歴史は変えられる

テーマ:

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。
『日本維新の会の皆様へ①』三橋貴明 AJER2012.12.18(1)

http://youtu.be/oIRU_556Cqg

『日本維新の会の皆様へ②』三橋貴明 AJER2012.12.18(2)

http://youtu.be/-r7ZtQu_uB0

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【2013年1月11日 江別商工会議所 新春経済講演会】
http://www.ebetsu-cci.or.jp/ibent/h25keizai/h25keizai.html

【2013年1月21日 羽島商工会議所 新春講演会】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#Hashima

【2013年1月31日 日本経済復活の会設立10周年記念パーティー】
http://tek.jp/p/meeting.html

【2013年2月1日 四谷法人会 三橋貴明講演会「日本経済を救う経済政策はこれだ 米中露韓経済戦争と尖閣・竹島」】 NEW!

http://www.yotsuya-houjinkai.or.jp/information.php?id=172
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


※ご連絡:三橋経済塾「コミュニティ」に、是清プロジェクトに関する東田剛様のメッセージが書き込まれています。塾生の皆様、是非、ご一読を。


 いきなりですが、藤井聡先生、内閣官房参与就任、おめでとうございますっ! 以下、ご本人のメッセージ。


http://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/322515134515482
 ただいま、首相官邸に参上し、安部総理から、
  「内閣官房参与」
 の辞令を頂戴いたしました。新安部内閣では、浜田イェール大学教授や、丹呉元財務省事務次官、谷内元外務事務次官ら計七名の参与が任命されました。
... 当方は、防災減災ニューディール、すなわち、「国土強靱化」を担当いたすこととりますが、安部新内閣は、下記記者会見でも、総理が直接おっしゃってられる通り、
 ・復興
 ・経済再生
 ・危機管理
の3つを最重要課題として据える「危機突破内閣」であります。その中で、国土強靱化、防災減災ニューディールはこの三点のいずれにも深く関わる極めて重要な課題となろうかと存じてございます。
 僭越ながら当方、内閣の皆様方のお取り組みに対する参与(アドヴァイザー)という立場を命ぜられた次第でございますが、当方の担当として任ぜられました防災減災ニューディール/国土強靱化にお取り組みになられる安部総理、麻生副総理・財務・金融担当大臣、太田国交大臣、そして、古屋国土強靱化担当大臣をはじめとした内閣の皆様方を、「学者」としての「参与」の立場から全力でご支援申し上げ、日本国家を強靱な、強くしなやかな国家とするための「強靱化」の国家的取り組みに対してまして、当方の立場で許される限りの全力を賭しまして、尽力して参りたいと思います。
 また引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます!!』


 浜田先生はともかく、他の内閣参与の方を見る限り、相当な苦労が予想されます(国土強靭化も、TPPも)。わたくし共も可能な限りサポート致しますので、ご健康にくれぐれも留意されつつ、重職をお勤め下さいませ。


 一年半前、絶望に押しつぶされそうになりつつ京都に6人(メンバーは皆さんがご存じの方々ばかり)が集まったときを思うと、夢のようです。歴史は変えられるのです。わたくし達、日本国民一人一人が、諦めない限り


