株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 チャンネルAJER更新しました。
『レントシーキング①』三橋貴明 AJER2012.9.11(4)
http://www.youtube.com/watch?v=IlIbmHwPEfA

『レントシーキング②』三橋貴明 AJER2012.9.11(5)

http://www.youtube.com/watch?v=SNE_s4_UpxA
 さて、「始めましょう」。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

9月19日(水)に名古屋で行われるシンポジウム「ICTでイノベーションを起こす!」 (主催:名古屋青年会議所)にパネリストとして参加致します。
http://www.nagoyajc.or.jp/62nendo/jigyou/index_9.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 今週の水曜日は、名古屋で青年会議所主催で行われるシンポジウム「ICTでイノベーションを起こす!」 (主催:名古屋青年会議所)にパネリストとして参加致します。
http://www.nagoyajc.or.jp/62nendo/jigyou/index_9.html

 名古屋近辺の皆様、是非、お越しくださいませ。


 【大拡散依頼! 安倍元総理に支持を!!維新の会とは一線を画させます】
http://www.youtube.com/watch?v=1p3AR6GF81w
 
 上記のビデオレターのポイントは、
(1)維新の会との連携はあり得ない。
(2)構造改革とは決別(マスコミに騙されるな)
 の二つになります。


 チャンネル桜「【自民党総裁選】安倍晋三出陣!次の日本へ[桜H24/9/14] 」が掲載されました。
http://www.youtube.com/watch?v=N3tKl6wk6RQ


 デフレ脱却のために日銀の金融政策等、政府の政策総動員、公共投資の実施、海洋資源等「フロンティア」の開拓によるイノベーション実現、河野談話を見直す「談話」、憲法改正(当初は第96条)、日本維新の会との関係。安倍総理の「ここが分からない」という方は、是非、ご覧くださいませ。(特に「維新との関係」云々)


 現在、自民党総裁選挙は国会議員票では安倍晋三元総理がリードしている状況にあります(これは予想通り)。


総裁選議員票は安倍氏リード 石原氏が猛追、序盤情勢
http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012091601001715.html
 共同通信社は16日、自民党総裁選で国会議員199人の序盤の支持動向をまとめた。安倍晋三元首相(57)が40人台後半の支持を得て他候補をリード。石原伸晃幹事長(55)が40人台前半で猛追している。石破茂前政調会長(55)と町村信孝元外相(67)はそれぞれ30人台前半。林芳正政調会長代理(51)は20人台前半とやや苦戦している。
 ただ、谷垣禎一総裁を支持してきたグループやベテランや若手に態度を決めていない議員が約20人いる。現時点の支持を変更する議員もいるとみられ、情勢が変わる可能性もある。』


 谷垣総裁を支持されていた方々が「石原伸晃幹事長」を支持することは考えられませんし、石破茂前政調会長は元々、自民党内の人気が高いわけではないため、このまま投票日を迎えれば、議員票では安倍総理がトップに立つと思います。特に、石原幹事長が、尖閣諸島の国有化に関連し、
「領有権を主張する中国側が攻め込んでくるのでは」
 と問われたのに対し、
「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」
 と、安全保障の感覚が欠如しているとしか思えない発言をし(中国が尖閣に来るのは、別に人殺しをしたいためではなく、海底資源が欲しいためでしょうに・・・)、福島第1原発のことを、
「福島第1サティアン」
 と呼称してしまうなど失言を連発し、散々に「自分に」ミソをつけてしまっている以上、議員票で安倍総理を上回る候補者は出てこないでしょう。となると、地方票の行方が極めて重要になります。安倍総理が地方票をある程度獲得し、最低でも二位となり、決選投票にもつれ込めば、「安倍晋三総裁」誕生の可能性は極めて高くなります。決選投票になれば、さすがに町村派も安倍総理に投票することになるでしょう。


 その地方票ですが、長野の街頭演説会の状況などを見る限り、安倍総理への期待は相当に高そうです。「地方経済活性化のための公共投資」と、ずばり発言しているのが唯一、安倍総理のみである以上、当然だと思いますが。


 とはいえ、これまた予想通りマスコミではいや~な動きが出てきております。


トップは石破氏32% 自民総裁選で共同通信党員調査
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201209160098.html


石破氏80%支持、自民総裁選で街頭アンケート
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120916-OHT1T00041.htm


