恐慌の連鎖

テーマ:
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明後援会ホームページの「三橋通信 」で、三橋の日々の活動内容をご紹介しています。
株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから」

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

--------------

三橋貴明の新刊、続々登場!
 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました.

今週はアイルランドをメインに取り上げました。

『アイルランド問題①』三橋貴明 AJER2011.9.13(1)

『アイルランド問題②』三橋貴明 AJER2011.9.13(2)


9月1日に三冊同時刊行という無茶にチャレンジ致しました。皆さま、宜しくお願いいたします。


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba   三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


 昨日の本ブログのユニークユーザー数(PVじゃないです)が、PC、携帯を合わせて6万近くに達しました。一体、何事が・・・・。
 ちなみにUU数はPCのみで4万を超えました。UU数がPCのみで4万を超えたのは、2010年7月12日、すなわち選挙に負けた日(T T)以来です。


 わたくしがAmebaのPV数を気にしていないのは、ツールでPV数を増やすことができるためです。また、三橋の目的にとっては「何回見に来てもらったか?」ではなく、「何人に見に来てもらったか?」が重要になるわけです。というわけで、UU数しか見ていません。


 一応、二年後までにUU数で十万人という目標を立てて、毎日のブログを更新しているのですが、昨日は目標の六割に至ったということになります。Amebaのミスとかでなければ嬉しいのですが。


 ECB及びFRB、日本銀行がユーロ圏の銀行にドル資金を供給することが発表され、欧州の債務危機の懸念がやや和らいでいます。とはいえ、これは事実上の欧州のギブアップ宣言に等しいわけで、ユーロがドルに取って代わる云々という夢は、完全に終わりを告げたことになります。


 また、ECBのシュタルク理事が、昨日、辞意を表明しました。
 元々、シュタルク理事はECBによる国債の購入について、
金融政策と財政政策の境界を曖昧にする」 
 と、異議を唱えていたのですが、今回のドル資金調達の発表を受け、改めて辞意を表明したわけです。


 欧州に日米両国の中銀が協力することで、ようやく危機進行は止まったわけですが、何というか現在の状況は2007年夏から08年夏の時期とそっくりです。
 あの頃も、世界の中銀が協調して資金をジャブジャブと金融市場に供給し、そのたびに、
「もう大丈夫」
「もう危機は去った」
 と新聞が書き立て、抜本的な解決は全くできないまま08年9月15日(リーマンショック)を迎えました


 とはいえ、今回の三大中央銀行の協調により、少なくとも「応急処置」はできたため、今のうちに「落としどころ」を考える必要があります。少なくとも、以下のようなことを言っている限り、危機の抜本的な解決は夢のまた夢でしょう。


『2011年9月15日 日本経済新聞「「ギリシャは将来もユーロ圏」 独仏首脳、離脱を否定  ギリシャ首相「約束実行へあらゆる措置」」
 ドイツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領は14日夕(日本時間15日未明)、ギリシャのパパンドレウ首相と3者で電話会談し、「ギリシャは将来もユーロ圏にいると確信する」との考えを明言した。独仏はギリシャが約束した財政赤字の削減を堅持するよう強く要求し、ギリシャ首相も「必要な義務を完全に実行する」と約束した。
 3首脳の会談は独与党内でギリシャの国家破産や単一通貨ユーロを採用する通貨圏からの退出を巡る議論が白熱するなど、ギリシャ問題を巡り市場に動揺が広がる中で実施が決まった。
 独政府のザイバート報道官が発表した声明によると、独仏首脳は「7月21日のユーロ圏首脳会議の決定を完全に実行することが、ユーロ圏の安定を確保するために、何にもまして絶対に必要だ」と強調。域内国の首脳が国際通貨基金(IMF)も交えて合意した財政健全化計画を「厳格で有効に実施する」ことをギリシャに強く迫った。
 「これらは今後、金融支援の支払いの前提となる」とも指摘し、歳出削減や増税などの健全化策の実行が不十分なままでは合意済みの追加金融支援を実行できなくなるとの厳しい姿勢も示した。
 一方でメルケル、サルコジ両氏は、ギリシャのユーロ圏からの離脱を想定していないとの姿勢も明確にした。独DPA通信によるとギリシャ政府報道官は「ここ数日の噂に関連し、3首脳はギリシャがユーロ圏と不即不離の一部である点を強調した」と声明を出した。
 ギリシャのパパンドレウ首相は「与えられた約束を全面的に実行に移すため、あらゆる必要な措置にとりかかる」と強調した。経済環境の悪化などを背景に早くも財政赤字削減の目標達成が危ぶまれているギリシャとして、金融支援の前提条件を満たすために全力を挙げる姿勢を強調した。首相は「ギリシャ政府は完全に結束している」と強調した。 』


