欺瞞 ギリシャ危機編

テーマ:

まぐまぐ株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

--------------

三橋貴明の新刊、続々登場!
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【三橋貴明の経済動向塾(日本経営合理化協会主催)】

上記からパンフレットをダウンロードしてください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました。

『2極化する世界(後編)③』三橋貴明  AJER2012.1.24(1)

『2極化する世界(後編)④』三橋貴明  AJER2012.1.24(2)
前回に引き続き、2極化する世界について語っています。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 三橋貴明後援会の「新年会」が2月18日(土)に開催されます。当日は、三橋経済塾(第九回)の日でもあるため、経済塾の懇親会と新年会を兼ねているわけでございます。

 詳しくは、後援会会員の皆様宛に送信されたメールをご覧ください。


彩図社の「ユーロ崩壊!」amazon予約開始しました!
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


 昨日の福島の講演にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。お菓子を下さった方、美味しく頂戴しております。


 本日はまたまたテレビ朝日「TVタックル」の収録です。放映は来週月曜日の予定になっています。

 夕刊フジの短期集中連載が完結しました(オンライン版最終回は明日掲載です)。最近、政治家さんが消費税増税に反対する際に、
名目GDPが成長しない状況で、増税は有り得ない。税収が減るだろう
 といったフレーズを使う方が多くなっていらっしゃいますが、本当に今回の増税騒ぎのポイントは「政府が増収にならない」というところに尽きると思います。政府が増収にならなければ、社会保障も維持が厳しくなります。


 結局、何のための増税なんだよ、という話になります。夕刊フジの連載は完結しましたが、まだまだ反増税キャンペーンを続けたいです。


『【増税のウソ】第四回 野田が突き進む財政再建“真ギャクの道”
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120203/plt1202030859003-n1.htm
 さて、財政再建の達成とは「政府の負債対GDP比率の改善」という定義になるわけだが、野田政権は「増税による政府の負債対GDP比率の悪化」という、真逆の道を突き進んでいる。日本の政府の負債対GDP比率を改善するには、デフレから脱却し、名目GDPを成長させるしかない。デフレ期の増税は、無論、名目GDPの成長を抑制する。
 デフレ期の増税は税の種類と関係なく問題だが、特にまずいのが消費税の増税だ。何しろ、消費税にはスタビライザー(安定化装置)としての機能がほとんどない。日本の法人税や所得税は、名目GDPの動き「以上」に激しく変動する=図参照。すなわち、景気が悪くなった場合には一気に税収が減り、逆に景気が良くなれば大きく増えるのだ。
 「だから何だ」と言いたいかもしれないが、これは所得税や法人税が、景気悪化時に「民間の負担を緩和させる」機能を果たしていることを意味している。
 例えば、赤字になった企業は法人税をほとんど払わなくて済むが、言い方を変えると「赤字企業は法人税支払いの負担から解放される」ということでもある。法人税の負担を免除された赤字企業は、景気回復による黒字化までの時間を稼ぐことができる。
 決算が赤字になったにも関わらず、法人税を黒字期同様に払わされると、企業は耐えられず、倒産するかもしれない。
 また、失業者は所得税の支払い負担から解放される。このように法人税や所得税は、景気低迷時に企業や家計の負担を軽くする、スタビライザーとしての機能を持っているのだ。
 ところが、消費税にはそれがない。図の通り、消費税はGDPの増減、すなわち景気の変動にほとんど左右されない安定財源だ。「安定財源」と書けば聞こえはいいが、別の言い方をすると、赤字企業や失業者も容赦なく支払いを求められる税金なのである。
 すなわち、消費税は所得税や法人税以上に「弱者」を直撃する税なのだ。デフレ不況が深刻化する中において、赤字企業や失業者からも消費税は徴収され、彼らの「復帰」を妨げる。
 消費税が「安定財源」であるという事実は「不景気でも民間の税負担が重い」ことを意味しているのだ。野田政権はデフレが深刻化しているなか、よりにもよって「不景気でも税負担が重い」消費税を上げようとしているのである。増税はデフレを深刻化させる効果があるが、なかでも消費税が最悪だ
 現時点の消費税増税は、日本のデフレ脱却の足かせになり、名目GDPの成長を妨げ、税収を減らし、わが国をさらなる財政悪化へと導くことになる。』


