三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明後援会ホームページの「三橋通信 」で、三橋の日々の活動内容をご紹介しています。
株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから」

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

--------------

三橋貴明の新刊、続々登場!

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました。

『繰り返す歴史(前編)①』三橋貴明 AJER2011.10.4(1)

『繰り返す歴史(前編)②』三橋貴明 AJER2011.10.4(2)
今週と来週は「繰り返す歴史」 歴史のお話です。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

10月31日(月)18:30から、赤坂シュビア・シーブルーで「『2012年』(徳間書店)出版記念パーティ」 を開催致します。(本イベントは後援会員、支援団体限定です)
参議院議員の西田昌司先生、京都大学の中野剛志准教授、経済評論家の上念司氏などなど、本ブログでお馴染みの方々と三橋貴明後援会員の皆様が楽しくお食事をし、お酒を飲める機会を作りたかったのでございます(ゲストはまだいらっしぃますが、おいおいご紹介いたします)。
申込は⇒こちらhttps://mitsuhashi-takaaki.jp/forms/party.php  からお願い致します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 昨日は「韓国人がタブーにする韓国経済の真実 」と「大マスコミ 疑惑の報道 」の二冊の増刷が決まりました! 「大マスコミ 疑惑の報道」はともかく、なぜ「韓国人がタブーにする韓国経済の真実」がこれほど売れるのでしょうか。りゆうがさっぱりわからないなあ(棒
 「韓国人が・・」が第四刷、「大マスコミ」が第三刷になります。ありがとうございます!


 昨日、TOKYO MXのゴールデンサミット(ゴールデンアワー内)に出演しました。


【写真 出演者の皆様と】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
 
 本ブログのユーザ様であれば、
「ええっ! これ喋っていいのっ!」
 というネタまで全部喋ってしまいました。別に、生放送だから喋ったわけではありません。色々と世の中が、変わりつつあるなあという話です。


 来月の10日の話ですが、名城大学(岐阜の可児キャンパス)で『平成23年度 名城大学都市情報学部 公開講座 第二回「東日本大震災を考える」 』が開催されます。木下栄蔵先生と、わたくしが講師として登場します。

【平成23年度 名城大学都市情報学部 公開講座 第二回「東日本大震災を考える」 】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_35.html#Nov10Meijo

 詳細は上記からPDFをダウンロードしてください。当日までトップの方に掲載しておきます。
 名古屋、岐阜方面の皆様、こぞってご参加下さいませ。


 内閣府のHPに、TPPやEPAに参加した場合としなかった場合のシミュレーション等をまとめた資料があります。


【EPAに関する各種試算
http://www.npu.go.jp/policy/policy08/pdf/20101027/siryou2.pdf


 上記の一番最後にマクロ経済分析のまとめが載っていますが、TPPに参加した場合は実質GDPが2.4兆円~3.2兆円増 とあり、参加しない場合は0.6兆円~0.7兆円減となっています。すなわち、参加した場合としない場合では、約4兆円のGDPの差が出るということです。


 が、ご存知の方はご存知でしょうが、上記の数値は「10年間の累積」です。それは試算を担当した川崎さん本人が自ら認めています。すなわち、一年にならすと最大で4000億円程度のGDPの差しか出ないという話です。日本のGDPと比べると、0.1%にも満たない誤差レベルの数値です。

 ところが、内閣府はこの「10年の累積で」という文言を、資料に入れていないのです。そのため、マスコミなどでは、
「TPPに入る場合と入らない場合では、内閣府の試算によると約四兆円のGDPの差が出る」
 といった報道のされ方をしています。
 そこまでやるか! という感じですが、「そこまでやるか!」といえば、この方(以下、情報提供:中野剛志氏)。 


