三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明後援会ホームページの「三橋通信 」で、三橋の日々の活動内容をご紹介しています。
株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから」

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

--------------

三橋貴明の新刊、続々登場!

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

11月7日『「日本経済ダメ論」のウソ』(イースト・プレス)出版記念 三橋貴明さん×上念司さんトーク&サイン会

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

西田昌司 第二回東京政経セミナー  講師:西田昌司(参議院議員) × 藤井聡(京都大学)
日時:11月7日(月) 午後6時~7時半
場所:憲政記念館 
http://www.tokyoguide.net/spot/189/map/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

11月08日 「2012年、激動の世界と日本」  講師 三橋貴明

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

11月10日【平成23年度 名城大学都市情報学部 公開講座 第二回「東日本大震災を考える」 】

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

11月20日「【護国ゼミナール】のお知らせ」船田元 氏・三橋貴明 氏 トークセッション 演題:「これからの日本を考える」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

11月24日 国家ビジョン研究会主催シンポジウム 『日本再生のカギは日銀法改正にあり~日銀の金融政策に疑義~  安倍晋三元総理にもご登壇いただきます!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 青春出版社から新刊「増税のウソ」が発売になりました。


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


 本日は「TPP絶対阻止!国会大包囲!国民行動 」が13時から開催されます。集合場所は第二議員会館前です。その後、国会周辺・議員会館前・首相官邸前等での抗議行動を開催致します。(主催: 頑張れ日本!全国行動委員会 草莽全国地方議員の会 チャンネル桜ニ千人委員会有志の会)
http://www.ch-sakura.jp/events.html
 わたくしは、熊本で地方議員の方々をお相手に講演(無論、テーマはTPP)で参加できないのですが、本エントリーをご覧になられている読者の皆様。お時間がある方は、是非、わたくしの代わりに国会を包囲してくださいませ


 昨日はTOKYO MXでTPPをテーマに「全て喋ってしまいました」。いかがでしたでしょうか。
 何だかんだと忙しくてご紹介を忘れていましたが、SAPIO2011年11月16日号に「超デフレのいまこそバンバン道路を造れ 日本の公共投資は世界の景気回復をリードする」を寄稿しました。さらに、ジャパニズム04に「台風大被害はなぜ起きたか? 民主党よ!「コンクリートから人へ」などという空念仏は直ちに止めよ」を寄稿しました。


  中野剛志氏のテレビ出演予定です。


4日(金)「NEWSアンサー」(テレビ東京)VTR 16:50
5日「報道特集」(TBS)VTR 17:30


 実は、わたくしにも超有名番組から打診が来ていますが(例により、最終的にどうなるかは分かりません)、どうもテレビマスコミ側も「これ、やばいんじゃ?」と思い始めた節があります。何しろ、推進派側が「精神論」しか口にしませんし、米韓FTAという毒素条項がふんだんに盛り込まれた「悪しき前例」がお隣にあるわけです。


 特に、TPP推進派が、
「バスに乗り遅れるな!」
「日本の農業は世界に打って出るべきだ!」
 などと精神論を振りかざすのは、気持ちが悪くて仕方がありません。なぜならば、戦前に国民を戦争に煽り立てた新聞や軍部の論調と全く同じだからです。(ちなみに「バスに乗り遅れるな」は、日独伊三国同盟への参加を煽ったときのフレーズ)


 本音で書くと、
「時代錯誤なんだよ、お前ら(推進派)。主張するなら、精神論やイメージ論ではなく、数字と事実で語れよ!

 てなもんです。


 またまた、今や「偏向新聞」と呼んだ方が相応しくなってしまった産経新聞のミスリード記事。


離党辞さず TPP交渉参加問題で慎重派代表の山田氏

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111103/stt11110322530000-n1.htm
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題で、民主党内の慎重派の急先(せん)鋒(ぽう)である山田正彦元農林水産相は3日のテレビ番組で離党も辞さない考えを示した。12日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が迫る中、交渉参加方針の野田佳彦首相を牽制する狙いがある。もっとも、同調者はいまのところ少ないうえ、山田氏本人も離党には消極的だったため、首相や党執行部を追い詰めるまでにはいっていない。(坂本一之)
 「私自身も覚悟しています」
 山田氏はBS朝日の番組で、こう決意を示した。番組収録後には、記者団から交渉参加方針の政府や党執行部側と妥協が成立するか問われると、「ありません」とまで言い切った
 もともと山田氏は自由貿易には賛成で、TPPについては「ルールの実態が分からない」との理由で首相に判断の先送りを求めてきた。それが「TPPを慎重に考える会」の会長に就くと、党内の慎重派の頭目のようになった。民主、社民、国民新3党の議員200人近くが交渉参加反対の署名に応じたとしている。
 山田氏に離党届を預けた若手議員もいる。党内には「山田氏は慎重派に囲まれるうちに徐々に柔軟に動けなくなった」と同情的にみる議員もいる
 もっとも、毎日開催される「慎重に考える会」には多くても50人程度しか集まらない。「選挙区の農業団体から圧力をかけられて反対のポーズをとるだけの議員もいる」(民主党若手議員)ためで、メディアの前で積極的に訴えるのは一部の議員というのが現状だ。
 このため山田氏としても、否定的だった「離党カード」までちらつかせざるを得ないというのが実情だ。』


