株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから」

三橋貴明のツイッター  はこちら

三橋貴明後援会ホームページの「三橋通信 」で、三橋の日々の活動内容をご紹介しています。


人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

--------------

三橋貴明の新刊、続々登場!
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

チャンネルAJER2011.7.5 NEW!!!

日本経済復興と成長その5(前半)

http://www.youtube.com/watch?v=YufUbz3Pdg0

日本経済復興と成長その5(後半)

http://www.youtube.com/watch?v=AAw3yVspcbM


 本日は角川書店から出版予定の「道路不要論が日本を亡ぼす(仮)」締め切り日です。締切日にも関わらず、残り80枚(原稿用紙換算)くらい書かねばなりません。


 というわけで、本日のメインは藤井聡教授からのご投稿です。


平成日本人は自らの首相任命責任を自覚すべし(京都大学都市社会工学専攻教授 藤井聡)


 本稿公表時点でどの様な政局を迎えているのか全く余談を許さないが、菅直人首相に対する国民的批判は、かつて無いほどに大きなものとなっている。おそらくは、数百人や数十人規模の組織の適切なマネジメントすら覚束ないであろうその劣悪な手腕に基づく数々の“首相判断”は、著しく日本の国力を劣化させている。中長期的にその国力の劣化分を回復できればまだしも、その凄まじい国力の棄損は、二度と回復できぬ程の致命傷を我が国に与える可能性すら、遺憾ながらも危惧されている。


 東日本大震災の被災地における、完全に常軌を逸した復旧・復興事業の遅れと矮小さについては、広く国民に知られているところである。メディア等で“単なる思い付きのパフォーマンス”とすら揶揄されている浜岡原発の突然の中止は、かの原発事故に勝るとも劣らぬ程に国家の存亡に関わっているエネルギー安全保障問題を、あろうことか“無視”するものに他ならない執拗に画策し続ける増税は、このデフレ下では、倒産と失業さらには“自殺”を加速的に増加せしめるデフレ悪化をもたらす。同様に、その成立が画策され続けている人権侵害救済法案は、一見、正義に叶う法案であるかの様に見せかけられてはいるものの、言論の自由を著しく規制し、適正な民主政治の成立を不能とせしめる恐ろしい破壊力を秘めている。さらには、この度の原発事故直後の、あの“単なるパフォーマンスのため”としばしば報道されている菅首相の現地訪問さえなければ、迅速なベントが可能となり、かの大爆発は発生せず、重大な事態を招く事は無かったに違いないという可能性すら、しばしば技術者達の間で囁かれている。


 こうした“菅首相の判断や振る舞い”が、どれほど国力を棄損したものであるのかは、これから歴史的に一つずつ明らかにされていくであろうが、残念ながら、上述した数々の罪状が全て“濡れ衣”になる可能性は、ほぼゼロに違いないと感ずるのは筆者だけではなかろう。


 こうした菅首相による大幅な国益・国力棄損はしばしば“菅災”と揶揄されているが、その菅災の原因は、それを首相として選定した特定の政党であることを忘れてはならない。そして何より、その特定の政党を政権政党として選定したのは、他ならぬ平成の日本国民であることを、我々は自認せねばならない

 すなわち、我々平成日本人は、間接的な“菅首相の任命責任”を負っているのである。


 そして、(特定政党に投票した者はもとより、その政党の政権樹立を阻止出来なかった者も含めた全ての)平成日本人がその任命責任を詫びねばならぬのは、過去と未来の日本人全員に対してである。そして、この菅災によって万一にも日本国家が亡ぶ様なことがあるなら、それは、何を持ってしても詫びる事など能わぬ大罪を、我々は負うことになるのだ。


 無論、多くの国民はこう考えているに違いない。「ここまで民主党や菅直人が無能だとは思わなかった。一度やってもらった方がいいと思ったのだが───」。


 ふざけるな、である。


 国が亡びる事など、この世界史の中で幾度となく繰り返されているのだ。そして一国の政権を任せるという事は、その国の命運を分けるものなのだ。高速道路を走っている自動車の運転手を、少し気に食わぬからと言って「一度こいつにやらせてみるか」と言って運転能力があるか無いか分からぬ者に換える事など、あり得ぬではないか


 要するに、平成日本人は、民主主義というものを、そして選挙というものを「嘗めて」いたのである。


 幾ばくかでも心当たりのある方がおられるとするなら、真摯なる徹底的な猛省を促したい。そしてもし、我が国に再起のチャンスが訪れることがあるとするのなら、以後二度と民主主義を嘗めずに、真面目に、真剣に民主主義というものに、そして選挙というものに向き合っていただくことを、心から祈念したい。』


 五十嵐敬喜という人物がいます。この人は弁護士で、法政大学教授で、「市民の憲法研究会」世話人であり、現在は菅政権の参与です。「市民の憲法研究会」という呼称からも分かると思いますが、バリバリのお花畑左翼です。(中身はググってみてください)


 07年に元宮城県知事・浅野史郎氏が都知事選に立候補した際には、「都民のハートに火をつける会」を設立して、浅野氏の選挙活動を支援しました。


 この人と民主党の関わりは長く、菅氏とは二十年来の付き合いと言われています。民主党は02年に「新しい公共事業のあり方調査会」を設置.しましたが、その座長も五十嵐敬喜氏です。


 五十嵐氏の著作を読めば分かりますが、まさしく「経済成長を否定し、公共事業を否定し、官僚制度を否定し、社会保障や福祉予算を増やせ」という、国民経済の原則(全ての源はGDP)を無視ししたファンタジック政策論を唱えています。そもそも本職が弁護士であり、マクロ経済の知識の欠片もないようですので、書籍の中身は間違いだらけです。


 とはいえ、この種の適当な「日本経済は成長しない」論が民主党と共に力を持った結果、「コンクリートから人へ」だの「最小不幸社会」だの、現実離れしたスローガンを叫ぶ政党が政権の座についてしまったわけです。結果、本当に日本経済は成長路線を歩めなくなりつつあります。


 何とかしなければなりません(というわけで、角川の本を書いています)。


 何とかするには、まずは知ることです。そして、国民一人ひとりが日本や日本国民のために、やれることをやるのです。それが民主主義の基本であり、ナショナリズム(国民が自ら自国の運命を決める、という意味におけるナショナリズムが強い日本においては、現時点でも充分に修正が可能だと信じています



今後も本ブログをご支援下さる方は、
↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba   三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!

 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。