 さて、ギリシャ危機に絡み、EU諸国(特にドイツやフランスの政府)は、日本の財務省に匹敵するような「欺瞞」を用い、何とかソフトランディングを狙っています。最も分かりやすい欺瞞は、
「ギリシャ債を持つ外国の銀行が、政府の命令で、30年(しかも金利が超安い)に無理やりロールオーバーさせられる。実質的な損失は、50%を上回る」 
 状況であるにも関わらず、EU諸国は、
あ、これ、デフォルトじゃないからね
 と言い続けている点です。誰がどう考えても、ギリシャのデフォルト(債務不履行)でしょう。


 とはいえ、ギリシャがデフォルトと認定されると、ギリシャ債のCDSという爆弾が破裂するため、リーマンを超える金融パニックになる可能性があります。と言うわけで、独仏などの政権担当者は、
俺たちが無理やり命じて自発的に銀行がロールオーバーに応じただけで、デフォルトじゃないからね」
 と言い張らざるを得ないわけです。


 上記のようなユーロの「欺瞞」は、日本の新聞には全く載りません。が、別に三橋のみが「欺瞞」と言っているわけではありません。


【コラム】欧州危機に関する10の疑問
http://jp.wsj.com/World/Europe/node_385542
 筆者は大バカであるに違いない。 というのも、欧州危機をもう2年間も見続けてきたが、どうなっているのかさっぱりわからないからだ。
 当初は、その実態がすぐに明らかになるだろうと思っていたが、そうはいかなかった。ますますわけがわからなくなっている。
 そう思っているのは筆者だけなのか。困惑しているのは私だけで、他のみんなはちゃんと理解しているのだろうか。
 以下は筆者が抱えている疑問である。(後略) 』


 上記コラムは、当ブログユーザー様にとっては極めて面白いので、是非お読みいただきたいのですが、ブレット・アレンズ氏が抱いている疑問(10)をざっとまとめると、以下になります。(三橋式にアレンジ)


1)ギリシャ債を持っている銀行が30年債に交換させられ、その利率が3.5%ってマジ?オーストラリアやニュージーランドの30年債より金利が安いじゃん!
2)ギリシャは3.5%の30年債発行できるのに、なぜアイルランドはデフォルトを許されず、7.2%の金利を払っているの?
3)EU首脳部はなぜ、ギリシャ問題を初期段階で処理しなかったの。
4)EUはギリシャのデフォルトを防ごうと2年間やってきたけど、、デフォルトに陥ろうとしているのはなぜ
5)ギリシャなどPIGS諸国に景気を冷やす財政規律を設けることが、なぜ回復を手助けすることになるの?どう考えても、PIGS諸国の景気を悪化させて、財政も悪化してしまうでしょ
6)ギリシャ債を持つ銀行は「自主的に」ヘアカットに応じるそうだけど、それと「脅迫的に」とは、何が違うの?
7)なぜ、ギリシャはドラクマに戻らないの? そちらの方が、回復は絶対に早まるのに
)本当はフランスやドイツの銀行を救いたいのに、「ギリシャ救済」と言っているのはなぜ?
9)そもそも、今回責任を取るべきは、ギリシャに無責任に金を貸した独仏の銀行じゃないの?
10)CDSを恐れて「ギリシャはデフォルトしていない」とやることは、CDS保有者(プレミアムを払っている人)に対する窃盗行為なんじゃないの?


 いやあ、お見事です。独仏両国の政府が現実に実行している「欺瞞」を、皮肉たっぷりに批判しています。
 特に、9)については、以前からわたくしも疑問に思っていました。アイルランドの不動産バブルに金を出したのは、独仏の銀行なのに、なぜかバブル崩壊後に「アイルランド国民」が責任を取らされています
 
 それにしても、欺瞞を撒き散らしておかしな政策を推進するというのは、欧州も(恐らく世界中が)同じなんですね。
 とりあえず日本は、国民経済さらには「世界経済」のためにも、現在の財務省の欺瞞を何とかしなければなりません


財務省の「欺瞞」に満ちた消費税増税絶対反対!にご賛同下さる方は

↓このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!
 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。