デフレ化するユーロ

テーマ:
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

NEW!『2013年を振り返って2014年を考える(前編)①』三橋貴明 AJER2013.12.10(3)

http://youtu.be/itJemkI-FWk

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

12月13日日本大復活 東京オリンピックと安倍政権、日本経済の行方 (大手町)

12月19日 「「“強い”日本経済は実現するか?」 --安倍政権誕生一年とこれからを検証する 」(御茶ノ水) 

NEW!1月18日 「2014年 日本はデフレ脱却し成長路線に回帰するのか?」( 日本橋人形町)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 


 三橋経済塾第三期の宣伝動画、第二弾がアップされました。今度のお相手は、古谷経衡氏でございます。

【三橋経済塾第三期(古谷経衡氏対談)1 】
http://youtu.be/ADYO3rvIPXA

NEW!【三橋経済塾第三期(古谷経衡氏対談)2】

http://youtu.be/WjDPHQvgTjM


 昨日は、三橋経済塾第三期のパーティにお越し頂きまして、ありがとうございました。会場がそれほど広くなかったため、お申し込み受け付けを早期に終了させて頂きましたことをお詫び申し上げます。早めにお申し込みを締め切らせて頂いたにも関わらず、多少、窮屈な感じになってしまい申し訳ありませんでした。


 スタッフ及び有志の皆様、昨日は遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。わたくしは少しだけ眠って、本日は名古屋でございますよ(衆議院議員 鈴木じゅんじ先生の後援会にて講演です)。三次会組の皆様は、今頃、夢の中なのでございましょうね。ああ、羨ましいっ!
 藤井先生、中野先生、柴山先生、施先生、渡邊先生、古屋先生、さかき先生、師走のお忙しい中、ご来賓としてお越し頂き、本当にありがとうございました。


【写真 本日の富士山(新幹線の中から撮影)】


 チャンネル桜「日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」 」に出演しました。


1/3【討論!】どうなる?どうする?TPP[桜H25/12/14]
http://youtu.be/g3zXcELzgew
2/3【討論!】どうなる?どうする?TPP[桜H25/12/14]
http://youtu.be/8eLO0q9aORQ
3/3【討論!】どうなる?どうする?TPP[桜H25/12/14]
http://youtu.be/XyH0DFmSkOs



 さて、2013年はユーロ圏が「デフレ化」する一年でございました。


【ユーロ圏のインフレ率の推移(対前年比%)】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_44.html#EInfra


 上記の通り、ギリシャのインフレ率はすでに対前年比でマイナス1.9%に達し、アイルランド、スペイン、ポルトガルがゼロ、フランスやイタリアまでもが1%を下回っています。
 13年は日本にとっては「デフ脱却」に向かった一年でしたが、ユーロは逆なのです。


 ギリシャなど南欧諸国(及び仏伊)がデフレ化しつつある理由は、簡単です。バブル崩壊後に国民が借金返済や銀行預金を増やし、消費や投資を減らし、別の誰かの「所得」が減少している状況で、政府までもが財政均衡主義にとらわれ、消費や投資を減らしていっているためです。

 もっとも、現在のギリシャなどがデフレ化しつつあることは、ある意味でユーロとしては「正常なプロセス」と言えないこともありません。何しろ、ギリシャなどの南欧諸国は、
「互いに関税なし、通貨の為替レートの変動もなし」
 という、極めてフェアな条件で、ユーロ域内で競争を繰り広げ、貿易赤字を拡大させてきました。すなわち、国家間競争の負け組になったわけです。


 貿易赤字、経常収支赤字になったユーロ加盟国は、過小貯蓄状態ということになり、政府は国債消化を「国際金融市場」に頼らざるを得ません。しかも、共通通貨ですので、自国の銀行すら国債を買ってくれるかどうかはわかりません。ユーロ加盟国は国債消化についても「フェアに市場競争」を繰り広げるのです。


 というわけで、貿易赤字が拡大した国は、国債金利を引き下げるために緊縮財政、構造改革といったデフレ化政策を採らざるを得ないのです。国民経済がデフレ化し、国民が貧困化していけば、やがては輸出競争力が回復します。関税や為替レートに頼らない分だけ、
「フェアでしょ?」
 という話なのでございます。(確かにフェアは、フェアなのですが。。。)


 欧州委員会は、来年のユーロ経済について随分と楽観的なようです。


14年ユーロ圏成長率1.1%、インフレ率は目標下回る=欧州委
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE9A407720131105
 欧州委員会は5日、秋季経済見通しで、2014年のユーロ圏域内総生産(GDP)伸び率は1.1%との予測を明らかにした。
 民間需要や投資は低調で、インフレ率は今後2年間欧州中央銀行(ECB)の目標を大幅に下回るとし、従来見通しを引き下げた。
 ECBは今週理事会の開催を予定しており、今後の金融政策をめぐる議論に影響を与える可能性がある。
 今年は0.4%のマイナス成長、2015年は1.7%のプラス成長と予測している。
 5月時点では、2014年成長率は1.2%とし、民間消費や投資についてより楽観的な見方を示していた。
 ユーロ圏経済は第2・四半期にリセッション(景気後退)から脱却し、前期比の成長ペースも今後ゆっくり加速するとみられている。 
 レーン欧州副委員長は「欧州経済が転換点に達したことを示す兆候が増えている。財政規律と構造改革が回復の基礎を作り出した」との声明を発表した。
 財政赤字の対GDP比率については、今年の3.1%から2014年は2.5%、2015年は2.4%に低下すると予測。
 政府債務は、2014年にGDPの95.9%とピークに達し、2015年には95.4%に低下する見通し。今年は95.5%と予想されている。
 インフレ率は、今年と来年は1.5%、2015年は1.4%となる見通し。欧州中央銀行(ECB)のインフレ目標は2%をやや下回る水準だが、この水準に届かない状態が続くことになる。
 失業率は12%付近で過去最高水準が続くと予想している。』


 正直、欧州委員会が「デフレ」の意味を理解しているかどうか、怪しいです。

「欧州経済が転換点に達したことを示す兆候が増えている。財政規律と構造改革が回復の基礎を作り出した」
 と言えば聞こえはいいですが、バブル崩壊後に「財政規律強化」「構造改革」などとやっていたら、さらなるデフレ化、国民の貧困化を招くだけでございます。

「それでも、国際競争力が回復するのだから、いいじゃないか」
 と、欧州委員会は主張するでしょうが、残念ながら日米英などが量的緩和を拡大しているため、ユーロ高により「ユーロ圏全体」の輸出競争力は2014年も落ちていくでしょう。そして、ユーロ加盟国同士では為替レートの変動はありません。


 先日、来日したエマニュエル・トッド氏が、柴山先生に、
日本の問題なんて、別に深刻ではない。何しろ、通貨発行権があるじゃないか
 と仰っていたそうですが、確かに日本はフランスとは違い、「政治」により問題を解決することができます。それに対し、フランスは「条約」により縛られ、さらに「そもそも、ユーロをやろうと言い出したのは、フランス」という現実があるわけです。


 とはいえ、上記の類の問題を日米欧の先進国の国民が共有していくことは重要だと思います。恐らく、それが問題の最終的な解決に繋がる第一歩になるのでしょう。


本ブログで「世界経済が理解できてくる」とご評価下さる方は、このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。