盛大なブーメラン

テーマ:

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。

『フィリップス曲線(後編)①』三橋貴明 AJER2013.1.29(1)

http://youtu.be/aCRShLcO178

『フィリップス曲線(後編)②』三橋貴明 AJER2013.1.29(2)

http://youtu.be/TP1JVAhYAqs

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【2月9日 清話会・大阪講演セミナー 日本の政治と経済のこれから! 経済成長こそ、すべての解だ! デフレ脱却のための秘策は何か?】
http://ameblo.jp/seiwakaisenken/entry-11424250890.html

【3月9日”三橋貴明シークレットセミナー アベノミクスと日本経済復活の秘策
http://hikarulandpark.jp/shopdetail/001004000004/
【3月31日 下館青年会議所講演会「日本経済の嘘と真実!!」】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#Shimodate
【4月6日 FUNAI MEDIAセミナー「アベノミクスで激変!日本経済はどうなる!?」】
http://www.funaimedia.com/seminars/seminars_main.html?data_id=287
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!
https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 小学館「経済の自虐主義を排す: 日本の成長を妨げたい人たち (小学館101新書) 」が発売になりました。


 民主党の海江田代表が、中国人民解放軍のレーダー照射事件について、
どういう理由で発表が遅れたのか政府にただしていかないといけない
 などと息巻いておりますが・・・・・・・・、


民主・海江田氏、レーダー照射「公表遅れただす」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0602Z_W3A200C1PP8000/
 民主党の海江田万里代表は6日、横浜市内で記者団に、中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題について「どういう理由で発表が遅れたのか政府にただしていかないといけない」と述べた。「深刻な事態で武器の直接使用につながる行為だ。中国側に厳重に抗議しないといけない」とも指摘した。』


 民主党の細野幹事長も、

「それからやや時間がたっているので、情報開示のタイミングや、なぜ今のタイミングだったのかを(政府側に)しっかりと聴かなければならない
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130206/stt13020609420001-n1.htm

 などと語っておりますが・・・・・・・・、


 昨日、青山繁晴氏が関西テレビのアンカーで、レーダー照射が民主党時代にも複数回あったことを暴露しました。

「民主党政権時代にも複数回、射撃レーダー照射があった。官邸の情報を上げたが、政治判断で公表されなかった。安倍内閣は事実を確認の上、発表」(関西TVニュースアンカー)


 また、毎日新聞も、


レーダー照射:首相、公表で対抗…米と連携、国際世論訴え
http://mainichi.jp/select/news/20130207k0000m010112000c2.html
 レーダー照射の一報が首相官邸に入った時期をめぐる政府の説明は揺れた。当初は護衛艦への照射があった1月30日とされたが、6日になって、ヘリへの照射が疑われた1月19日に修正。与党関係者によると、小野寺五典防衛相が1回目の照射段階で公表を主張したが、ヘリのレーダー感知装置は電波のデータを保存できないことから、護衛艦への照射データを1週間かけて慎重に分析したという。
 政府関係者は「尖閣国有化前後にも周辺海域でレーダーの照射はあったが、当時の野田政権は公表しなかった」と語り、民主党政権との違いを強調する。(後略)』


 さらに、朝日新聞も、


尖閣国有化前から射撃レーダー照射 政府関係者明かす
http://megalodon.jp/2013-0206-2054-52/www.asahi.com/politics/update/0206/TKY201302060145.html
 東シナ海での中国軍による自衛隊への射撃用レーダー照射が、野田政権が昨年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)を国有化する前にもあったことがわかった。政府関係者が明らかにした。安倍政権が5日に公表した今年1月下旬の事案以前にも、同じ海域で複数回、照射があったとしている。
 政府関係者によると、1月30日に中国軍艦が海上自衛隊護衛艦に火器管制用レーダーを照射したのは尖閣諸島の北西百数十キロの公海上。同月19日に海自ヘリコプターへの照射があったとみられるのも同じ海域。
 防衛省は今回公表したケース以前にも周辺海域で複数回、自衛隊への中国軍のレーダー照射を把握。今回の「数分間」(防衛省)より長く照射したケースもあるという。日本政府は「日中関係を悪化させる懸念がある」(政府高官)とこれまで公表を避けてきたが、今回は立て続けにレーダー照射されたため、安倍政権が事態を重く見て公表に踏み切った。』


 上記の朝日新聞の記事は魚拓ですが、元記事は・・・・・・・、

http://www.asahi.com/politics/update/0206/TKY201302060145.html

 削除されております。


 朝日の記事は、gooニュースにも転載されております。


『尖閣国有化前から射撃レーダー照射 政府関係者明かす
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/TKY201302060145.html


 民主党政権の愚かさは、以下の一言に集約されていると言っていいでしょう。

日中関係を悪化させる懸念がある」(政府高官)


 日中関係を悪化させてきたのは、
「日本は尖閣諸島について譲歩する」
 という、間違ったメッセージを送り続けてきた民主党そのものです。そして、その腰ぎんちゃく、いや厳密には中国共産党の駐日報道機関のような記事を配信し続けてきた朝日新聞、毎日新聞に代表される国内マスコミなのです。


 そして、
「非常事態など、決して起こらない」
 という、間違った前提で「国家」「国防」「安全保障」について無闇やたらと否定し、日本が歩み寄れば「日中友好」が実現できるなどと、お花畑思考に陥っていた戦後の日本国民もまた、責任者です。


 そういう意味で、中国のレーダー照射を「政治的判断」で公表せず、政権交代した途端に「盛大なブーメラン」の直撃を受けた民主党は、いわゆる戦後レジームから脱却できない日本国民の集大成なのでしょう。


 民主党が「間違ったメッセージ」を送り続けた結果、中国側も混乱を始めているようです。


自衛艦へのレーダー照射 中国釈明“軍の単独行動”
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/02/07/kiji/K20130207005140900.html
 沖縄県・尖閣諸島周辺で中国海軍艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国外務省は6日、軍の単独行動だったことを示唆した。華春瑩副報道局長が定例記者会見で「関連の報道で知った。(外務省としては)具体的な状況は把握していない」と述べた。
 共同電によると、習近平指導部が軍の行動を詳細に把握していたかどうかは不明だが、中国政府内で情報の共有が図られていなかった可能性が強い。(後略)』


 ご存じ、中国人民解放軍は「中国共産党の軍隊」であり、中国軍ではありません。中国政府はもちろんのこと、中国共産党までもが人民解放軍をコントロールできていないとなると、これはゆゆしき事態です。


 日本側が毅然とした態度を取らなければ(取っていなかったわけです)、政治的に共産党に軍部を抑え込まさせなければ、人民解放軍の行動がエスカレートする一方で、最終的には武力衝突に至るでしょう。安倍政権がレーダー照射の件を公表したのは、当然すぎるほど当然です。

 また、日本国民も早急に「国家」「国防」「安全保障」が、我々日本国民が生活していく上で不可欠のインフラストラクチャーであることを思い出さなければなりません。


最後の一文にご賛同下さる方は、

↓このリンクをクリックを

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。