中医⑤ 五臓・心タイプ | ビューティー マニュピレイティブ takaaki の ブログ

ビューティー マニュピレイティブ takaaki の ブログ

中医美容・整体・アロマ・心理学などを組み合わせた、美容整体について


テーマ:

中医学では


体質を5つのタイプにわけてかんがえることができます。


肝 心 脾 肺 腎


と五つの臓器に分類できます。


人それぞれ各タイプの要素は持っていますが、


どの症状が強くでているかをチェックすることにより


バランスのとれたよい体質になることができます。


では4つ目のタイプは 心です。



【心タイプ】

中医学的に考えると心臓の働きが弱いと血液の循環が悪いため、末端や脳への栄養が

不足しやすいので手や足や爪などまったんや神経症状に影響を与えやすくなります。
酸素の供給も弱いため少し動くだけで息切れや動悸といった症状もあらわれやすくなります。


働き
 ・全身に血液をおくる
 ・心拍数、拍出量、リズムを整える
 ・血の性質が気持ちを落ち着かせることであるため
 ・心自体にも精神状態を安定させる働きがあります


体型特徴
 ・むくみやすい

 ・猫背


弱ったときの特徴

 ・不安感がこみあげてくる
 ・人ごみが嫌
 ・狭いとこも嫌
 ・動悸がする
 ・眠れない
 ・食欲が落ちる
 ・一人でいると心配、お留守番できない
 ・だまって座っていられずウロウロしてしまう
 ・息苦しい
 ・体がザワザワする
 ・集中力の低下
 ・胸苦しい
 ・胸が痛い
 ・顔全体が赤い、ほてる


性格
 ・パワフル
 ・欲張り
 ・スピーディー
 ・せっかち
 ・やりたいことがいっぱい
 ・頭の回転が速い
 ・フットワークがかるい
 ・自分の体力以上に動きまわってしまう

 ・なにか調子がわるくなると情緒不安定になりやすい
 ・熱しやすく冷めやすい
 ・美的センスがある
 ・美しいものが好き
 ・好奇心旺盛で色々やるけど途中で違うことに気をとられる
 ・仕切るのが好き

美容面で気をつけること
 ・むくみ
 ・ヘルペス
 ・赤ら顔


対処法
 夏の暑い時期に不調が出やすい。熱がこもるような食事は気をつけましょう。
 たまには、ゆっくりしてみましょう。
 心臓を丈夫にするには、ストレッチや軽い運動は血管を強く

田中 隆明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス