三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『国民貧困政策①』三橋貴明 AJER2017.10.17
https://youtu.be/QLty0n-UxMY
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 昨日は、台風の影響で、日本青年会議所和歌山ブロックの講演が中止になってしまい(楽しみにして頂いていた方、申し訳ありません)、急遽、チャンネル桜「衆議院総選挙2017 ネット生放送特番」に出演しました

 前日に柴山桂太先生の講演を聴いてたため、日本と世界、現状と未来について、かなり突っ込んだ話ができたのではないかと思います


【衆院選 生放送特番 】
https://youtu.be/R19UxfDiKDI


 本日は(も)チャンネル桜「「闘論!倒論!討論!2017 日本よ、今...」 テーマ:「どうなる日本?選挙結果徹底分析」」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1655



自民圧勝、与党310超…立憲民主が野党第1党
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news/20171022-OYT1T50050.html
 第48回衆院選は22日投開票され、与党は、自民党の追加公認3人を含め、総定数465のうち憲法改正の国会発議に必要な3分の2にあたる310議席を超えた。
 自民党は、単独でも国会を安定的に運営できる絶対安定多数(261)を上回り、圧勝した。安倍首相(自民党総裁)は、争点に挙げた北朝鮮への圧力強化などに国民の信任が得られたとして、第4次内閣を発足させる。立憲民主党は躍進し、野党第1党となった。希望の党は敗北した。小選挙区選の投票率は、読売新聞社の推計で53%前後となり、2014年の前回(52・66%)とほぼ同じ水準となった。(後略)』


 昨日の桜の番組に出演して分かったのですが、実はこれでも日本の状況は、ドイツなどに比べれば「マシ」なんですね。


 いや「マシ」と書くと語弊がありますが、少なくとも日本は特定のポジショニングにおける言論の自由が、ドイツよりは守られています。(あくまで「ドイツよりは」ね)


                                        


【2017年 総選挙 政治マトリクス】

http://mtdata.jp/data_57.html#matrix


 ドイツのマスメディアや既成政党のAfDに対するやり口は、川口マーン恵美氏の「シュトゥットガルト通信」である程度は知っていましたが、改めて直にお聞きすると、凄まじいものがあります

 特に、川口氏の、
「愛国心がない政治家が存在するのは日本だけだと思っていたが、最近はドイツでもそうなのではないかと感じている。特に、メルケル首相
 という発言は、印象に残りました。


 さて、与党が圧勝し、今後も安倍政権のグローバリズム路線はとどまることなく進んでいきます。緊縮財政も継続するでしょう


 もちろん、2019年10月の消費税増税に向けて、一時的な財政拡大はあるでしょうが、PB目標が破棄されたわけではないため、日本の小国化は止まりません。


 昨日、鍛冶俊樹氏が「防衛費」の増額の必要性に触れ、わたくしが地方のインフラ整備について語りましたが、いずれにせよPB黒字化目標が存在する限り、我が国が財政拡大に舵を切れる日は来ません。


 というわけで、小学館から「財務省が日本を滅ぼす 」を刊行するなど、PB目標黒字化という毒針を抜き取るために、少しでも「世論形成」に貢献したいと思います。



 もう一つ。


 次の総選挙は、少なくとも四年以内にあります。


 次なる総選挙の際に、マトリクスの右下「空白の領域」について、政党もしくは「勢力」が存在する可能なよう、自分なりにできることをやっていきます。

 AfDやオーストリア自由党の状況を見る限り、必ずしも「勝利」する必要はないのです。そこに「その勢力」が存在することで、与党の危機感が煽られるのです。グローバリズムで痛い目を見ている「有権者」の票を奪い取る可能性を与党に示すだけでも、政治は変えられます。


 もちろん政党として総選挙で戦い、勝利するにこしたことがないですが、自民党が分裂でもしない限り、「政権交代」は今後しばらくはないでしょう。


 わたくしは政治家ではありませんので、どこまでできるか分かりませんが、少なくとも「言論分野」において、「空白の領域を埋める必要がある」という考え方を広めることはできます


 イギリス(ブレグジット)、アメリカ(トランプ大統領誕生)、フランス(ルペン氏、メランション氏の善戦)、ドイツ(AfD躍進)、オーストリア(クルツ総理の誕生)、チェコ(「ANO2011」勝利)、ニュージーランド(ニュージーランド・ファースト党の健闘)といった例を見る限り、反グローバリズム(あるいは「反エリート主義」)の流れは止まらないと思います。


 バスに乗り遅れるな! てなもんです。


 日本は周回遅れではありますが、マトリクスの右下の勢力が増し、民主主義のバランスを取り戻す日をできるだけ早めなければなりません。

 今回ばかりは、日本の歴史にとって「手遅れ」というゴールが存在していると危惧しています。


 日本は小選挙区制です。各選挙区において「1万~2万票」が動くだけで、結果がひっくり返るわけです。


 「空白の領域」を埋めるために何ができるのか。少し、考えていることがあるので、実行に移すつもりです。


 民主主義国の国民は選挙に行くべきですが、政治活動とは何も「選挙のみ」というわけではないのです。

「空白の領域を埋め、民主主義のバランスを回復しよう!」に、ご賛同下さる方は、

↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。
 
◆三橋貴明関連情報
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。

いいね!した人  |  コメント(89)  |  リブログ(8)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース