三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明後援会ホームページの「三橋通信 」で、三橋の日々の活動内容をご紹介しています。
株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから」

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

--------------

三橋貴明の新刊、続々登場! 
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

後援会員限定イベントとして、今月末締め切りの「サイン本プレゼント企画」が走っています。詳細は三橋通信(http://mitsuhashi-takaaki.jp/wordpress/?page_id=165 )をご覧下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2011年8月22日 藤井聡、中野剛志、三橋貴明の三名が京都に集まり、トークセッションを開催致します。
【2011年8月22日 ふたば書房・主催 飛鳥新社・共催 トークショー「未来を変える 希望の政治へ」 】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_34.html#Aug22

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

NEW!チャンネルAJER更新しました「日本復興と成長に向けて その9」

チャンネルAJER2011.7.26(1)三橋貴明

http://www.youtube.com/watch?v=aNs6xF2Nltc

チャンネルAJER2011.7.26(2)三橋貴明

http://www.youtube.com/watch?v=RPKl9yurOEI

今回は国民経済のお金の流れの話です。

 昨日のエントリーのUU数は50,000を越えました。相当、拡散されているようですので、それ以上の人たちが「マスコミと財務省の手打ち」について知るわけです。


 国民にとって、特に民主主義国の国民にとって、「知ること」を上回る武器はありません。だからこそ、情報の歪みを早期に正さなければならないのですが。


 民主主義でもなく、「国民」もいないお隣の共産独裁国家の高速鉄道事故ですが、混乱が続いています。


埋めた車両を掘り出す=批判受け、原因究明へ-中国鉄道事故
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011072600389
 中国浙江省温州市で起きた高速鉄道事故で、先行列車に追突して高架から転落した後、地中に埋められていた後続列車の先頭車両が26日、掘り出された。高架下には転落した車両がほかにも残されていたが、中央テレビは、車両が解体され、大型トレーラーで温州西駅に運ばれる映像を伝えた。
 先頭車両が地中に埋められたことについては、「証拠隠滅ではないか」との批判が高まっていた。鉄道省報道官は24日夜の記者会見で「作業の危険を回避するための緊急措置」と釈明していたが、当局は車両を掘り出すことで批判をかわし、原因究明に当たっていることを示す狙いがあるとみられる。』



 結局何なのか、と思われる方が多いでしょうが、この手の話は中国では常に「政治」で決まります。
「なぜ、車両を埋めたのか?」
 という疑問に対し、上海鉄道局の関係者が、
「事故原因の究明には役立たない。もはや、くず鉄だ」
 などと言い放っていたわけですが、こんな理屈を信じる人はこの世に一人もいないでしょう。その後、鉄道部の王勇平報道官が、
「これは鉄道部の決定ではない。私も温州に到達した後、報告を受けて初めて知った。報告者によると、埋め立て処理した原因は、救助現場のとなっている高架橋の下が泥沼で、複雑な環境であり、救助をより良く行うために埋め立てるしかなかったということだった。私もこの説明を信じている」
 と述べています。鉄道部ではなく、「別の誰かの政治的な意思」が働いた結果、車両が一時的に埋められてしまったわけです。
 
 常識やロジックではなく、「政治力」によって事故車両が土に埋められたり、掘り出されたりする。マスコミもまともな報道をしない。
 とんでもない国なのは確かですが、ここまで書いて、我々も現在はあまり中国を笑えないことに気がつき、げんなりと致しました。


 先日のニュース(超インフレ(笑)http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10962000580.html )と同じ件なのですが。

銀行貸出残高、19カ月連続で減少
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110709-00000015-fsi-bus_all
 日銀が8日発表した6月の貸出・資金吸収動向(速報)によると、国内銀行の月中平均の貸出残高は前年同月比0.6%減の391兆9967億円となり、19カ月連続で前年水準を下回った。減少幅は縮小しており、2009年12月にマイナスに転じて以降、最小だった。日銀は「東日本大震災の影響で地方を中心に売り上げが減り、運転資金の需要が増えた」と分析している。』


 銀行の貸出残高が減っているというと、日本国内ですぐに「銀行の貸し渋りだ!」「貸しはがしだ!」などと、「悪者」を作ろうとする人が多いので、このグラフを掲載しておきたいと思いました。



【図 銀行の貸出態度判断DIの推移】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

出典:日本銀行

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_34.html#Kashidashi



 銀行の貸出態度判断DIがゼロより上の場合、
「銀行がお金を貸したがっている」
 下の場合は、
「銀行がお金を貸したがっていない」
 と判断できます。
 折角なので、大企業、中堅企業、中小企業別にグラフ化しました。


 これを見ると、「バブル崩壊期」「橋本緊縮財政」「小泉政権初期」そして「リーマンショック直後」に、銀行の貸出態度が悪化していることが分かります。


 とはいえ、現在はすでに大企業、中堅企業はプラスに戻り、中小企業もついに「ゼロ」にまで回復したのです。それにも関わらず、銀行の貸出残高が19ヶ月連続で落ちているということは・・・・。


 まさに、これこそ(デフレで民間の資金需要がない)が日本経済の真の問題という話です。「超インフレ」とかファンタジー理論叫んでいる暇があったら、財政出動と金融政策のパッケージという「普通のデフレ対策」を早期に実施しなければならないのです。


【追加】本日、TBSラジオ「ニュース探究ラジオ・Dig」(22時30分~23時30分の1時間程度)に出演します。


「日本の情報の歪みを正す」にご賛同頂ける方は、

↓このリンクをクリックを

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba   三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!
 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。