三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

NEW!『2013年を振り返って2014年を考える(前編)①』三橋貴明 AJER2013.12.10(3)

http://youtu.be/itJemkI-FWk

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

12月13日日本大復活 東京オリンピックと安倍政権、日本経済の行方 (大手町)

12月19日 「「“強い”日本経済は実現するか?」 --安倍政権誕生一年とこれからを検証する 」(御茶ノ水) 

NEW!1月18日 「2014年 日本はデフレ脱却し成長路線に回帰するのか?」( 日本橋人形町)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 


 三橋経済塾第三期の宣伝動画、第二弾がアップされました。今度のお相手は、古谷経衡氏でございます。

【三橋経済塾第三期(古谷経衡氏対談)1 】
http://youtu.be/ADYO3rvIPXA

NEW!【三橋経済塾第三期(古谷経衡氏対談)2】

http://youtu.be/WjDPHQvgTjM


 昨日は「日本大復活 東京オリンピックと安倍政権、日本経済の行方」に大勢の皆様にお越し頂き、ありがとうございました。


 本日は「三橋経済塾・第三期」塾生の顔合わせのパーティ」開催日です。ゲストは藤井聡先生、中野剛志先生、渡邊哲也先生、施光恒先生、さかき漣先生、古谷経衡先生になります。柴山桂大先生は、大学のお仕事の状況により、駆けつけて下さいます。


 本パーティはおかげさまで申込定員に達しておりますので、当日お申込み等はお受けできない状況でございます。ご了承くださいませ。

 来月から始まる第三期三橋経済塾のお申し込みは、お受けいたしております。詳細はhttp://members.mitsuhashi-keizaijuku.jp/  をご覧くださいませ。ちなみに、三橋経済塾一回目のゲスト講師は、驚くなかれ青木泰樹先生でございます。


 本日はチャンネル桜「日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」 」に出演いたします。テーマは「どうなる?どうする?TPP」です。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1587
 パネリストは以下の皆様です(敬称略。 金子洋一(参議院議員)、亀井亜紀子(前参議院議員)、関岡英之(ノンフィクション作家)、田中秀臣(上武大学教授)、田村秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)、原田泰(早稲田大学教授)、三橋貴明(経済評論家・中小企業診断士)、山田俊男(参議院議員)、司会:水島総。


 さて、実は本ブログで取り上げませんでしたが、先月の上旬にフランス国債がS&Pから「格下げ」の憂き目に会っています。S&Pはフランスの長期国債格付けについて、「ダブルAプラス」から「ダブルA」に1段階引き下げたと発表したのです。


 格下げの説明として、S&Pは
「政府の税制改革などが中期的な経済成長見通しを大きく改善させることはない」
「高い失業率が今後の財政健全化や構造改革を遅らせる」
 との見解を示したわけですが、何を言っているのか分かりません。何しろ、フランスは「財政健全化」や「構造改革」を強要されているからこそ、失業率が高まっているわけでございます。
 
 先日、ポール・クルーグマン教授がフランスの格下げについて寄稿していましたので、ご紹介。


ポール・クルーグマン「フランス国債格下げについての陰謀」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37676
◆政治的文脈によって格下げとなった
 11月8日、債権格付け機関のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がフランスの格付けを下げた。これが重大ニュースとなり、フランスは危機的状況のようだ、と大々的に報じられた。しかし、市場はあくび。フランスの史上最低に近い借入コストは、ほとんど動かなかった
 これは一体どういうことなのか。答えは、S&Pの行為は、金融引き締めを取り巻く、政治的文脈の中で見る必要があるということだ。つまり格下げは経済ではなく政治だ、という意味である。
 このフランスに対する陰謀(実に多くの人がフランスの悪口を言うので、私は冗談半分でこう言うが)は、ヨーロッパでもアメリカと同様に、財政にガミガミ言う連中は、本当のところは、財政赤字の問題を気にしていないという明白な証拠である。その代わり連中は、債務への恐怖をイデオロギー的な行動計画の実践のために利用している。そしてそれに同調しないフランスは、絶えず否定的なプロパガンダの標的となってきた。(後略)』


 クルーグマン教授が書いている通り、S&Pの格下げを受けたフランス国債の金利は、「ピクリ」ともしませんでした(むしろ、12月に入って以降、少し(0.2%)だけ金利が上がりました)。

 失業率は高いものの、国債金利が(フランスとして)史上最低の水準に低迷しているフランス国債の格付けが、なぜ下げられたのか。理由は、「政治的な問題」であるとクルーグマン教授はにらんでいるわけです。


