今回の選挙は本気重要!

テーマ:

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。
『新古典派経済学の正体(後編)①』三橋貴明 AJER2012.11.27(1)

http://youtu.be/FltSHLAX23E

『新古典派経済学の正体(後編)②』三橋貴明 AJER2012.11.27(2)

http://youtu.be/a969HpTsVHk

後編がアップされました!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【12月7日(金) 講演会&サイン会「日本が明るい朝を迎えるために】

http://www.books-sanseido.co.jp/cgi-bin/mt_blog/mt-search.cgi?tag=%8EO%8B%B4%8BM%96%BE&blog_id=2&IncludeBlogs=2

【12月8日(土) 「2013年」世界はどう変化するのか 三橋貴明講演会&三橋貴明・さかき漣サイン会】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#Obihiro

【2013年1月11日 江別商工会議所 新春経済講演会】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#Ebetsu

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

藤井聡京都大学教授 平成24年度総選挙に向けてのFacebook発信記録
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/general-election
是清プロジェクト開催中!(場所が変わりました)
https://m-keizaijuku.com/event
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 今週末は神田神保町、北海道帯広市と、二日続けて講演会サイン会があります(詳細は上記)。よろしくお願いいたします。


 本日、13時からテレビ愛知の「山浦ひさしのトコトン1スタ」に出演いたします。
http://www.tv-aichi.co.jp/tokoton/  


 明日12月4日は、いよいよ衆議院総選挙の公示日です。始まります。


 本日のタイトルは、お久しぶりです。ラッパーのshow-k様が作詞された「安倍 & 自民党 応援ソング《愛国ラッパー show-k - 安倍しかねぇ》 @showk_rozyo」の一節になります。


【安倍 & 自民党 応援ソング《愛国ラッパー show-k - 安倍しかねぇ》 @showk_rozyo】

https://www.youtube.com/watch?v=ft8ECVv80Es


 show-k様、ありがとうございます。


 ところで、安倍総裁と言えば、2012年11月30日の党首討論会で、以下のようなやり取りがありました。(日本記者クラブ主催の討論会)


朝日新聞記者(星)「1点は6年前に安倍政権が発足した時にですね、安倍さんは持論である靖国参拝を一時封印されて、中国との関係を進めました。戦略的互恵関係でありましたが、その対応についてですね、今後は靖国神社に必ず参拝すると言われておりますので、6年前のそのような対応は誤りだったのかどうだったのか、その問題が1点。もう1つは、従軍慰安婦問題についての河野談話の見直しを掲げられておりますが、この問題は法律事項でもありませんので、やろうと思えば政権発足のすぐにでも内閣の閣議で、ある程度の了解を取れば出来るわけですが、河野談話の見直しのスケジュールについてはどのようにお考えでしょうか?」


安倍総裁「「まず靖国神社参拝についてでありますが、国のために命を懸けた英霊に対して、尊崇の念を表していく、これはどの国も、どの国のリーダーも厳粛に行っていることであります。そのことについて、外国の人達からクレームをつけられる言われは私はないんだろうと思います。靖国神社は間違いなく、日本の国土の中にあります。総理大臣が、いけない場所があっていいのかどうか、海外の指導者から「そこに行くな」と言われてそれに従って良いのかどうかということについても、これも考えてみる必要があるんだろうと思いますね。そして、私は、行くか行かないかについては、前回総理大臣に就任した時にも、いたずらに外交問題として、これに火をつけたくないということで申し上げてきました。今も、先般の総裁選挙でも、そう申し上げてきたはずです。そして前回任期中に参拝出来なかったことは痛恨の極みであった、ということを申し上げた。これが今、申し上げることの出来るすべてであります。
 河野談話についてはですね、これは閣議決定されたものではありません。安倍政権において「それを証明する事実はなかった」ということは閣議決定しています。そもそも、朝日新聞の、星さんの朝日新聞の誤報による、、吉田清治という、まあ詐欺師のような男が作った本が、まるで事実かのように、これは日本中に伝わっていったことで、この問題がどんどん大きくなっていきました。その中で、果たして人を人攫いのように連れてきた事実があったかどうかという事については、それは証明されていないということを閣議決定しています。ただそのことが内外にしっかりと伝わっていないということをどう対応していくか。ただこれも対応の仕方によっては、真実如何とは別に、残念ながら外交問題になってしまうんですよ。ですから新聞社の皆さんにも、そこは慎重になってもらいたいと思いますよ。そこで我々はどうこれを知らしめていくかということについては、有識者の皆様に知恵も借りながら考えていくべきだろうと思っています」


 まさに、「いわゆる」従軍慰安婦問題でっちあげの決定的な切っ掛けになった吉田清治の名前を出し、堂々と「詐欺師(事実です)」と断定する日本国内閣総理大臣候補を、現在のわたくし達は抱いているわけです。


 予想していましたが、上記の安倍総裁の発言について、日本のマスコミはこぞって「封印」しております。それに対し、当の韓国の朝鮮日報が「普通に」報じるという異常事態です。