TPP参加めぐり、JA関係者と意見交換 経団連会長
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111006/biz11100615450014-n1.htm
 米倉弘昌経団連会長は6日、札幌近郊の新篠津村でJA北海道中央会の関係者らと環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加をめぐり意見交換をした。
 「外需を内需に取り込むために日本も早く交渉に参加しなければならない」と強調した米倉会長に対し、JA北海道の飛田稔章会長は「関税が撤廃されたら大変なことになる」と参加に反対の立場を崩さず、双方の主張は平行線のままに終わった。
 このなかで米倉会長は「諸外国との経済連携を通じて、人口減少による需要の減に対応し外需を内需に取り込まないと日本の将来は描けない」と表明。TPPについて「早く交渉に参加して日本がどうしても譲れない例外項目を言わねばならない」と述べ、交渉入りがそのまま関税の即時撤廃につがなるわけではないと説明した。』


 何なんでしょう、この方は。何をそこまで必死になって、「高々」GDPを4000億円(日本のGDPの0.08程度)押上げるに過ぎないTPP推進に必死になっているのでしょうか。


 ここまで必死な動きをされると、何か「誰かに脅されているのかよ」とか、変なことを思ってしまうわけです。


 自民党の参議院議員、山田としお先生が、メルマガで中野さんとのメールのやり取りを公開していらっしゃったのですが、大変興味深かったため引用させて頂きます。


『「山田としお メールマガジン No.239」から引用(http://www.yamada-toshio.jp/index.php
(前略)私が、米国を訪ねてわかったのは、日本がTPP参加で大騒動していることと、米国がもっと冷静でいることとの違いでした。経済産業省と経団連等が極めて意識的にマスコミを使ったり、外国にまで言わせたりして、意図的に動いているということです。そのことをよく承知して、国民的な議論を進めなければなりません。

(中略) 

 1つは、アメリカは日本のTPP参加を期待していないこと米国では、TPPの政策位置は低いし、農産物は目一杯日本に買ってもらっている。これは、訪米で、何人からも言われました。
 2つは、日米首脳会談では、オバマ大統領は、TPPのことを口にしていないらしいこと。野田総理の方から、「しっかりと議論し、出来るだけ早期に結論を出したい旨伝えた」という一方的なものだったらしい。
 このことは、牛肉について、オバマ大統領が言及し、それに野田総理が答えて、「双方が受け入れ可能な解決に向け、協議を継続していくことを確認した」となっており、この返答をオバマ大統領が了としたという。
 このように、TPPと牛肉の書きぶりと扱いが異なることです。もしかすると、日米共に、牛肉問題を、TPPを先送りするために使うのではないのかと考えたりします。さっそく野田総理が帰国後、駐日米国大使のルース氏が、野田総理と鹿野大臣を訪ねて、牛肉輸入の扱いを申し入れたらしい。
 3つは、TPP参加問題は、日本側の自作自演ではないのかということ。確かに経済と雇用はオバマ大統領の大きな課題だが、むしろ、日本側の方が、沖縄の普天間での失敗を取り返し、尖閣諸島での中国との失敗を取り返すために、米国のご機嫌をとるための提案だったのではないのか。
 そこへ、産業空洞化ということで、言い訳を探し、TPPを見つけ、日本農業を攻撃する、それで責任を農業に転嫁するという謀略を誰かが絵を描き、場合によると、日米の官僚かOBとかが共同で策謀したものに、菅総理が「開国」で乗っかったということでないのか。
 4つは、この構図を野田総理は把握し、11月のTPP参加は念頭にないのではないのかということ。何故かというと、災害対策や原発問題もあり、国内での検討が全く遅れてきていることや、農産物の関税の論議以外の各種テーマ(金融、共済、投資、サービス、政府調達等々)の情報が一切表に出されておらず、検討のしようがないこと等がある。
 5つは、9カ国によるTPP全体の論議が遅れており、そう簡単に整理できる事情にないこと。
 ましてこれらに日本が入ったとなると、問題の複雑さ等からものすごい論議が起こり、時間もかかり、混乱を呼ぶ可能性が大きい。(後略)』


 結局のところ、TPPを推進したいのは「誰」なのでしょうか。明日に続きます。


 本日は、チャンネル桜の桜プロジェクトの「報道ワイド日本 Weekend」の収録&放映日です。生放送じゃないので、ちょっと気が楽です。

本日のエントリーを読み「興味深い」と思って頂けた方は、↓このリンクをクリックを。
新世紀のビッグブラザーへ blog


人気ブログランキングへ


【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!
 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。