本当の日本国民

テーマ:

          三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。

『安倍政権発足2ヶ月を迎えて(後編)①』三橋貴明 AJER2013.2.19(1)

http://youtu.be/NhVpsceOrCo

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【3月9日”三橋貴明シークレットセミナー アベノミクスと日本経済復活の秘策http://hikarulandpark.jp/shopdetail/001004000004/

【3月28日 因島商工会議所後援会「アベノミクスでどうなる日本経済?!」】NEW!

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_41.html#0328  

【3月31日 下館青年会議所講演会「日本経済の嘘と真実!!」】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#Shimodate
【4月6日 FUNAI MEDIAセミナー「アベノミクスで激変!日本経済はどうなる!?」】
http://www.funaimedia.com/seminars/seminars_main.html?data_id=287
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!
https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 明日は、スティグリッツ教授じゃないですが、「世界を不幸にしたグローバリズムの正体」について学べる「希臘から来たソフィア 」の発売日です。。「コレキヨの恋文」「真冬の向日葵」に続く、三部作最終巻です。時代的には、完全に「コレキヨの恋文」の後期から始まっており、あの方々も登場いたします。


 今回のAmazonキャンペーンは、設定集&ポスター(画:鈴木康士)プレゼントです。Amazonで買うと、折り込まれてきます。Amazon以外でお買い上げいただくと、ポスターはついておりません、すみません。


 明日はテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」の収録(3月4日放映分)があるのですが、な、何と、あの参議院の方(銀狼)とご一緒することになります。テーマはもちろん、TPPでございます。お楽しみに!
 
 さて、安倍総理大臣の施政方針演説がありました。


『施政方針演説全文(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013022800501
 
 長い演説ですが、是非、全文お読みくださいませ。


 上記演説の中で、TPPに触れた部分は以下の通り。


『TPP(環太平洋連携協定)については、「聖域なき関税撤廃」は、前提ではないことを、先般、オバマ大統領と直接会談し、確認いたしました。今後、政府の責任において、交渉参加について判断いたします。(安倍総理大臣)』


 上記を受け、共同通信がいかなる記事を配信したか。


『首相、原発再稼働を明言 TPP参加も事実上表明
http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013022801001146.html
 安倍晋三首相は28日午後、衆院本会議で第2次安倍内閣発足後、初めての施政方針演説を行った。エネルギーの安定供給とコスト低減を図る立場から、安全確認を前提に原発を再稼働させる方針を明言する。環太平洋連携協定(TPP)は政府の責任で判断するとして、交渉参加を事実上表明。東日本大震災の復興加速に全力を尽くすと約束する。2007年の第1次内閣での施政方針演説と同様、憲法改正へ議論促進を呼び掛ける。(後略)』
 
 どこをどう読めば、「交渉参加について判断いたします」が「TPP参加も事実上表明」になってしまうのか、わたくしにはさっぱり分かりません。要するに、日米首脳会談の後に、「TPP交渉参加表明」という飛ばし記事を出してしまい(共同通信だけではなく、全大手紙ですが)、しかも自民党のTPP推進派参議院議員の虚偽リークに騙され、すっかり、
「今週中に安倍総理がTPP交渉参加を正式表明する」
 と思い込んでいたところに、施政方針演説が「判断する」(そもそも、安倍総理は首脳会談の時から「判断する」としか言っていない)で終わってしまったため、
「おいおい、どうするよ・・・・」
「すっかり経済産業省のMや、自民党のSに騙されちまったな・・・」
「とりあえず、『事実上』とつけておけばいいんじゃない
 てな感じで「事実上表明」と見出しに掲げたのではないでしょうか(想像だけど)。上記が正解だとすると、職務倫理感ゼロでございますね。


