三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

『三つの対立(後編)③』三橋貴明 AJER2014.4.15(3)

http://youtu.be/2GQ7jI1he8c

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブック

さかき漣の個人フェイスブック

さかき漣の公式フェイスブック

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一般参加可能な講演

5月17日(土)益茂証券主催「消費税増税と日本経済の行方」(会場:福井県福井市) お申し込み・詳細は http://www.masumo.co.jp/index.php

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 株式会社経世論研究所のホームページが新しくなりました!http://keiseiron-kenkyujo.jp/


 現代ビジネス連載「三橋貴明の「第2次所得倍増計画」」
【第9回】第四章 エネルギー政策の未来---「脱原発」を主張するお花畑な日本人へ(前編)~経常収支は黒字、世界最大の対外純資産国日本の貿易赤字を減少させる政策とは~
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38948
が、掲載されました。


 本日は三橋経済塾(第三期)第四回講義の開校日です。ゲストは柴山桂太先生で、大阪で開催されます。もちろん、柴山先生の講義を含めてインターネット動画配信されますので、全国からご視聴頂けます。

 大阪の皆様、よろしくお願いいたします。


 チャンネル桜「日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」言志復刊記念・言論最前線の現在」に出演しました。

1/3【討論!】言志復刊記念・言論最前線の現在[桜H26/4/19]
http://youtu.be/Wbr0aIPkKqc
2/3【討論!】言志復刊記念・言論最前線の現在[桜H26/4/19]
http://youtu.be/u8nNeX-HiME
3/3【討論!】言志復刊記念・言論最前線の現在[桜H26/4/19]
http://youtu.be/f5mYJ-n9J30


 固い話が続いていたので、今日はほんわかとする話。


海自最高のカレーは潜水艦部隊「濃厚味わいカレー」 横須賀に艦船集結
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140419/plc14041919290013-n1.htm
 海上自衛隊横須賀基地(神奈川県横須賀市)で19日、全国から集まったイージス艦など計15の艦船や部隊が独自のカレーの味を競う初の催しがあった。1万人を超える市民らが集まり、入場が途中で打ち切られる盛況ぶりだった。
 海自では航海中に曜日感覚を保てるよう、毎週金曜日の昼にカレーを食べる習慣がある。艦船ごとに独自の味があり、中には「門外不出」とされるレシピも。人気投票では、肉と野菜に果物を加え、味に深みを出した潜水艦部隊の「濃厚味わいカレー」が優勝した。』


 横須賀にイージス艦や護衛艦がずらりと並んで停泊している写真を見て、何事が起きたのかと思えば「、護衛艦ナンバーワンカレー決定戦」が行われたのでございます。正式には「第2回護衛艦カレーナンバーワングランプリinよこすか」とのことです。
 ね、ほんわかとするでしょう。


 わたくしが上記のニュースを見て、最初に何を思ったかと言えば、
「日本は(まだ)平和で、良い国だなあ」
 でございました。

 横須賀で護衛艦が「ナンバーワンカレー決定戦」を開催できるということは、我が国が平和、すなわち軍事紛争を抱えていない証拠でございます。逆に、上記のイベントを開催できないほど、海自の皆様が多忙を極めているとは、すなわち日本が何らかの紛争に巻き込まれているか、あるいは大規模自然災害等の「非常事態」を迎えているということになります。


 以前、アメリカの「民間刑務所株式会社」について取り上げたときに、
「刑務所の刑務官(公務員)が暇を持て余し、ほとんど給料泥棒のような有様になっているとして、それは『無駄』ですか?」
 という問いを発しました。もちろん、刑務所への受刑者が少なく、刑務官が暇で困っているような状況は、日本社会にとっては慶事です。何しろ、それだけ犯罪が少ないという話なのでございます。


 とはいえ、現実の日本には刑務官が暇をしていた場合、
「税金の無駄遣いだ!」
 と批判する人は少なくないでしょう。とはいえ、この手の人はやはり「非常事態」を想定しておらず、常に「平時」が続くというお花畑思考に冒されていると評せざるを得ないのです。「公務員が多忙を極める」が、何を意味しているか、想像する力を失っているのです。藤井先生式にいえば、思考停止でございます。


 昨日の横須賀には艦船見学も含めると、約1万人が訪れたそうでございます。海自側はカレー6000食を用意したものの、開始からわずか3時間で集まった人の数が上回り、途中で入場を打ち切らざるを得ませんでした。

 海自の皆様は、平時(一応)だからこそ、ナンバーワンカレーブランプリを開催できるわけですが、非常時になれば、自らの命を賭けて国家、国民を守るために働かなければなりません。田母神先生がよく仰っていますが、現在の日本で「戦争を最も望まない」国民は、間違いなく自衛官とそのご家族でしょう。何しろ、戦争になった場合、自衛官の皆様は自らの生命すら失う危険に晒されるのです。


 逆に、「平和を最も望まない国民」は、いわゆる平和活動家のようにも思えます。何しろ、平和が続く限り、「平和活動」は説得力を帯びません。


 それはともかく、日本国民は「非常時」に頼らなければならない職種(自衛官、警察官、消防官、刑務官など)に対する尊敬の念を取り戻さなければならない時期だと思います。冷戦が終わり、平和を前提としたグローバリズムが終焉に向かっているように思えるのです。

 無論、大規模自然災害は日本列島で常に発生しうるわけで、「非常事態」が発生したとき、果たして「誰」が自分たちを守ってくれるか、助けてくれるかを改めて考えるべき時期なのです。


 上記職種は「公務員」ですが、非常事態の際に活躍するのは民間である土木、建設、運送、ライフライン(電力、水道、ガス)などの職業に就かれている皆様も同じです。非常事態を想像することさえできれば、グローバリズム的な「市場競争」の荒波に土木企業、建設企業を放り込み、
「競争に負けた企業は自己責任。淘汰されて当然。ゾンビ企業は残すな」
 などとやることは、やはり「国家」「安全保障」「非常事態」について何も考えていないと断ぜざるを得ないわけです。そう考えたとき、いわゆる「公共事業」の「もう一つの意味」が見えてくるのではないかと思います。

 もちろん、わたくしは上記の皆様が「大活躍」するような事態に訪れて欲しいわけではありません。軍事紛争にせよ、大規模自然災害にせよ、日本国民が生命や財産を失うことになるのです。


 とはいえ、「非常事態は訪れない」などと思い込むことは危険であり、せめて政治家は「安全保障」について明確に理解して欲しいと心から思うのです。

 朝、起きて、電気をつけ、ガスと水道を使い、身支度をし、学校や会社に行く。途上の道はきちんと舗装され、街角で犯罪に会うこともなく、店に行けば商品が揃っており、帰宅して郵便を受け取り、宅配ボックスに届いていた宅配便を開く。こんな当たり前の生活が、日本国のインフラや安全保障を担う「日本国民」の不断の努力によって支えられていることを、今一度、思い出してほしいのです。


 来年も、日本のどこかで「第3回護衛艦カレーナンバーワングランプリ」が開催され、潜水艦部隊の「濃厚味わいカレー」を打ち破るライバルカレーが登場しますように。と、思った次第でございます。


本日のエントリーの主旨に、ご賛同下さる方は、 
↓このリンクをクリックを

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。
新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。