三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

NEW!『デフレの原因(後編)③』三橋貴明 AJER2013.10.15(2)
http://youtu.be/g7jG7Oq_cwA

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

12月2日グローバル資本主義を超えて(Beyond Global Capitalism)」 (京都)

NEW!12月13日「日本大復活 東京オリンピックと安倍政権、日本経済の行方 」(大手町)

12月19日 「「“強い”日本経済は実現するか?」 --安倍政権誕生一年とこれからを検証する 」(御茶ノ水) 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 チャンネル桜「さくらじ」に出演いたしました。


【古谷経衡】さくらじ#110、三橋貴明&さかき漣「顔のない独裁者vs顔の出ない出演者」【saya】
 Youtube http://youtu.be/BbDFuqC_kcw
 ニコ動 http://www.nicovideo.jp/watch/1383880274


 新創刊のWebマガジン「政経電論」に連載「三橋貴明説く経済学」第一回「アベノミクスの不整合」が掲載されました。
http://seikeidenron.jp/mitsuhashi/20131111_mitsuhashi.html
 
 明日の朝6時から文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。「顔のない独裁者」の紹介があるため、さかき漣も特別出演いたします。
http://www.joqr.co.jp/tera/


 さて、明日はいよいよ「顔のない独裁者 」の発売日でございます。今回の出版記念キャンペーンとは、ご購入者の方全員に音声ファイル「『顔のない独裁者』が100倍面白くなる特別座談会」を無料プレゼントでございます。座談会のメンバーは、三橋貴明、さかき漣、平松禎史氏、古谷経衡氏。際限のない「自由」がもたらす恐ろしい悪夢ほか、縦横無尽にメッタ斬りにしております。キャンペーンは11月13日にスタート予定です。


 無料メルマガで藤井聡先生に「顔のない独裁者」の書評を書いていただきました!


最悪の未来(From 藤井聡@京都大学大学院教授)

 (前略)当方にしてみれば、「新自由主義が人間に不幸をもたらす」なんてことはほとんど論ずるまでもない当たり前のことで、それこそ、「レモンは酸っぱいですね」とか「ゴーヤはほろ苦いですよね」くらいの話にしか思えない。。。というのが率直な印象でありました。
 だって、レモンは何度食べたって酸っぱいし、ゴーヤだって何度食べたってほろ苦いですから、そんなの、人間だったら、酸っぱいとか苦いとかって言う言葉の定義上、当たり前田のクラッカーではないかと。。。
 だから、ホント、世の中には不思議な人が多いもんだなぁ。。。なんて思っておりましたが、
 あまりにもそんな不思議な方々多いのを目の当たりにしつつよくよく考えますと、どうやら、多くの人は、「新自由主義で具体的な問題が生じている状況」を、実感として認識できていないのではないか、という様にも思えて来る。。。。。なんて感じていたところでありました。
 例えば、先の例では、レモンを食べたことの無い人にいくらレモンの酸っぱさを説明したって、チンプンカンプンでしょうし、ゴーヤを食べたことの無い人にどれだけチャンプルーすげーうめーよなんて熱弁したって、どうにもならないわけです。#それに、前田のクラッカーを知らない人には、何の事かもさっぱりわかんないでしょうからね(笑)。
 だから、「新自由主義」を巡る議論を多くの人々の直感に訴えかけるには、それが過激に進行してしまったときに、私たちの社会がどうなっちゃうのかを「見せる」しかないんだろぉなぁ。。。なんて思っていた矢先、
 この「顔の無い独裁者」には、ばっちりと、新自由主義がもたらす「地獄」が、誰の目にも明らかな形で描写されていたわけです。(後略)』


 まさに、我が意を得たり! という書評でございます。ありがとうございました!


 わたくしが「 「顔のない独裁者 」を一年前に企画したのは、別に「政権批判」したかったわけではありません。と言いますか、当時は民主党政権で、一年後の日本がどうなるかなど全く予想がつきませんでした。


 当時、ある若手の政治家の方がクローズアップされておりまして、
「これは、もしかしたら将来的にまずいことになるかも知れないなあ・・・・」
 ということで、2008年から09年にかけて「新世紀のビッグブラザーへ(PHP研究所)」を書いたときと同様に、
最悪の未来をシミュレートしよう
 と思いついたわけです。


