「おぉ、救われたぞ」

悠那の演目を観て、その時私はそう感じたのであった。

 

過日、望月きららちゃんの周年の時に

「出会って3年だよね」

と言われた。

「そうだね。おめでとう」

心ばかりのプレゼントを渡したのであるが、「はて?そうだったか」と、細かく書かれた観劇記録のメモ帳を紐解いてみるとやはり違った。新地へ行った回数など、正の字でも付けていようものなら面白い数値が拾えただろうにと、20年前の私に忠告してあげたいぐらいなのだが、色街の遊び方など、そういうものだといえばそれまでであるともいえよう。過去を遡ってみても、どこで誰と上がったのか、今となっては相手の顔すら思い返せない。しかし変な性分が幸いしてか、ストリップだけは事細かに記し続けている。きららちゃんとは210カ月程で、デビュー週は観ていなく、出会って2週ぐらいは写真を撮っていない。そんな細かすぎる数値などどうでも良いのであるが、初めて観た時もデビュー作を演っていたのであるから、およそ3年には変わることはない。集大成とも言える周年作は、求めるものが大きければこそ、まだまだ大きく飛躍出来るようにも思えた。

 

躁と鬱を繰り返し、良きレベルで両者のバランスを保てなくなっていた。傍目からは楽しそうに手拍子していたとしても各人そうとは限らない。全ての客は抱えているものが違うのである。2013年の夏頃であった。数カ月に1度ぐらいは行くものの、1巡かそれ未満で帰る日が続いていった。実際観ているものと違うことを思い考えていることが多くなりつつあったのである。このままではいけないとずっと考えていた。惰性で観るには踊り子にあまりにも失礼ではないかと思い、劇場から足が遠のくようになる。そして私は1年半の長き休養を経るに至った。もっとも客一人が劇場通いを辞めたとて、ストリップの大勢はそう変わることはあるまい。

 

観るのを辞め、しばらく普通に暮らしていても

無機的な、 からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない~」

という三島由紀夫が語ったようなものに変わりなく、長き休養は、新地へ行く回数が激増したにも関わらず、預貯金は大きく増えたものの、それに反比例するかのように心の安寧を破綻させるには容易なことであった。それだけでは治まらず日常生活において苛立ちは一段と募り、近しい人々に感情をぶつけて彼らを苦しめる日々が続いていった。

 

劇場から離れたとはいうものの、夢枕に現れる光景はいつもベッドショーばかりであった。あの華やかかりしステージを軽く観るのも良いではないかと、復帰後にその安易な観劇が許されるものなのであろうかと自己への問いかけは果てしなく続き何度も交錯していた。

 

案の定私は、もう後戻りは出来ぬと、再び小屋の住人となってしまった。私は見切り発車で観ることを再開したのである。ここ1年半、ほとんど行かない劇場は、しばらく観ぬ間に過去の常識は通用しないものとなっていった。多くの踊り子が引退、休業し、そして多くの踊り子がデビューしていた。この間に良い演目と言われるステージを私は一切観ていない。そして晃生から多くの新人デビューがあり、その中の一人がきららちゃんであった。その誰一人として記念すべきデビュー週を観ていない。贔屓にしていた踊り子には、私の存在など疾うに忘れ去られ、この薄い客の顔は“見たことがある程度”となり、ほぼ一見客のようになったのであった。まるでそれは、竜宮城から地上に引き戻された浦島太郎のような茫然たる心境でもあった。過去の私は、誰もが毛嫌いする、構って欲しい常連客と何ら変わりのないことにその時初めて気付いたのである。そして踊り子とのこの程良い距離感こそがストリップなのだとその時思い到った。

「そうだこれで良いのだ、これがストリップなのだ。ただ、ステージが良ければ良い」と改めて思ったのである。

 

観劇活動を再開するに至り、過去の繋がりを考えるならば、まずは引退、休業を控えているHIKARU、木城レナ挨拶をしなければならない。そして晃生で最初に観るのは匠悠那であると私は考えていた。

 

