スウェーデンの日本化

テーマ:

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

『三つの対立(後編)③』三橋貴明 AJER2014.4.15(3)

http://youtu.be/2GQ7jI1he8c

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブック

さかき漣の個人フェイスブック

さかき漣の公式フェイスブック

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一般参加可能な講演

5月17日(土)益茂証券主催「消費税増税と日本経済の行方」(会場:福井県福井市) お申し込み・詳細は http://www.masumo.co.jp/index.php

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 



【連載】三橋貴明の第2次所得倍増計画
【第11
回】第五章 中小企業対策の骨格―都市と地方の所得格差を埋める(前編)
~最強の経済リソース保有国日本に、安倍政権は間違えた労働政策をとるのか!~
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39132


 スウェーデンに来ています! とは言え、本格的な活動開始は明日からなのですが。
 さて、スウェーデンといえば、もちろん「移民問題」が深刻になっているわけですが、経済的にはもう一つ、重大な問題を抱えています。すなわち、デフレ化です。


ノーベル賞経済学者「スウェーデンは日本になってしまった」 欧米諸国は日本を反面教師として学べ
http://newsphere.jp/economy/20140501-5/
 欧米諸国がデフレスパイラルに陥る危険が懸念されており、「次の日本となる」可能性が指摘されている。
 デフレの危機が論じられる際に、日本経済が度々引合いに出される。その背景には何があるのか。
【脆弱な金融部門と人口の高齢化】
 特に、EU諸国の陥っている状態が1990年代の日本と似ている、と4月29日付のフォーブス誌は指摘している。EU諸国は、2008年のリーマンショック以来金融部門が脆弱化し、人口の高齢化と出産率の減少といった問題にも直面している。大量の不良債権にあえぐ金融部門、人口高齢化と出産率低下等の問題を抱えていた1990年代の日本と重なる。
 デフレに悩まされた日本と同じく、EUのインフレ率は5年間で最低の0.5%に下落し、ECBの目標率2%を大きく下回っている。
【積極財政に及び腰】
 金融政策の失敗も相似点として挙げられる。ノーベル賞経済学賞受賞者である米プリンストン大学のポール・クルーグマン教授は、4月20日付のニューヨーク・タイムズ紙のコラムで、スウェーデンが「日本になってしまった」と述べた
 2010年当時、経済危機に対処する模範として仰がれていたスウェーデンは、先進国の中でも非常に好調な景気に浴していた。しかし、高失業率と低インフレ率にもかかわらず、中央銀行は金利の引き締めを決定した。金利上昇後まもなく、スウェーデンの失業率は悪化し始め、デフレも始まった。
 1990年の不景気の際、日本の政策は、小さすぎ、遅すぎ、一貫性が無さ過ぎたため、デフレが長引いた、とクルーグマン教授はニューヨーク・タイムズ紙の別のコラムで指摘している。経済回復のスターだったスウェーデンも、拙い政策の結果、日本になってしまったのだ。
【「日本とは違う」】
 クルーグマン教授のコラムに対して、スウェーデン中央銀行当局者は、4月28日付の同紙の別の記事を通じて反論した。スウェーデンは不景気ではなく、雇用も増加している。2013年、スウェーデンの国内総生産は1.5%の成長を記録した(第四半期は3.1%の増加)。低インフレではあるが、「日本のように世帯が消費を後回しにする兆候はない」と主張した。
 デフレ型不況の反面教師となってきた日本だが、アベノミクスの旗印の下、積極財政にシフトし、インフレ率の上昇も見られている。デフレから脱却し経済回復に成功するなら、日本は世界各国のロールモデルになれるかもしれない。』


 ポール・クルーグマン教授の発言通り、現在のスウェーデン経済は「デフレ化」しています。というわけで、例によりグラフで見てみましょう。


【スウェーデンのインフレ率の推移(対前年比%)】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_46.html#SedInf


 スウェーデンのインフレ率はリーマンショックを契機に下落を開始し、14年3月にはついに0%を下回ってしまいました。消費者物価指数でみた場合、スウェーデンは日本よりもインフレ率が低いのです。


 スウェーデンの日本化というか「デフレ化」が特徴的なのは、一時的に大規模な金融緩和を行い、リーマンショックの衝撃を巧く「回避」したにもかかわらず、結局はデフレ化してしまったことです。リーマンショックを受け、スウェーデン中央銀行はバランスシートを三倍にまで膨らます大規模金融緩和を実施し、インフレ率は09年、10年と、2%弱と比較的健全な水準で推移していました。


 とは言え、スウェーデンもやはり不動産バブルの崩壊局面を迎えています。スウェーデンの住宅価格は05年時と比べ、何と70%も高騰しているのです。スウェーデンは別に人口大国というわけではないため、これ以上の住宅価格上昇は、少なくとも短期的には見込めません。


 それにしても、スウェーデン中央銀行の、
「スウェーデンは不景気ではなく、雇用も増加している」
 は、さすがに無理があり、現在の同国の失業率は8.1%と「高止まり」の状況が続いています
 と言いますか、失業率が8%を超えている状況でありながら、スウェーデンは相変わらず「移民」に寛容(?)な政策を継続しています。すでに、同国人口の約15%は外国生まれで、コペンハーゲンの向かいにあるマルメでは、人口の30%が外国移民。11%が移民の子孫になっているのです。すなわち、マルメ市の人口の四割は移民という話になります。


 日本や台湾、スウェーデンなどの事例を研究すると、「外国移民(もしくは外国人労働者)」「デフレ」「実質賃金」「工場の外国移転」「少子化」などが密接に関係していることが分かるのです。


 ちなみに、スウェーデンの合計特殊出生率は、1999年に1.5と最低となり、2010年には1.98にまで急回復しています。とはいえ、何しろ「外国移民」の出生率は、元々のスウェーデン国民の三倍です。


「合計特殊出生率が回復したといっても、多産の外国移民が増えただけじゃないの?
 という、疑問を持たざるを得ないわけです(同じ疑念はフランスにもあります)。


 というわけで、三橋は現在、各国で取材を敢行し、統計を調べ、徳間書店から出版予定の「移民亡国論(仮)」の執筆に取り掛かっているわけでございます。


スウェーデンで時差ボケ中の三橋を応援して下さる方は、↓このリンクをクリックを。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。
新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。