顔のない独裁者

テーマ:
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

NEW!『デフレの原因(後編)③』三橋貴明 AJER2013.10.15(2)
http://youtu.be/g7jG7Oq_cwA

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

11月11日 「アベノミクス・TPP・増税・オリンピックでどうなる!?日本経済と地域経済(町田市)

12月2日グローバル資本主義を超えて(Beyond Global Capitalism)」 (京都)

NEW!12月13日「日本大復活 東京オリンピックと安倍政権、日本経済の行方 」(大手町)

12月19日 「「“強い”日本経済は実現するか?」 --安倍政権誕生一年とこれからを検証する 」(御茶ノ水) 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 三橋経済塾第三期、募集開始しました!(ご興味がある方は、一番上のリンク をクリックしてください) 今回のテーマは、こちら。

【三橋経済塾 第三期 三橋貴明塾長インタビュー① 】
http://youtu.be/r_Kh778moxw
【三橋経済塾 第三期 三橋貴明塾長インタビュー② 】
http://youtu.be/ul4hNwmE0IM


 タイトルとは全然関係ないですが、久々に渡邊さんと飲んだので、ツーショット。


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


 本日から来週にかけ、わたくしが企画と監修を担当した小説、「顔のない独裁者 」(さかき漣:著、PHP研究所)出版記念週刊となります。メルマガ「三橋貴明の「新」日本経済新聞」の方では、ライターの皆様の書評が掲載されていきます。


 本日の「さくらじ」に、三橋貴明とさかき漣(声)が出演いたします。
http://www.sakura-tv.com/blog/
 
 いきなりメルマガで古谷さんに素晴らしい書評を書いて頂きました。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/11/08/furuya-9/


 古谷さんも書かれていますが、本書に登場するビッグブラザーとは、ジョージ・オーウェルの名作「1984年」に登場する独裁者のことです。本ブログのタイトル「新世紀のビッグブラザーへ 」」とは、「二十一世紀の独裁者たちへ」という意味を持つのでございます。


 「顔のない独裁者 」は、企画時は「顔のないビッグブラザー」という仮タイトルだったのですが、
「ビッグブラザーが何を意味しているか、普通の人は知らないでしょ」
 と、著者や編集さんたちのまことにご尤もな意見により、「顔のない独裁者」に変更されました。


 「新世紀のビッグブラザー」は、二十世紀の独裁者たちのように、分かりやすい「顔」を持ちません。また、彼らはまことに「美しい言葉」でわたくし達を支配します。人権、平和、多文化共生、同権、環境、共同参画などなど、人々が抗い難いフレーズが連呼され、極東戦争というショックをを利用し、恐るべき法律(人権侵害救済法、外国人地方参政権などなど)が次々に通され、日本国民が「アジア市民」と化し、支那大陸の中国共産党主席をビッグブラザーとして仰ぐ「第三市民」として生きる「第三地域」こそが、「新世紀のビッグブラザーへ」描かれた日本国でした。


 漢字の使用が禁止され(ゆとり文字化)、言葉が次々に変更され(呼称正規化。例:「天皇」⇒「日王」など)、日本国内では「第一市民(支那大陸出身者)」「第二市民(朝鮮半島出身者)」に対し、第三市民(日本人)が少しでも刃向うと、
「人権侵害だ! 人権犯罪だ!」
 と糾弾され、環境対応(=生殖能力を奪うこと)を強制される。という、狂った社会で生きのび、ビッグブラザーに刃向おうとする若者たちを描いたのが「新世紀のビッグブラザーへ 」でございます。

 やがて時が過ぎ、ついに支那大陸の中国共産党やビッグブラザーの権威が失墜する日が来ます。「第三地域」で日本を取り戻すべく戦う「日本国民」が勝利し、自由なる世界が訪れます。自由革命の実現です。


 「日本を取り戻す」ために戦っていたレジスタンス・グループ「ライジング・サン」のリーダー駒ヶ根覚人(通称GK)は、大衆に向かって宣言します。
唱和せよ、万歳と! 天皇陛下、万歳! 自由なる我々の祖国、日本よ、万歳!


 同じ頃、ライジング・サンの若者たちの下に、同じ文面のメールが送られてきます。そこには、一行、こう書かれていました。


The next big brother has no face.」(今度の独裁者には、顔がない)


 そして、「顔のない独裁者 」の物語が始まるのです。


 いきなり話が変わりますが、ECB(欧州中央銀行)が利下げをしました。


ドラギ総裁、「長期」低インフレ容認せぬ-利下げでデフレ阻止
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MVWCXR6TTDTK01.html
 欧州中央銀行(ECB)は依然として脆弱(ぜいじゃく)なユーロ圏経済にインフレ低下傾向が根付くのを防ぐため、予想外の利下げに踏み切った。
 ユーロ圏のインフレ率は4年ぶり低水準の0.7%と、ECBが物価安定の目安とする2%弱の水準の半分未満。こうした中、ECBは主要政策金利であるリファイナンスオペの最低応札金利を0.25ポイント引き下げ、過去最低の0.25%とした。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査で利下げを予想していたのは70人中3人のみだった。
 ドラギ総裁は政策決定後の記者会見で、「当中銀の金融政策姿勢は必要な限り緩和的にとどまる」とし、ユーロ圏は「長期にわたる低インフレに直面する可能性がある」と述べた。 (後略)』


 予想通り(記事には「予想外」とありますが、予想通りでしょ、どう考えても)ECBが政策金利を過去最低の0.25%に引き下げました。何しろ、ユーロ圏の10月のインフレ率は0.7%です。しかも、ギリシャやアイルランドはマイナス(対前年比で)に落ち込み、失業率は12.2%。ドイツを除くユーロ諸国は、ほぼ全域が「デフレ」に突っ込みつつあります(ギリシャは完全にデフレ化しました)。


 ドラギ総裁は「長期にわたる低インフレ」と、面白い表現を使っていますが、要はデフレーションでしょう。中銀総裁が「デフレ」という言葉を使うと、人々がカネを使わなくなり、余計にデフレ化が進行してしまうという配慮があるのかも知れません。


 しかも、アメリカが量的緩和を継続し、反対側でECBがマネタリーベースを「回収」していたため、ユーロ高が発生し、ユーロ圏「唯一」の牽引車であった純輸出(輸出)がダメージを受けつつあります。今回のECBの利下げは、当然すぎるほど当然だと思います。


 さて、現在のユーロ加盟国においては、人々は民主主義により国の行く末を決定することができません。少なくとも、金融主権と財政主権は制限されています。すなわち、ユーロ圏に住む人々の「主権」が脅かされているわけです。


 結果的に、政府が国民を救う政策を打ち出せず、一部の国々ではデモや暴動が多発する事態に至っています。民主主義的に状況を変えられない以上、残された手は「暴力」しかないわけです。ある意味で、現在のユーロ(特に南欧諸国)の人々は、選挙権を持たない中国人民と同じ状況になりつつあるのでございます。


 それがどうした、今さら・・・。と、思われたかも知れませんが、
なぜ、ユーロ圏はそんな状況に至ってしまったのか
 を、改めて考えて欲しいのです。問題の本質は、表に出ている経済現象ではありません。その背後に存在する「考え方」なのです。


 まさに、「顔のない独裁者 」という話なのでございます。


本日のエントリーで「問題の本質」について改めて考えて頂けた方は、

このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。