今までの悪癖が抜けきらず、調度1時間前に家を出れば晃生に辿り着くのがわかりきっているがゆえ、開場とともに入場し、席を確保し、時間まで休んでいれば良いのにも関わらず、休日なんてものは、連日連夜フルに働いた体を休めることが先決で、時間ギリギリまで泥のように眠るのはいつもことであった。調度トリの出番の1時間前に家を出れば間に合うと、スト客特有の都合の良い思考が、晃生の進行の拙さと渋滞が重なり、ほとんど上手くいった試しがない(笑)。二階の踊り場のところで、「HAPPY DAY」を何度聴いたことかわからない。この日も下町のオッチャン達の野太い声で「ウォー、ウォー」と叫んでいるのが聞こえ、リズムに合わせて腕を上げているのが思い浮かぶのであった。足早に階段を駆け抜け、はやる気持ちを抑え重たい扉を開けると、妖精の大きな白い耳を付けた悠那ちゃんが「終わりまーす」と天を見上げているのであった。

「あぁ、またやってしまった。でもまぁ良い。3回目からきっと空いてくれるだろうに」

と、泣く泣く3列目に座るのであるが、フィナーレでは声を上げずに大きく「おはよう」と口を開き、私もそれに応えたのであった。

 

この週に演じた悠那のフェアリーは、圧倒的な構成力を土台にして高いスキルを兼ね備えたポール初挑戦とは思えぬ秀作で、時折見せる毒々しいまでの不敵な笑みを浮かべ、その衝撃たるや悠那独特のその世界観は唯一無二の演目であった。踊り子人生後半の代表作であろう。

そして冒頭に耽った言葉を思い出さずにはいられなかった。

「そうか。この感覚だったのだな」

答えは一つ、それは追い掛けるのみであると。

 

そしてよほど客受けが良いのか、この週以降晃生に出演の際、この演目を連採し、マイナーチェンジを繰り返した。晃生のあまり高く無い天井の照明をその週に二度蹴落としたというのだから、客もこれほど緊張感を持って魅入ることも少なくなかっただろう。とりわけ平日4回目の客が数人になった時の鬼気迫るステージは、この残され客を帰すまじと、踊り子としての矜持を遺憾なく力を発揮し、その場にいる客達とその空間を共有していたに違いなかった。

 

「まるで悠那ちゃんを観ているようでした」

「姐さんには遠く及びません」

 

謙遜してそう答えられていたが、お互いがリスペクトしなければ、ここまで演目の価値を高めることは出来まい。オリジナルのイメージが強すぎると、そのレプリカは超えることはないのが一般的である。しかしアゲハさんは違った。アゲハ版フェアリーはオリジナルと言ってもおかしくあるまい。暑いのか寒いのかわからない、体の芯から震えるあの似た感覚は、五感をフルに研ぎ澄まし瞬きすら許すまじとさせる。、まるで匠悠那の幻影を観ているかのようだ。悠那の持つ独特の刺々しいところを、先を少し丸くしたようなものがアゲハさんのステージには滲み出ていた。時折見せるその姿に悠那ちゃんと幾度も重なった。悠那は魂震えた。アゲハさん、この人は心が震えた。

 

 

20183中晃生ショー

(香盤)

  1. はな(フリー)

  2. 北原杏里(晃生)

  3. 北川れん(道頓堀)

  4. 青山はるか(晃生)

  5. 浅葱アゲハ(フリー)

 

4演目:青山はるか

3演目:はな/浅葱アゲハ

2演目:北原杏里/北川れん

 

観劇日:3/12(月)/3/19(月)

 

私が劇場通いを始めた頃から閉館の噂はあった。短い休業からの再開。休館、そしてまた営業再開。これを幾度と無く繰り返した。そしてファンの要望に応えるべく復活し、現在は営業している。このままいつまでも営業して欲しいものだと皆思っている。せめて私が好きなうちぐらいは―。その願いも虚しく、残念なことに今年の831日までは営業は決定しているが、その後は未定と劇場側は発表している。

 