 何と言うか、言葉の使い方にいちいち「悪意」が感じられる記事です。(同調者はいまのところ少ない、慎重派の頭目、柔軟に動けなくなった、反対のポーズをとる、などなど)


 上記の「山田氏がTPP反対派に祭り上げられ、引くに引けなくなってしまった」という論調は、完全に「ウソ」です。なぜならば、わたくしは今年の3月3日(「TPPを慎重に考える会」結成直後)に山田元農相とO社のTPPイベントでご一緒したことがあるのですが、その時点から熱烈な反TPP派だったためです。正直、当時からわたくしなどよりもはるかに猛烈に、真剣に、TPPに反対していらっしゃいました。


 産経は山田氏に「引くに引けない、気の毒な人」という印象を与え、慎重派の勢いを削ぎたいのでしょうが、恥ずかしくないのでしょうか? 本ブログのユーザーにも、産経新聞の記者が沢山いるでしょう。あなた方、自分たちが「社会の木鐸」であると、あるいは日本国家の「言論の自由」の守り手であると、日本国民に対して断言できますか?


ギリシャ国民投票、回避へ=政権内から反対噴出-ユーロ圏は「融資棚上げ」と圧力
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a5%ae%a5%ea%a5%b7%a5%e3&k=201111/2011110400010
 欧州連合(EU)のユーロ圏諸国が先週の首脳会議で合意した債務・金融危機対策の「包括戦略」をめぐり、賛否を問う国民投票の実施を表明していたギリシャのパパンドレウ首相は3日、投票回避に向けて最大野党との調整に入った。世界経済を混乱させた突然の提案は、ユーロ圏から一斉に批判を浴びたほか、政権内でも反対論が噴出し、一転して撤回される見通しとなった。
 首相は3日の緊急閣議で、最大野党の新民主主義党が包括戦略を受け入れる意向を示したと説明。「国民投票自体は目的ではない。ユーロ圏合意をどうやって実行するかが重要だ」と述べた。
 一方、ファンロンパイEU大統領は同日、「(ギリシャの)国民投票というアイデアは現実的ではなくなったようだ」との認識を示した。
 これに先立つ2日、フランスのサルコジ大統領らEU首脳は同国南部のカンヌでパパンドレウ首相と緊急会合。EU側は、ギリシャが国民投票によってユーロ圏離脱に追い込まれる危険をちらつかせつつ、今月中旬にユーロ圏と国際通貨基金(IMF)が予定していた80億ユーロ(約8600億円)の融資について、同国が包括戦略を受諾するまで棚上げにすると圧力をかけた。
 野党側は同戦略を支持する半面、総選挙の早期実施や首相の退陣を要求。首相は与野党合意を目指すとしつつ、早期選挙には慎重姿勢を崩しておらず、協議の行方は予断を許さない。』


 ギリシャのパパンドレウ首相が国民投票を撤回し、ドタバタとしております。何しろ、ユーロ側はギリシャは国民投票によりユーロ離脱に追い込まれ、IMFとEUの融資も提供されないと脅しをかけたのです。


 とはいえ、ギリシャ情勢が落ち着いたわけでも何でもなく、今度はパパンドレウ首相が自分の地位と引き換えに、野党側に連立を求めています。本日、ギリシャ国会で信任投票が行われ、ここで野党側が協力してくれるのであれば、パパンドレウ首相は職を辞し、新たな連立政権が緊縮財政を実施するというわけです。


 いずれにせよ、ギリシャ政府は国民を苦しめる緊縮財政を実施するに際し、「国民的合意」を欲しがっているわけです。ある意味で、正しい民主主義です(国民投票はやりすぎだと思いますが)。


 国民に情報を開示せず、社会制度システムが劇的に変わってしまう協定について、一切の民主的プロセスを経ずに推進している、どこかの国のどこかの連中に比べると、ギリシャ政府ははるかにまともです。
 現在の日本は、本当に民主主義の危機なのです。


「民主主義の危機」にご賛同くださる方は

このリンクをクリックを
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!



日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!
 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。