慰安婦:安倍・自民党総裁「強制動員はでっち上げ」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/01/2012120100470.html
 日本の次期首相の座に就くことが有力視されている自民党の安倍晋三総裁が先月30日、日本記者クラブの主催で行われた党首討論会で「日本軍による慰安婦の強制動員はでっち上げだ」と改めて主張した。
 安倍総裁は「詐話師が書いた(慰安婦の強制動員に関する)本について日本メディアが報道したことで、強制動員が事実であるかのように広まってしまった。強制動員を証明する証拠がないということは(2006-07年の)安倍内閣の下で閣議により議決されたが、これが国内外に十分に伝わらなかった」と主張した。その上で安倍総裁は「日本メディアは事実をそのまま報じるべきだ」と述べた。
 安倍総裁はまた、日本政府が1993年、従軍慰安婦の強制動員を認め謝罪した「河野談話」についても「閣議での決議を経ていない」という点を強調した。
 安倍総裁は首相在任中の2007年、従軍慰安婦の強制動員をめぐる国会議員の質問に対し「政府が発見した資料では、軍や官憲が強制連行を直接指示する内容の記述は見付からなかった」と答弁した。一方、安倍総裁はA級戦犯が合祀された靖国神社への参拝をめぐり「首相在任中に参拝しなかったことは本当に後悔している」と主張している。』


 今さらですが、「いわゆる」従軍慰安婦問題は、朝日新聞が「でっち上げ」、吉田清治という稀代の詐欺師が自著「朝鮮人慰安婦と日本人」や「私の戦争犯罪」で、
「第二次世界大戦中に、日本軍人が朝鮮の女性を強制連行し慰安婦にした」
 という嘘八百の証言をした結果、話が大きくなったものです。


 その後、日韓両国の学者たちが懸命に探し回ったにも関わらず、慰安婦の強制連行の証拠はついに一つも見つかりませんでした。すなわち、「いわゆる」従軍慰安婦問題は、「いわゆる」南京大虐殺問題と同様に、日本国を貶める特定のアジア諸国のプロパガンダに過ぎないのです。


 それにも関わらず、彼らは、
「慰安婦の強制連行がなかったというのであれば、それを証明しろ!」
 と、悪魔の証明(悪魔がいないことを証明しろ!)を求めてきています。この時点で、彼らは「嘘つき」「詐欺師」であり、特に日本人の連中は明らかな「売国奴」なのです。


 朝日新聞に代表される「売国奴」については、これはもう一切の容赦はいりません。冷徹に「事実」を突きつけ、これまでの捏造報道を謝罪、訂正させなければ、わたくし達の先祖の名誉は回復されず、同時に将来世代に致命傷となり得る禍根を残すことになりかねません。


 とはいえ、安倍元総理が再び自民党総裁になられる前は、「いわゆる」従軍慰安婦問題について「事実に基づき」堂々と否定する総理大臣候補は出現しませんでした。この一点だけにおいても、わたくし達は次の宰相として安倍晋三自民党総裁を押し上げなければならないと信じます。


中央道トンネル崩落:複数遺体確認 少なくとも6人現場に
http://mainichi.jp/select/news/20121203k0000m040068000c.html
 2日午前8時ごろ、山梨県大月市笹子(ささご)町の中央自動車道・笹子トンネル(全長約4.7キロ)内で、コンクリート製の天井板が110メートルにわたり崩落し、少なくとも車3台が巻き込まれた。県警や消防によると、現場で複数の遺体を確認。3台には少なくとも6人が取り残されていたとみられ、救出作業を急いでいる。天井板を支える鋼材の劣化などで事故が起きた可能性もあり、県警は業務上過失傷害容疑などで調べる。(後略)』


 痛ましい事故が起きました。


 日本では「まだ起きない」と(根拠なく)信じていたインフラ崩壊、トンネルの崩落が発生してしまいました。次なる「インフラ崩壊」がいつ、どこで起きるのか、現時点では誰も分かりません。


 日本国のインフラは高度成長期にその多くが作られました。インフラとは、一度建設したからといって、無限に使えるわけではありません。コンクリートの劣化や鋼材の腐食により、建設後五十年が経過したら、大々的なメンテナンスをしなければ使用不可能になります。


 無論、建設後五十年は安全かといえば、そんなことは有りません。実際、笹子トンネルの完成は1975年でした。建造後わずか37年で、笹子トンネルは人命に関わる崩落を起こしてしまったのです。


 次なる総選挙において、国土強靭化、耐震、防災、公共インフラのメンテナンスのために大々的に公共投資を実施すると公約に掲げているのは、今のところ自由民主党だけです。


 こんな状況にありながら、自民党以外の政党を選択しようとする人の気持ちは、わたくしには全く理解できないのです。無論、別に自民党が完全無欠というわけではありません。とはいえ、何度も書いているように選挙とは「相対的」に選ばなければなりません


 最も素晴らしい政党や政治家を選ぶのではなく、最も「マシ」な政党、政治家に投票するのが選挙なのです。さらに言えば、今回の安倍総裁率いる自由民主党は、これまでの自民党と比べてさえ「最もマシ」だと思うわけですが、いかがでございましょうか。


「相対的に見れば、どう考えても自由民主党が一番マシだろ」にご賛同下さる方は、
このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。