雷鳴

テーマ:

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明後援会ホームページの「三橋通信 」で、三橋の日々の活動内容をご紹介しています。
株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから」

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

--------------

三橋貴明の新刊、続々登場! 
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2011年8月22日 藤井聡、中野剛志、三橋貴明の三名が京都に集まり、トークセッションを開催致します。
【2011年8月22日 ふたば書房・主催 飛鳥新社・共催 トークショー「未来を変える 希望の政治へ」 】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_34.html#Aug22

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

NEW!チャンネルAJER更新しました.

日本復興と成長に向けて第9回 政府の支出について 』三橋貴明 AJER2011.8.2(1)

日本復興と成長に向けて第9回 政府の支出について 』三橋貴明 AJER2011.8.2(2)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2011年8月1日 麻生太郎政経セミナー 再生リスト

【参考】 2011年8月1日 麻生太郎政経セミナー 資料


【写真】藤井聡先生及びキャリアコンサルティングの室舘勲社長と
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
※2011年8月7日 しがくセミナーにて



 本日は、海竜社【世界でいちばん!日本経済の実力 】 http://www.amazon.co.jp/dp/4759311947  の発売日です。


 本書は、GDPやバランスシート、対外純資産、経常収支といった、新聞紙面で踊る割に良く分からない用語を分かりやすく解説し、それぞれの「関係性」を示し、
「なぜ、日本は財政破綻しないのか?」
「なぜ、日本の長期金利は(格付けが低い割に)世界最低なのか?」
「なぜ、日本でデフレが続いているのか? デフレから脱却するにはどうしたらいいのか?」
 といった問いに答えるものです。以前から要望が高かった、経済に馴染みがない方(特に女性)の、
「もっと分かりやすい、経済解説書を!」
 というリクエストにお答えするものです。何卒、よろしくお願い致します。


 あちこちで、雷鳴が轟き渡っています


世界株安の様相、米国債は上昇-米格下げで金は過去最高値
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=au6jUZ0j_5ng
 8日の金融市場では米国をはじめ世界的に株価が下落。S&P500種株価指数は2008年の弱気相場以降で最大の下げとなった。一方で米国債は上昇し、金は過去最高値を付けた。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による米国の格下げで、景気減速が悪化するとの懸念が深まった。ダウ工業株30種平均は632ドル安と急落。世界の株式市場では時価総額にして約2.5兆ドル(約194兆円)が消失した。 (後略)』


 S&Pの格下げにより、株式市場が崩壊状態に陥り、米国債の金利は「かえって下がる」という皮肉な状況に陥っています。少なくとも日本やアメリカのような国の場合、経済が不況になり、株価が下がると、資金は国債に流れます。結果、国債金利は下がってしまうわけですが、現行の格付けシステムは「不況やデフレ」による国債価格上昇(=国債金利低下)というファクターについても、織り込んでいるのか分からないのです。


 例えば、日本の格付けを行う際に「デフレ」を織り込めば、民間が資金需要不足に陥っており、国債にお金が流れやすくなっている(良いことじゃないですが)結果、日本国債の格付けはむしろ上昇するはずなのです。(この辺の仕組みについては、海竜社【世界でいちばん!日本経済の実力 】を是非)


 先日、チャンネル桜の番組で、
「アメリカ国債のデフォルトなど起こらない。むしろ、需要不足の中で政府までもが支出を拡大できなくなり、デフレが深刻化(アメリカの話)する方が怖いです」
 といった主旨の事を申し上げました。また、産経新聞の田村さんは、
「量的緩和第二弾の目的は、株価を押上げること。株価を上げ、国内の支出を拡大し、乗り切ろうとしていた
 と仰っていましたが、その株価が崩れ落ちようとしています。


 こんな状況で政府が必要な財政出動に踏み切ることができなくなると、アメリカは冗談でも何でもなく日本と同じ道を進むことになりかねません。何しろ、現在のアメリカでは、負債を堅調に増やしている経済主体が連邦政府しかないのです。


【アメリカの家計、非金融法人企業、政府の負債総額の推移(単位:十億ドル)】

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_34.html#Fusai


 上記の通り、QE2の最中にあってさえ、アメリカの家計は負債総額を減らし続けています(企業は辛うじて増えました)。09年以降、本格的に負債総額を増やしていたのは、連邦政府のみです