 いきなり話が飛ぶ感じがしますが、いわゆる新古典派経済学に染まった人々の「理想の税制」は、「所得税ゼロ、法人税ゼロ、税金は人頭税のみ」になります。(この辺の話は「2014年 世界連鎖破綻と日本経済に迫る危機 (一般書) 」で細かく書きましたが)とはいえ、現実に「人頭税」は実現が困難であるため、妥協案として「所得税ゼロ、法人税ゼロ、税金は消費税のみ」となります。


 要は、「小さな政府論」に基づき、
「政府に税金を徴収されても、碌な使い方はしないだろう。所得税、法人税をゼロにして、おカネはできるだけ『民間』に使わせた方が経済は成長する。もっとも、最低限の税収が必要なのは間違いないので、全体から薄く税金をとれる消費税の税率を増やしていけばいい」
 とう考え方になっているわけです。同じ「増税」「減税」「税金」であっても、「所得税、法人税」と「消費税、人頭税」は、まるで考え方が異なっているのでご注意下さい。


 面白いことにフランスは、財政支出の削減ではなく、「付加価値税(消費税)アップ」と「高所得者に対する所得増税」と同時に推進し
「富裕層と一般庶民、双方に負担を求める」
 形で財政を再建しようとしています。ある意味で、「古き大きな政府のヨーロッパ」への回帰と言っていいのでしょうか。


 フランスは14年1月1日から、付加価値税(TVA=日本の消費税に相当)を増税し、社会保障の負担分を引き上げます。結果的に、国民がデモ行進して抗議をしている有様です。


 さらに、フランス政府は2014年度予算から、企業が従業員に100万ユーロ(約1億4千万円)以上の給与を支払う際に、75%の税金を課す新たな課税策を打ち出しているのでございます。これに対しても激怒している皆様が、結構いらっしゃるわけです。10月には「富裕層増税」案に抗議するフランスサッカーのプロクラブ連合が「11月29日から12月3日まで、試合をボイコットする!」とストライキを予告しました(その後、ストライキは延期されました)。

 話がややこしくなった感じがしますので、整理します。バブルが崩壊し、物価上昇率が低迷(フランスの10月のインフレ率は0.7%でした)。経済がデフレ化しかかっているフランスにとって、正しい政策は、
減税と政府支出拡大による経済成長と税収増
 になります。減税とは「消費税(付加価値税)減税」及び「需要を必ず創出する減税」になります。資本移動の自由化が進んでいる現在、無条件の法人税減税は需要創出に結び付くかどうか分かりません。企業に減税したいならば、設備投資減税である必要があります。所得税減税も同じです。要は、政府の総需要創出政策としての減税が必要なのです。それに対し、新古典派的な人々は、常に、
消費税増税、法人税(富裕層)減税、政府支出削減
 を求めてくる傾向があります。と言いますか、現在の日本の状況が、まさしくそうでしょう? 消費税は増税、法人税は減税、さらに政府の支出削減。実は、この三つの組合せは、97年の橋本政権が実施した政策そのままでございます。


 フランスの場合は、
「消費税(付加価値税)増税、富裕層増税、政府支出は削減しない」
 と、バブル崩壊後としては間違った政策と正しい政策を共に実施しようとしており(すなわち、アクセル&ブレーキです)、アクセルの部分(政府の支出を削減しない点)が気に入らないということで、S&Pから「制裁的格下げ」を食らってしまった。ところが、格下げはフランスの金利水準に何の影響も与えなかった。という話なのでございます。


 国民からは、
「増税反対!」
 とデモを起こされ(起こされています)、オランド大統領の支持率が低迷。EUや格付け会社からは、
「なぜ政府支出を削減しない!」
 と、格下げという形で「政治的圧力」を受ける。


 内容は違いますが、何となく「消費税増税と経済対策」と、ブレーキとアクセルを同時に踏み込もうとしている「どこかの国」に似ていると思いませんか。


 日本もアメリカも、イギリスもフランスも、なぜ「アクセルのみ」を踏み込むことができないのか。(ドイツは好んでブレーキばかり踏むわけですが)結局のところ、「インフレ期の政策」から「デフレ期の政策」へのパラダイムシフトは、一朝一夕にはいかないという話です。フランスもまた、日本と同じように「政策の混乱」が見られるわけです。別に、慰めにはならないのですが。
 とにもかくにも、国民は政治家に「デフレ対策のみをやれ! アクセルのみを踏め!」と訴えていかなければならないと思うわけでございます。
 
「デフレ対策のみをやれ! アクセルのみを踏め!」にご賛同下さる方は、

このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。