 一昨日のエントリー「通貨と国債http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11017453170.html  」に書いた独仏ギ三国の首脳による電話会談の結果、「ギリシャをユーロ圏に残したまま、危機を沈静化させる」という無茶な結論が出たようです。(わたくしは「いかに秩序だってギリシャをデフォルトさせるか」が決まるのかと思っていましたが、違いました)


 何というか、欧州の首脳たちが理解していないとしか思えないのは、
現在のギリシャがユーロ圏に残っている限り、緊縮財政を強行するとGDPが激減し、財政は却って悪化する
 という事実です。


 パパンドレウ首相が、
「(IMFからの)金融支援の前提条件を満たすために全力を挙げる!」
 とかやったところで、GDPが大きなマイナス成長になり続けるという厳しい現実は変わりません。


 ポイントなので繰り返しますが、現在のユーロ諸国はギリシャに対し、「財政赤字の削減を堅持せよ」「財政健全化計画を厳格で有効に実施せよ」と求めていますが、ギリシャ政府が言われるままに財政赤字を削減すると、GDPがマイナス成長になり(すでになっています)税収が減り、財政赤字が最終的には膨らんでしまうわけです。ギリシャは経常収支赤字国で、国内に過剰貯蓄があるわけではないため、ギリシャ債の金利はさらに上昇し、最終的にはデフォルトに追い込まれます。


 すなわち、むしろギリシャ政府がユーロ圏やIMFの言うことを無視し、財政出動によるプラス成長を目指した方が、実は財政か改善する可能性は高まるという皮肉な話です。

 それよりももっといい(というか、手っ取り早い)のは、ユーロ離脱でドラクマに戻ることなんですけどね。


 現在の世界で起きている現象は、「恐慌」の連鎖です。恐慌とは何かといえば、バブルなどが崩壊した結果、国内の民間のバランスシートの資産価格が暴落し、負債のみが残され、国民経済において「負債」と「投資」が激減する状況です。この「恐慌」に至ると、各国の政府は財政赤字を増やさざるを得なくなり、それが野党やマスコミ、それに格付け機関や国際金融市場(ユーロ圏の場合はユーロ諸国も)から盛大に批判され、政府が緊縮財政を採らされ、さらに国民経済の「負債」と「投資」が減っていくという悪循環に入ります。


【再掲:ギリシャの投資、投資以外のGDP(左軸、単位:十億ドル)、投資対GDP比率(右軸、単位:%)】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_35.html#Greece


 しかも、ユーロ諸国の場合はバブル膨張が「外国からの共通通貨建ての借り入れ」を原資にしていたため、問題解決は日米よりも困難です。と言うよりも、ほとんどユーロの場合は解決不能でしょう。


 というわけで、日本とアメリカが率先して正しいデフレ対策を実施する必要があります。さもなければ、現在、各国で「点」として発生している恐慌が、世界を覆いつくす状態、すなわち「大恐慌」に至りかねないのです。

日本が「正しいデフレ対策」を実施するためには、とりあえず総選挙実施だ、と思われた方は
↓このリンクをクリックを。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!
 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。