実際にあるべき姿は唯物的に受け入れざるを得ない。何度か訪れてはいるものの、このまま何もせずに忸怩たる思いのまま唇を噛み続けることは出来ない。振り返って見ると、良い思い出ばかりではないか。何としてでも広島へ行きたい。実際に観てみて何か感じ得ることが大いにある筈であった。

 

大阪からやや距離があるがゆえ、一泊したいものなのであるが、これが私にはままならない。休み明けの出勤は早番であることが多く、深夜バスは出勤に間に合わないので使えない。休み前は早番からの遅番という気が遠くなる終日労働が相場となっており、昨今の「働き方改革」の恩恵を受けていない当社としては、往復を深夜の高速道路を使う手しか残っていなかった。勤務シフトをふと見ると、偶然にも公休明けの翌日が遅番の日があるのがあることに気が付いた。

 

知人数名に「今週、広島行こうかと思う」と伝えると、京都在住のテラさんが一緒に行きたいと言う。

「それは助かります。私は2巡観て帰りますから、テラさんは一泊して下さいね。きっと出し物も多いでしょうから。終演後に薬研堀の繁華街も堪能して下さい。2巡でも大阪へ着くのは深夜になりますけど、仕事がありますので、自分は急いで帰ります」

「帰りも合わせますよ」

「広島は一日いることをお勧めしますけど」

何度も私はそう言ったのであるが

「ストリップは2回りぐらいが調度良いんですよ」

とテラさんは答える。まだまだ観られそうだと思いながらも2回りぐらいが疲れを残さず、良いのかもしれない。交通費は折半なので、晃生や東洋に行くプラス数千円程度で広島を往復出来るのは有難い。しかし2回りとはいえ、劇場にいる時間は5時間近くになるので、スト客と言う人種は少々時間の感覚が麻痺しているにちがいない。

 

仮眠一時間を経て、深夜に待ち合わせをする。私達は西へ西へと走らせた。当然ながら車内はストリップの話になる。客は特有のスト観なるものを身に付けており、“自分だけがまとも”であると思い行動している。好む踊り子、演目の方向性が同じなので、会話に不快は無かった。そのうえ、好まざるそれも同じときたものであるから、眠気に襲われることが無く言いたい放題話せた。ただ、パイパ.ン好きという彼に、濁ったスト観を持つ私は真っ向から議論が白熱した。もっとも全ての好みが同じというのもおかしかろう。

「ある方が良いですね。全くそそらない」

と主張し続けたのであるが

「無い方が美しい」

とテラさんは意に介さない。

「脱いで無かった時の虚無感は大きいですね。強いて言えば、汗をかいて化粧が落ちるような薄いものもダメです。香水も強くなければならない。舞台の上では最後まで、幕を閉じるまで、役に成り切り演じ上げないといけません。ですから衣装の汚れが目に付くと、一気に醒めますね」

「そんなものは踊り子の自由でしょうが」

負けられない議論は、広島へ辿り着く4時間強の間、交わることなく平行線が続き不毛な話が終えることは無かった。機嫌を伺いながら何も言えない空気感こそが一番怖い。意見を交わすというのは、良いことであろう。

 

ストリップには大きく変わることは無いものの、劇場毎に微妙に異なる劇場ルールなるものがある。東洋のようにタイトでは無く、広島は比較的緩いのが特徴で、全ては踊り子に任せておけばよろしい。ステージを終え、盆回りを囲った客達に一生懸命話続ける踊り子の姿も微笑ましいものだ。リアルな言葉を聞けることは少なく、こういう機会はそう無い。長年に渡り、それがベターだと築かれていったのかもしれない。客も真剣に観て、楽しんでいる。従業員から注意が入ることはそうない。そのルールを守らざる者はめいみんパンチが飛んで来るといった具合だ。エレガントでエキセントリックなパッションステージを“しばらくの間”私は見守り続けた。

 

 

20183頭 広島第一劇場

(香盤)

  1. 寿恋花(晃生)

  2. 須王愛(ロック座)

  3. 安田志穂(ロック座)

  4. 小宮山せりな(ロック座)

 

 