 08年から09年頃は、とにかく「民主党」への追い風が異常な状況にあり、将来的に民主党政権が誕生し、人権擁護法(人権侵害救済法)や外国人地方参政権が通されてしまった「日本」をシミュレートしてみたのが「新世紀のビッグブラザーへ」です。あの時期は本当に上記の法案が通りそうな状況でして、わたくしは09年秋に初めて有楽町で「頑張れ日本!全国行動委員会」の街宣車の上に立ち、マイクを握ったのでございます。


 幸いなことに、民主党時代を通じて人権擁護法や外国人地方参政権が通ることはありませんでした。その後、民主党の凋落が明らかになり、代わりに新古典派経済学的な政策が(再び)注目され始めます


 というわけで、「新ブラ」のときと同様に、
新古典派経済学に基づく各種手法、思想(構造改革、新自由主義、グローバリズム、市場原理主義などなど)に完全に日本が支配されてしまった世界
 をシミュレートする小説の企画を思いつき、さかき漣に執筆を依頼したわけでございます。


 人権擁護法や外国人地方参政権が通った日本が、いかなる姿を採るのか。本ブログを読んでいる方はご理解されるかもしれませんが、マジョリティは違います。


 同時に、新古典派経済学的な政策が推進されると、なぜまずいのかについても、普通の人は想像ができません。レモンが酸っぱいのは自明ですが、レモンを食べたことがない方に「レモンの酸っぱさ」を説明することは、困難というか不可能に近いでしょう。

 というわけで、「顔のない独裁者 」により、皆さんに「レモンの酸っぱさ」をご理解頂きたいのでございます。レモンが本当に酸っぱいのか、実際に食べてみなければ分かりません。とはいえ、考え方、思想、あるいは○○主義といったテーゼは、「食べてしまったら手遅れ」というものが少なくないのです。共産主義のテーゼを食べてしまったソ連や中共の人民たちは、70年以上も地獄を見ました(中国人民は今も見ています)。共通通貨ユーロの人々(特に南欧の人々)は、明らかに「ユーロ離脱」以外の手がない状況でありながら、テーゼに捉われ、貧困化の道を辿っています。


 食べ物は実際に食べなければ味が分かりませんが、考え方、思想、テーゼは「フィクション」という形で疑似体験することが可能です。


 先に新古典派経済学というテーゼを食べてしまったアメリカでは、一応、是正の動きが始まっています(相当に苦労すると思いますし、実現できるかどうかも分かりませんが)。


オバマ米大統領:インフラ投資が必要、景気てこ入れで
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MVYXFJ6KLVRE01.html
 オバマ米大統領は同国経済のてこ入れのために大規模な公的投資が必要だと訴えた。
 大統領は8日、ニューオーリンズ港で講演し、議会に対し党派対立を超えて科学と研究・教育、道路や橋の改修に向けた支出拡大を盛り込んだ予算を成立させるよう求めた。「それが雇用を創出し、人々に職を提供することになる」とし、「党派の問題ではなく、米国の問題だ」と語った。
 また、自身が年内達成を目指すとしている課題である農業と移民に関する法案の議会通過も促した。大統領はこのところ医療保険改革法(オバマケア)に絡み厳しい立場に置かれている。 』


 「科学と研究・教育、道路や橋の改修に向けた政府の支出拡大」は、確かにオバマ大統領が語ったように、
「それが雇用を創出し、人々に職を提供することになる」
 ことになるでしょう。ならば、やればいいのです。


 ところが、新古典派経済学的な財政均衡主義にとらわれると、上記の「当たり前のこと」すらなかなかできない。日本の国土強靭化にしても、未だに法律が通っていない状況です。


 さらに、例えばオバマ大統領のインフラに関する発言をそのまま報道する日本の報道機関は、ゼロに近いのではないでしょうか(上記の記事はブルームバーグ紙)。政治家、官僚、学者のみならず、マスコミまでもが過去に失敗した新古典派的なテーゼに捉われ、自民党などが規制の緩和を防いだり、あるいは規制を強化しようとすると、
「改革後退!」
 と、まことに抽象的な見出しを掲げ、攻撃してきます。そして、現在の日本国民が各種の安全保障上の脅威を受けていることは語らず(あるいは、考えず)、ひたすら「自由化! 自由化!」「民営化! 民営化!」「改革! 改革!」と叫ぶ。


 彼らが言う「改革」が全て完成したとき、その影響から逃れられる国民はいないのですが、その手の想像力を持ち合わせていないようです。


 だからこそ、現時点で 「顔のない独裁者 」が出版されるという事実にも、何かの意味があるのかも知れないなあ、と、「想像」したりするわけです。


今後も三橋の活動をご支援下さる方は、

このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。