中医② 五臓・肝タイプ | ビューティー マニュピレイティブ takaaki の ブログ

ビューティー マニュピレイティブ takaaki の ブログ

中医美容・整体・アロマ・心理学などを組み合わせた、美容整体について


テーマ:

中医学では

体質を5つのタイプにわけてかんがえることができます。


肝 心 脾 肺 腎


と五つの臓器に分類できます。


人それぞれ各タイプの要素は持っていますが、


どの症状が強くでているかをチェックすることにより


バランスのとれたよい体質になることができます。


まずは 肝からです。



【肝タイプ】

中医学で考えると 肝 の働きは血液の貯蔵、自律神経系統にかかわると考えられています。

肝臓は血液を浄化し栄養をあたえます。
この働きが悪くなると、血管が集まる目や頬に鼻に影響がでやすくなります。
また、眉間やこめかみには静脈が集まるので青くみえます。
血液で目を養えないと目を守るため涙が増えます。
爪はタンパク質の塊ということから中医学では爪は血の余りと考えられています。
肝臓の働きが低下したり、過剰なダイエットで栄養不足になったりすると爪に筋が
はいります。
肝は、イライラや落ち込みなど感情により影響の受ける臓器です。
ストレスがかかったり常に周りに気を使ったり、緊張状態が続いている人は体に

力が入りやすく、肩こりや歯ぎしりをしやすくなります。


働き
 ・血を蓄える
 ・解毒


体型特徴
 ・脇腹に肉がつきやすい
 ・肩が上がり気味
 ・歩くの早い
 ・股関節硬い


弱ったときの特徴
 ・顔が黒い
 ・怒る、泣くなどの感情が高ぶりやすい
 ・物忘れしやすい
 ・寝つきが悪い
 ・眠りが浅く、よく夢を見る
 ・食欲にむらがある
 ・便秘と下痢を繰り返しやすい
 ・肩こりがひどい
 ・爪が白っぽい、もろい
 ・目がしょぼつく
 ・頭痛がする
 ・めまいがする
 ・緊張しやすい
 ・ストレスに弱いかストレスを感じない
 ・環境になれるまで時間がかかる
 ・顔の筋肉が痙攣する
 ・生理痛、
 ・PMS
 ・不妊症


性格
 ・素直
 ・自由を好み束縛を嫌う
 ・のんびりしたい
 ・感情移入しやすい
 ・世話好き
 ・プライドが高い
 ・否定されるのが嫌い
 ・人に頼れない
 ・せっかち
 ・やさしい


美容面で気をつけること
 ・肝斑
 ・顔の黒ずみ
 ・肌が黄色くなる
 ・鼻の脇に青筋ができる


対処法
 代謝が活発になる春は肝臓が疲れやすくなるので休息をしっかりとりましょう。
 肩の力をぬいてリラックスしましょう。
 楽しいことをしましょう。
 感情的になった時は、思ったことをすぐ口に出さずに少し考えてから発言し、
 そうでないときは気を遣いすぎず思い切って発言しましょう。
 肝臓が回復するのは寝ているときです。早寝を心がけましょう。

田中 隆明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。