 歴史は変えられるのです。と書きましたが、まだ本当にその緒についたばかりではあります。日本国の歴史を変えるべき内閣が、昨日、発足いたしました。


第2次安倍内閣 「強い国」へ使命果たせ スピードと成果こそが勝負だ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121227/plc12122703100004-n1.htm
 第2次安倍晋三内閣が発足した。安倍首相が「強い日本を取り戻す」という歴史的使命を果たす時である。3年余の民主党政権による日本の惨状を一刻も早く立て直してもらいたい。
 先の衆院選で示されたように、国家の再生が多くの国民の願いであり、希望である。これを心に刻んで、内外の難題解決に総力を挙げてほしい。
 安倍首相にとっては5年前の突然の辞任からのカムバックだ。首相の再登板は第2次吉田茂内閣以来64年ぶりである。安倍氏はその期待に応える重い責務がある。
 ≪デフレ脱却を最優先に≫
 首相は会見で、「一日も早く結果を出し、信頼を取り戻したい」と述べた。その表明通り、スピード感をもって成果を挙げていくことが肝要だ。来年夏の参院選の乗り切りも求められよう。
 まず、デフレ脱却を最重要課題として取り組み、「強い経済」への転換を示すことが重要だ。
 経済・財政運営の司令塔として、具体的な成長戦略を練る「日本経済再生本部」とマクロ経済政策を決める「経済財政諮問会議」を明確に位置付けたのは、その表れといえる。
 甘利明経済財政担当相が新設の経済再生担当相を兼ね、副総理でもある麻生太郎元首相が財務相・金融担当相に就いた。
 一方、日銀は安倍氏の要請を受け、物価目標や政府との政策協定締結の検討に入っている。
 デフレ脱却を強力に推し進める陣立ては整ったといえる。2つの司令塔のトップも務める首相自身が、大型補正予算や来年度予算、成長戦略などを通じてどう政策を具体化していくかが問われる。
 政権発足までに円安株高が加速したが、市場は政権発足後の首相の実行力も注視している。(後略)』


◆内閣総理大臣 安倍 晋三
◆内閣法第九条の第一順位指定大臣(副総理) 財務大臣 内閣府特命担当大臣 (金融) デフレ脱却・円高対策担当 麻生 太郎
◆総務大臣 内閣府特命担当大臣 (地方分権改革) 地域活性化担当 道州制担当 新藤 義孝
◆法務大臣 谷垣 禎一
◆外務大臣 岸田 文雄
◆文部科学大臣 教育再生担当 下村 博文
◆厚生労働大臣 田村 憲久
◆農林水産大臣 林 芳正
◆経済産業大臣 内閣府特命担当大臣 (原子力損害賠償支援機構) 原子力経済被害担当 産業競争力担当 茂木 敏充
◆国土交通大臣 太田 昭宏
◆環境大臣 内閣府特命担当大臣 (原子力防災) 石原 伸晃
◆防衛大臣 小野寺 五典
◆内閣官房長官 国家安全保障強化担当 菅 義偉
◆復興大臣 福島原発事故再生総括担当 根本 匠
◆国家公安委員会委員長 拉致問題担当 国土強靭化担当 内閣府特命担当大臣 (防災)古屋 圭司
◆内閣府特命担当大臣 (沖縄及び北方対策 科学技術政策 宇宙政策) 情報通信技術(IT)政策担当 海洋政策・領土問題担当 山本 一太
◆女性活力・子育て支援担当 内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全 少子化対策 男女共同参画) 森 まさこ
◆経済再生担当 社会保障・税一体改革担当 内閣府特命担当大臣 (経済財政政策) 甘利 明
◆行政改革担当 公務員制度改革担当 クールジャパン戦略担当 再チャレンジ担当 内閣府特命担当大臣 (規制改革) 稲田 朋美


 総理大臣 安倍晋三、財務(&金融)大臣 麻生太郎、総務大臣 新藤義孝、国交大臣 太田 昭宏、国家公安委員会委員長&国土強靭化担当 古屋圭司、経済再生担当 甘利明。


 素晴らしい。安倍総理は、本気で「東北復興」「デフレ脱却」「国土強靭化」を推進していかれるつもりのようです。これで日本がデフレ脱却できなければ、もはや誰にもできないと行っても過言ではないほど、完璧な布陣でございます。


 一か月前(11月24日)、「頑張れ日本!全国行動委員会」のお招きで、有楽町でわたくしが街頭演説をさせて頂いたときの演説の一部を、僭越ではございますがご紹介させて頂きます。


「最後に申し上げたいんですけれども、多分、安倍総理大臣が実現しても、なかなか皆さんの思う通りにはいかないかも知れない。政治とはなかなか難しいものがあります。そのときに最終的なゴールを達成できるとしたら、それには一つ条件があるんですよ。それはどういう環境になっても、私たち日本国民が、安倍総理大臣を支え続けるという意志を示すことなんです


 皆さん、これから長い戦いになると思います。最後にもう一度書いておきたいです。


 歴史は変えられるのです。わたくし達、日本国民一人一人が、諦めない限り。 


「歴史は変えられる」にご賛同頂ける方は、

↓このリンクをクリックを

新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。