株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『グローバル化疲れ(後編)①』三橋貴明 AJER2018.1.30

https://youtu.be/zTZAffiW9yU
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 昨日は、三橋経済塾第七期第二回講義開催日でございました。「おカネを発行してみよう」「GPPを計算してみよう」にお付き合い頂いた塾生の皆様、ありがとうございました。


 さて、コンビニの人手不足解消(及び留学生という名の外国人労働者受入の抑制)の切り札である、RFIDの電子タグを使った完全自動レジの検証実験が、ついに東京都内(経済産業省)でも始まりました


商品にICタグ、コンビニで実証実験 会計瞬時、人手不足の解消も
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180216/mca1802160500002-n1.htm
 経済産業省は、価格などの商品情報を記憶したICタグをコンビニの商品に付けて会計や在庫管理を省力化する実証実験を東京都内で始めた。買い物籠に入った商品の価格を瞬間的に計算できるICタグ対応のセルフレジを配置。利用者はスムーズな買い物を楽しめ、店側のレジ店員が要らず、人手不足の解消につなげられる。
 実験店舗となった経産省内のファミリーマートで買い物を試した世耕弘成経産相は「好きなものを籠に入れてぱっと買える」と利点を強調。「便利なライフスタイルにつながることを期待している」と語った。(後略)』


 誤解している方が多いのですが、ここでいう自動レジは、顧客が商品のバーコードを読み取り、セルフ清算する、スーパーなどで流行し始めている方式ではありません。


 レジが商品に貼られた電子タグに電波を送り、瞬時に合計金額を計算。顧客は清算するだけ、という意味の完全自動レジになります。


 嬉しいのは、問題の「電子タグ(ICタグ)」の単価が次第に下がってきていることです。


 以前、本ブログで完全自動レジについて取り上げた際には、電子タグ一枚15円だった記憶があるのですが、すでに直近では5円とのこと。


 一枚1円を切るとことまで下がれば、完全自動レジが爆発的に普及すると考えられています。


 コンビニはもちろんですが、将来的にはスーパーマーケットなどでも使われていくのではないかと思います。

                      


 電子タグの自動精算ですが、車に乗られる方はお気づきでしょうが、すでに駐車場では使われています。


 駐車場で車に乗り込む前に、自動精算機で清算。清算機から吐き出された駐車券を持ち、出口に向かうと、自動的にバーが開く「あれ」でございますね。


 世耕大臣は、経産省内の
「製造・物流・販売の情報がつながることで、より効率的な流通が構築できる。電子タグの製造コストの課題はあるが、より利用者が増えれば、製造コストも下がり普及が加速するだろう」
 と、語っています。


 RFIDの完全自動レジは、レジの人手不足解消に加え、各商品の情報をバリューチェーンの上流まで伝える、IoTの情報収集にも使われていくことになるのでしょう。製造物との方でも、自分たちの商品の売れ行きや流通在庫の状況が、瞬時に分かるようになるわけです。


 そういう意味で、わたくしはRFIDの完全自動レジの方が、アマゾン・ゴーよりもソリューションとしては優れていると思います。(「優れている」方が必ず勝つ、というわけでは必ずしもありませんが)


 ところで、RFIDの完全自動レジは、どうしても「電子タグを貼る」という工程が出てきてしまいます。というわけで、最終的な切り札は、やはりこれです。


東レ、塗布型の半導体型単層CNT 移動度30%超向上
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00461786?isReadConfirmed=true
 東レは13日、塗布型の半導体型単層カーボンナノチューブ(CNT)で、業界最高の移動度となる毎秒1ボルト当たり108平方センチメートルを実現したと発表した。同社の最高数値と比べ30%以上向上した。従来より50%程度長いCNTを抽出し使用することで、移動度の低下要因だったCNT同士の接触抵抗を減らした。(後略)』


 日本国民の税金を使い、産総研が開発したカーボンナノチューブ(以下、CNT)を用いた、東レの塗布型半導体。カーボンナノチューブを「塗る」だけで、RFIDの電子タグを実現できるのです。


 記事の最後にありますが、
「まずは、商品に貼付する低価格なRFIDタグへの採用を目指す」
 とのことで、近い将来、コンビニの商品にCNTの塗布型半導体による電子タグが「印刷」されていくことは確実だと思います(こちらも、まだコストは高いのですが)。


 個人的な「価値観」に基づくとお断りしておきますが、コンビニやスーパーの人手不足は、
CNTの電子タグを商品パッケージに印刷し、RFIDによる完全自動レジで解消する
 が正解」であると確信しています。


 とはいえ、この手の「技術」を知らない人は、
「人手不足だから、移民受入もやむを得ない」
 といった発想で、愚かな日本政府が推進する移民政策を後押ししてしまうでしょう。


 皆様も、是非とも周りの方々に教えて差し上げて下さい。「技術」により、人手不足を解消する道は、現実に存在するのです。

「移民ではなく技術による人手不足解消」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog                                          

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。

 
◆三橋貴明関連情報
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。