有馬氏が斬る!進次郎氏、意中の候補は石破氏
http://www.sanspo.com/geino/news/20120915/pol12091505040003-n1.html
 総裁選を動かすのはこの男だ。サンケイスポーツコラムでもおなじみの政治評論家・有馬晴海氏(54)は14日、5氏が立候補した自民党総裁選告示を受け、選挙戦のキーマンに小泉進次郎衆院議員(31)=自民党青年局長=を挙げた。有馬氏によると、300票ある地方票の動向は、小泉氏によって大きく左右するという。つまり小泉氏は誰を支持するのか。有馬氏は「現状で石破茂前政調会長」と予測した。(中略)
 私、有馬晴海は現段階で小泉氏の「意中の人」を石破茂氏とみている。小泉氏は外交問題で石破茂氏に教えを受け、地方遊説をコツコツ進めてきた姿勢も石破氏に近い。いわば“師匠”のような存在だ。(後略)』


 小泉進次郎衆議院議員は、アメリカで新自由主義的経済政策を推進するCSIS(戦略国際問題研究所)の研究員でした。CSISでは石破茂前政調会長も講演をしております(他には民主党の前原議員や長島議員も登壇しています)ので、何となく「そっち系」のメディア(代表:日経新聞)は総裁選挙で石破前税調会長を推したいのではないのかなあ・・・、という推測が成り立つわけです(あくまで「推測」でしかありませんが)。


 いずれにせよ、総裁選挙の事前予測ほど当てにならないものはありません。何しろ、福田元首相が圧倒的な優位に立っていると報道された07年総裁選挙において、劣勢が予想されていた麻生元首相は、党員投票が行われた都道府県の総計で25万3692票(得票率50.3%)の党員票を獲得しました。それに対し、福田元首相は25万0613票(49.7%)で、麻生元首相は「圧倒的劣勢」を報じられる中において、党員の投票の過半数を獲得したのです。(このときの総裁選挙で、いかにメディアが「非道」を行ったかは、海竜社「真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪― 」をお読みくださいませ)


 とはいえ、メディアが「石破優位!」を繰り返し報道することで、議員や党員、県連が勝ち馬に乗ろうとするバンドワゴン効果(こちらも「真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪― 」で取り上げています)が働くかも知れません。メディアに注視しつつ、「正しい国家観」をお持ちで、かつ「正しいデフレ対策」を訴えていらっしゃる安倍総理を支持する声を高める必要があります。


中国85都市で反日デモ 野田首相、邦人保護を指示
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201209170065.html
 日本政府が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を国有化したことに抗議する反日デモが16日、北京や上海、広東省広州、深センなど少なくとも85都市であった。15日に参加者が暴徒化した北京や湖南省長沙では、当局が警備態勢を格段に増強してデモ隊の暴走を抑え込んだが、広州では日本総領事館が入居する施設への投石などの破壊行為も起きた。(後略)』


 尖閣諸島の国有化問題に関連し、中国で反日暴動(デモ、ではないです)が相次いでいます。09年(だと思います)に、わたくしが安倍総理に初めてお会いしたときのことを思い出します。(ちなみに、このときに初めてわたくしは麻生総理と携帯電話でお話しさせて頂きました)


 総理があのとき、
「中国は常に10を要求してくるが、そのうち2、3を取れれば良しと考えている。ところが、我が国の外務省は中国が10を要求すると、慌てふためいて10について何とかしようと四苦八苦する。これでは、まともな外交などできない」
 と仰ったことを強烈に覚えております。


 中国にせよ、韓国にせよ、日本にとっては外の国すなわち「外国」です。外国は日本とは価値観が異なり、こちらの感覚とはかけ離れた行動や発言を平気でしてくるため、日本側は呆気にとられます。それでも、日本国の国益のための対応を積み重ねなければいけないのが、まさに外交なのです。


 日本国民からは異様に見える、中国や韓国の傍若無人なやり方こそが、むしろグローバル・スタンダードです。我々とは価値観が異なる連中といかに渡り合い、日本国の国益を守るのか。


 それを考えたとき、最も役に立つのは「経験」だと思うわけですが、いかがでございましょうか。
 というわけで、外交という「異なる価値観を持つ人々との交渉」を考えても、現在の日本にとって最も相応しい宰相は「安倍晋三」であると確信しているわけでございます。


「外交面でも安倍総理が最良の選択!」にご賛同下さる方は、

↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。