本当にありがとう、民主党

テーマ:



株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから」

三橋貴明のツイッター  はこちら


人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ
--------------

◆◆◆講演会のお知らせ◆◆◆
チャンネル桜支援講演会 
桜ゼミナール1月「マスコミに騙されない、経済の読み方」
講師:三橋貴明
日時:平成23年1月23日(日) 開演14時~
会場:栃木県護国神社内 護国会館
参加費:1000円
詳細は以下のURLをご覧下さい。
http://www.chsakura.com/event/sakura_seminar.html#jan
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◇◇◇石平氏とのトークセッション申込受付開始!】 ◇◇◇
ワック社から「中国がなくても、日本経済はまったく心配ない!」(12月24日発売開始)が出版されるのを記念し、石平氏とトークセッション「中国経済、本当はどうなるのか?」を開催いたします。
日時:平成23年1月15日(土) 開演14時予定
場所:日本教育会館(一ツ橋) 第5会議室 
http://www.jec.or.jp/koutuu/index.html
お申込みは、以下から!
https://mitsuhashi-takaaki.jp/forms/party.php
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


今年を締めくくる二冊が発売になりました。

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


 9月22日の「日本国民がいない http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10655640231.html  」の続きでです。


『(前略)まさに、この問題は外国人の問題じゃないんです。我々国民が本当の意味で国民になっていないということなんですよ。まさに、この日本にとっての最大の危機は、日本国と名乗りながら、日本国民がいない。まさに、国を守るべき民がいなくて、どうやってその民を守るための政府があるのか、という話なんですよ。(西田昌司参議院議員 9月21日 民主党政権・糾弾! 国民集会にて)』


 昨年8月末の総選挙において、民主党政権が誕生したとき、ネットなどで相対的に民主党の本質を理解していた人々を中心に、
「このままでは、日本は大変なことになる・・・。日本が壊される・・・・」
 という絶望的な論調が広まりました。


 民主党という政党は、元自民党の農村社会主義者、権力志向の社会主義者(旧:社民連)、保守的左派(旧:民社党)、極左の弁護士たち、日教組をはじめとした労組、そして社会主義協会(旧:社会党事務局)が選挙目的で寄り集まった、モザイク政党です。改めて羅列してみると、物凄いモザイクです。綱領が作れないわけです・・・。


 このモザイクを織りなす欠片の中でも、特に「社会主義協会」が事務局で多数派を占め、おかしな政策を次々に繰り出そうとしてきます。しかも、各政策はバラバラに考え付かれたわけではなく、一つのコンセプトに基づいているのです。また、単発では大したことがないように思えても、組み合わさるとゾッとせざるを得ない政策が少なくありません。この辺り、民主党のやり方は、実に「巧み」です。


「地域主権(地方主権)」+「外国人地方参政権」


 例えば、上記の組み合わせです。主権とは、国家の最高独立性を表す概念で、「最高権」「統治権」「最高機関の地位」と、三つの基本的意義があるとされています。この主権を地方に渡してしまい、さらに外国人に地方参政権を与えた日には・・・・。日本「国家」は、普通に分断されてしまうでしょう。


「子ども手当」+「夫婦別姓」


 「子供は国家が育てる!」は、レーニン時代のソ連や、ナチス・ドイツが使用したスローガンです。さすがに二十一世紀に「国家が育てる」では、反発を買うので、民主党(の社会主義協会派)は「子供は社会で育てる」と、嫌な言い換えをしています。


 レーニン時代のソ連では、「人間は国家(共産党)に属する」という思想のもとで、家族解体の大実験が行われました。その中に、きちんと「子ども手当(=子どもは国家が育てる)」や「夫婦別姓(というか、事実婚の奨励)」という政策があるのです。

 福島瑞穂が絶賛している「事実婚の奨励」は、要するに国民に家族を作らせない政策でした。事実婚により夫婦の絆を作らせず、同時に子供は国家がお金を払って(=子ども手当)育ててしまうため、レーニン時代のソ連では見事に「家族」が解体されてしまいました。


 さらに、家事についても「女性を家事から解放する運動」が推し進められ、専門の家事サービス従事者が洗濯やら掃除をやってくれるようになります。食事は、もちろん共同食堂でとるために、炊飯や炊事といった「家族の作業」も消滅しました。


 結果、ソ連では子供たちが愚連隊化し、母親の愛情を求める不良少年たちが徒党を組み、少女たちを毎晩レイプしていく異様な社会になりました。また、夫婦の絆を壊し、家族を解体した結果、当時のソ連は「少子化」になってしまったのです。


 レーニンが死に、スターリンが後継者となり、上記の社会実験は終了となりました。なぜならば、少子化で「兵士」のなり手が少なくなると、共産党(=自分たち)を守る軍隊が成立しなくなってしまうためです。要するに共産党幹部たちが、身の危険を感じる事態に至ったわけですね。