 この連邦政府の負債が増やしにくい状況に陥ってしまい、しかも株価が暴落しているわけです。こうなると、米国債の金利は下がり続け、地味~な経済成長路線を延々と続けるという、まさに日本の道を歩みかねないわけです。アメリカのデフォルトなどというファンタジックな妄想よりも、そっちの方がよほど怖いです。


野田財務相が辞任の意向 今日にも表明 代表選出馬へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110809/plc11080901390001-n1.htm
 野田佳彦財務相(54)は特例公債法案の成立直後に辞任する意向を固めた。複数の関係者が8日、明らかにした。野田氏はすでに次期民主党代表選に出馬する考えを固めており、9日昼に自らのグループ「花斉会」の緊急会合を開き、自らの考えを表明する見通し。震災復興や世界的金融不安への対応にあたり、野田氏の存在は内閣に不可欠となっており、辞任すれば菅直人首相はいよいよ窮地に追い込まれる。
 野田氏は10日発売の月刊誌「文芸春秋」に「私の政権構想」と題した論文を寄稿。「時機が来れば私は先頭に立つ覚悟だ」として財政規律の重要性を説き、外交・安保での日米同盟重視を打ち出している。
 野田氏は、8月下旬にも特例公債法案が成立すれば直後に財務相を辞任する考え。さらに首相の退陣表明を待った上で正式に政権構想を発表する構え。仙谷由人官房副長官らが支持するとみられ、代表選出馬に必要な衆参国会議員20人の推薦人は確保できる見通し。(後略)』


 現時点で菅直人氏を除けば「最も首相にしてはならない男」、野田財務相が代表戦出馬を理由に辞任する意向であるという報道が流れています。なぜ「最も首相にしてはならない男」なのかといえば、与謝野と並ぶ財務省の飼い犬だからです。


 恐らく、財務省は新聞やテレビを通じ、今後は強烈に野田氏をプッシュしてくることになるでしょう


 それにしても、こんな時期(世界経済混乱中)に本当に財務相が辞任するとは信じられませんが、民主党ならばありえるかなあと思ってしまいます。また、野田氏が辞任したら辞任したで、菅政権は棺桶の蓋を閉じられたクラスのダメージにはなりますが、それでも菅直人氏は何だかんだと言説を翻し、首相の座を降りようとはしないのではないかとも思います。


 棺桶といえば、管政権が棺桶の中に突き落とされたのは以下のニュース。


日米首脳会談見送りの公算 米、日程調整を“拒否”
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110808/plc11080809280003-n1.htm
 米政府が、9月前半に予定されていた日米首脳会談の日程調整を事実上拒否していることが7日、分かった。複数の日本政府高官が明らかにした。菅直人首相の退陣時期が不透明な上、仮にオバマ大統領が菅首相と会談しても議題や成果が乏しいためだ。原子力発電を推進したい米政府は首相の「脱原発」方針にも強い不快感を伝えてきており、首脳会談は見送られる公算が大きくなった。
 政府高官によると、7月以降、外務省が首脳会談の日程を固めるため再三にわたり米国務省に調整を打診。しかし、9月前半まで残り1カ月となっても国務省は候補となる日程を一切返答してきていない。(後略)』


居座り首相に国際社会も“菅無視” 日本の首脳外交は休眠状態に
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110808/plc11080809280003-n1.htm
 退陣表明後も居座り続ける菅直人首相に対し、国際社会が“菅無視”を鮮明にし始めた。米国による事実上の首脳会談拒否に加え、米国債の格下げ問題で緊密に連携している各国首脳も、菅首相のことは眼中にないようだ。(後略)』


 そりゃあまあ、レームダックと言うか棺桶に両足を突っ込んでいる首相と、何らかの交渉を持とうとする国はないですな。
 オバマ政権にしても、菅直人首相の延命策に利用されるのはごめん被るでしょうし、世界がこんな有様ですから、
「早く、日本の政権が正常化してくれ!」 
 と叫びたい気分でしょう。


 雷鳴が轟いています。特に、日本の悪天候は、まだまだしばらく続くでしょう。


 とはいえ、民主党がこれだけ酷い政権ぶりを見せてくれた以上、次の天気は快晴になると信じています。と言いますか、わたくしたちが「快晴にしなければならない」という話なのですが。


世界に轟く雷鳴の音が聞こえた方は、

↓このリンクをクリックを

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba   三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!
 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。