 さて、安倍総理は昨日の国会答弁において、TPPについて以下の通り発言しています。


「米国も国内事情や関係国との調整がある。今までの交渉の経緯を精査する上で国内への影響も勘案し、そんなに先の話ではないが、なるべく早い段階で決断したい」
「交渉に参加するかしないかは私が最終的に判断したい。参加する場合でも、参加しない選択肢でも説明したい。批准に向けて進むとなれば、国民的な支持を得る努力もしなければならない。しっかり説明する責任が生じる。」
 すなわち、「参加するかもしれないよ。でもしないかもしれないよ」と言っているわけで、ある意味でグダグダです。


 とはいえ、グダグダでいいのです(現時点では)。グダグダと時間稼ぎ、先送りを続け、昨日の「TPPに関する自民調査会決議」に代表される「グローバリズムの問題」「TPPの全容」について国民に知らしめ、議論を深めつつ、バスが発車するのを待つ以外に、アメリカとの関係を損なわずにTPP問題を収束する方法はありません(ありますかね? アイデアがあればコメント欄に書き込んで下さいませ)。


 無論、上記は「わたくしが安倍総理ならそうする」というだけの話であり、真実は分かりません。とはいえ、別に安倍総理の真意が何だろうと、わたくし達日本国民一人一人がやらなければならないことは変わらないのです。自民党の六割を超える反対派(異様に理論武装した反対派)の皆様を支援しつつ、情報を国民同士でも交換し、政治に対して声を上げ、
「TPPがどうなるか」
 ではなく、
TPPをどうするか
 という姿勢で「グローバリズム」「TPP」といった問題に向き合っていくのでございます。


 幸い、わたくしは大手マスコミというチャネルを使わせて頂く機会もありますので、先頭に立って上記を実践していくつもりでございます。(それにしても、TVタックルで銀狼様と共演できるとは、心強いです)


 さて、先日、2月26日は、「コレキヨの恋文」のクライマックスである226事件から77年目となる日でした。この日、補正予算が参議院で「一票差」で可決されました。


補正予算が1票差で可決・成立
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130226/k10015796801000.html
 今年度の補正予算は26日の参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党に加えて、日本維新の会、国民新党、新党改革などの賛成多数で1票差で可決・成立しました。
 緊急経済対策を柱とする13兆1000億円余りの今年度の補正予算案は、午前9時から開かれた参議院予算委員会で可決され、午後の参議院本会議に緊急上程されました。
 各党の討論で、自民党は「今年度の補正予算案は切れ目なく経済対策を実施するためのもので、実質GDPを2%程度押し上げるとともに60万人の雇用の創出が見込まれ、大変な経済効果を発揮する。長らく低迷してきた経済活動を大きく転換し、回復に押し上げる大きな一歩になる」と述べました。』


 上記はまさに「紙一重」の勝利(安倍政権にとって)だったのですが、どれくらい紙一重だったかと言えば、先日、民主党に離党届を出した二人の参議院議員(川崎稔議員と植松恵美子議員)が一人は賛成、一人は棄権してくれたからこそ、ギリギリで参院を通過したほどなのです。安倍政権の現状は、別に盤石でも何でもなく、ギリギリの状況が続いているのです。


 植松議員と言えば、さらに少し前の参議院予算委員会で、公共事業の「戦略性」について質問し、麻生財務大臣から「絶賛」を受けた(元)民主党議員になります。


麻生財相 民主・植松議員の質問を絶賛
http://www.zaikei.co.jp/article/20130218/124839.html


 上記の麻生財相の「絶賛」が、離党を考えていた植松議員の背中を押したのでしょうか。分かりません。
 いずれにせよ、安倍政権は今でも綱渡りです。日本銀行の人事問題もそうですが、安倍政権は本当に「盤石とは程遠い」状況なのです。


 ならば、どうするのか。自分にできることは、何なのか。と、真剣に考えるのが、本当の日本国民だと思うわけでございます。 


「本当の日本国民ならどうするか」を考えて下さった方は、このリンクをクリックを
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。
 

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。