 スターリン時代に入り、いきなりプラウダが「夫婦の愛」やら「家族の絆」を絶賛し始め、ソ連全土で離婚や事実婚が総バッシングされるようになりました。要するに、レーニンの社会実験は「失敗」に終わったということです。


 一度失敗したソ連の社会実験を、二十一世紀の日本で繰り返そうとしている正直、頭がどうかしているとしか思えません、民主党。


 ついでに書くと、「人権侵害救済法案」についても、ソ連や東側諸国で実現していた「密告社会」を再現しようとしているとしか思えません。この手の怖い法案に「人権侵害救済」などと美名をつけてくるところが、民主党内の社会主義協会派の恐ろしいところです。


「人権侵害を救済する法案に反対するんですか!」
 と言われると、きちんとした知識を持たない人では逆らいにくいでしょう。



 昨年の総選挙で政権を得た民主党は、予想通り異様な法案(外国人地方参政権など)を推し進め始めました。ところが、現時点においても「子ども手当」以外の法案は、未だに日の目を見ていません。
 なぜでしょう。


 無論、この手の法案に断固反対という国民新党が連立政権に加わっていたというのもあるでしょう。しかし、それ以上に昨年秋から様々な日本人が声を上げ始め、反対の意思を表明し始めたことの影響の方が間違いなく大きいです。
 すなわち、民主党政権誕生により、
日本を守る意志を持つ日本国民が生まれ始めたのです。


 民主党は、社会主義協会派を内包している党というだけではなく、選挙互助会という性質が強い組織です。さすがの民主党も、選挙で敗北に追い込まれるような法案は推進しにくいのです。というか、自民党以上に「支持率低下」を恐れ、世論迎合の色が強い政党こそが、民主党といえます。(そのため、スクラップ&ビルドのビルドはやるものの、スクラップができずに泥沼にはまる)


 2010年は、普天間基地問題、7月の参議院選挙、そして9月の尖閣問題と、「日本国民」が誕生する機会が次々に訪れました。特に、尖閣問題のインパクトは大きかったです。


 最近は、若い方とお話しする機会が増えているのですが、若い世代であっても(いや、むしろだからこそ)尖閣問題については脅威に感じています。結局のところ、「仮想敵国中国」の存在こそが、日本に日本国民を誕生させる最大の切っ掛けになったように思えます。よくよく考えてみると、当たり前なのですが。


日本が対中配慮要請、米軍困惑 「尖閣奪還」演習
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101231-00000072-san-int
 日米両国が今月初めに実施した共同統合演習「キーンソード(鋭い剣)」の実施前日本政府が尖閣諸島に特定した島嶼(とうしょ)奪還演習を行わないよう、米軍サイドに内容の変更を働きかけていたことが明らかになった。複数の米軍関係者が明らかにした。
 米海軍は海上自衛隊とともに、予定通り中国軍に不法占拠された尖閣諸島奪還を想定した演習を実施した。だが、中国への配慮を優先した日本政府の申し出に、「将兵の士気に影響が出かねない」(米海軍関係者)との受け止めと困惑が広がった、という。
(中略)
 国防総省関係者は「演習では当然、中国軍を念頭に置いた。日本政府の意向は尊重するが、海自とは実質的な訓練を粛々と行った」と話している。』



中国原潜、第1列島線突破 日米警戒網の穴を突く 宮古-与那国間を通過か
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101231/plc1012310134001-n1.htm
 中国海軍の原子力潜水艦が昨年2月ごろ、九州-台湾-フィリピンを結ぶ第1列島線を突破していたことが分かった。複数の政府筋が30日までに明らかにした。沖縄県の宮古島、与那国島間を通過したとみられる。警戒網の穴を突かれたことに日米両政府は強い衝撃を受け、中国潜水艦の監視網を強化。「防衛計画の大綱」で潜水艦増隻や島嶼(とうしょ)防衛強化に踏み切る転機にもなった。(後略)』



 選挙目的のモザイク政党で、政権担当能力がない民主党は、「仮想敵国中国」の圧力の前になすすべもありません。
 しかし、だからこそ、我が国に日本国民が生まれ始めた、というのが現実なのです。政府がまともで、「仮想敵国中国」の存在にも淡々と対処するような状況では、わたくし達日本国民が目覚める日は先に延びてしまったでしょう。


 そういう意味で、わたくし達は中国及び民主党に感謝するべきなのだと思います冷戦構造という「甘い環境」の中で、日本が呑気に経済成長をすることができた時代はもはや終了したのです。しかし、わたくし達はなかなかその環境変化に気が付きませんでした。中国が「仮想敵国」として力を増し、選挙目的のモザイク政党が政権の座について初めてわたくしたちは環境変化を肌で感じることができるようになったわけです。


 というわけで、今年最後のエントリーは以下の言葉で締めくくりたいと思います。

「今年はわたくしたちの目を覚まさせてくれて、本当にありがとう、民主党そして、来年はさようなら


新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba    三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◇本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!

 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。


最後のフレーズにご賛同頂ける方は、
このリンクをクリックを!

AD