をかける
● 徒歩で移動が可能なように歩道や信号機、横断歩道等を整備し、意味不明な車線増減を解消する
● バスは「バス停」以外の停車を禁止し(今は禁止されていない)、Gojekなど「白タク」も規制する
 といった複合的な行う必要があります。

 正直、公務員の汚職を撲滅するだけでも「不可能」なのではないかと思ってしまいます。


 もっとも、わたくしは別にジャカルタを悪く言いたいわけではありません。ジャカルタの世界最悪の渋滞は、過去の様々な「歴史」の積み重なりにより発生していると言いたいだけです。


 具体的には、公務員汚職が深刻化したこと、インフラのメンテナンスや公共交通機関の整備を疎かにしたこと、乗用車・バイクの保有に規制をかけなかったこと、車検制度を整備しなかったこと、などになります。


 逆に、世界最大のメガロポリスに成長してしまった東京圏の場合、
● 自動車やバイクが普及する以前から発展し、明治初期の時点で鉄道が整備された
● 鉄道が充実していき、徒歩と鉄道で移動する文化が生まれた
● 鉄道網が国鉄系、私鉄系、地下鉄と様々な事業主体により発展し、相互乗り入れまで行うようになった
● 乗用車が増えていくと、併せて道路インフラも整備されていった
● 車検制度や免許制度といった規制を、国民が普通に守っている
 と、様々な過去の歴史により、ジャカルタ化しないで済んでいるわけです。


 国家も都市も同じだと思います。


 日本国家は、過去の歴史の積み重なりの結果として、「こうなっている」わけです。無論、歴史とは国内の変化に加え、外部環境の変化もあります。

 特に、過去の日本国の歴史に影響を与えてきたのが、「中華帝国」と「グローバリズム」です。


 というわけで、1543年のポルトガル人の種子島漂着により”第零次グローバリズム"にビルトインされた以降の日本について、主にグローバリズムとの関わりを中心に書いた一冊が「日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム 」なのでございます。

昨日に引き続き、本日のエントリーも興味深くお読み頂いた方は、↓このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog                   

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。

 
◆三橋貴明関連情報
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。