1巡目、安田志穂ちゃんのステージを観た後、顔を真っ赤にしたテラさんが

「こんなん観たら帰られへんがな。悪いけど一泊する」

と興奮気味に言った時は、驚いたが私は内心嬉しかった。

「ふふっ。だから言ったじゃないですか」

「しゃあないがな。最後まで観んで」

「いやぁ、ブンラスするジジィなんて、そういないですよ」

とお互い笑った。全踊り子の演目レポについてはテラさんのブログに詳しいのでそちらを参照されたい。3巡目以降も大いに盛り上がったようである。

 

 

【安田志穂 人間の条件~この空は誰のものではない~】

白いロングに手復袋にブルーと白のロングドレス姿。時折厚い洋書を捲りながら、優雅な時をすごす。華麗に舞うその姿は、舞踏会とかで踊っているのかもしれない。

曲が変わると、激しく無慈悲に犯され続ける姿に、為す術もなく受け入れている姿が悲しみを誘う。

黒いシートを大きく振り回しながら、盆に入る。赤い帽子を足に掛け、ポーズを次々に決めていく。最後に帽子を投げ捨て、笑顔で締めくくる姿にヒロインが力強く生きていくようにも思える戦火に怯え翻弄される女性のフランス革命の悲喜を力強くドラマチックに演じ上げた。

 

平和を愛し生きた人々の美しい言葉はいつか海の歌に変わる いつの日か歴史という大きな墓標が無残に朽ち果てた時 人々は海の歌をうたう日をむかえるのだろうか

 

丸味のある女性らしいフォルムにハードな仕上がり。演目と同様、志穂ちゃんには無駄なところ、妥協は一切無い。好き嫌いの別れる演目であろう。

 

志穂ちゃんとは5年ぶり、東寺以来なのであった。その時人魚姫の出し物を演っていたのであるが、盆に入った瞬間、青い尾ひれが見えるような錯覚を感じた。そのことを伝えると嘘か本当か、私のことをなんとなく覚えているというから、踊り子の記憶力というのは不思議である。嘘でも嬉しいものである。なかなか会う機会の少ない素晴らしい踊り子であることには間違いない。

 

ちなみに私がポラのサインを貰った踊り子も志穂ちゃんである。2010年の東寺の正月興行で、何も知らず写真を撮りに行き、よくわからないポラシステムを丁寧に教えて頂いたのであった。正月で物凄い客入りで、私は立ち見だったのであるが、写真の裏にはビッシリコメントが書かれてあったことに驚いたのを覚えている。「これがストリップなのか」とその時思った。あの時と変わらない文量で、この日も書かれてあった。ブログで“踊り子はポラジャジがあるから”と書かれていたが、現状では演目のみで正当に評価されないのは辛いところであろう。これは劇場経営を成り立たなくなるので、客に受けるものと自身の演りたいものの両者のバランスを保ちつつ、ステージに立ち続けていかなくてはならない。

 

すっかり雨の上がった広島の夜空を見上げ、テケツの男性従業員に

「最後まで頑張って下さいね」

頭を垂れ、

「さぁ、明日から仕事だ」

と走って出て行った。

 

観劇日:3/5(月)

 

多くの仕事を残し

「後は任せたで」

と上司が帰って行く。

「お疲れ様でした」

私は大きな声で叫ぶも、心の中ではいつも舌を出している。上司の管理下では無いがゆえ、張り詰めた空気が無いここからは、惰性で仕事を出来るのであるが、定時で上がれるかはわからぬ程の仕事量をこなさねばならないと思うと毎回ゾッとするのであった。そして部下しかいないこの状況下では、有線のチャンネル権は私の物となる。すぐに「週間ベスト」から「邦楽バラードベスト」に変えるのがいつもの日課であった。バイトの女の子からは、

「何でですか~?」

と毎度のことながら揶揄されるが、

「別れた恋人を思い出すためやで」

と笑いながら返す。情景を思い浮かび上がらせるのは、その時かかっていたメロディというものが必ず存在し、時好に投じた甘い愛の歌が折々のシーンで流れているものなのである。それらを聴けば、淡い当時の想いが自然と浮かび上がらせ、その面影に耽ることが出来るのであった。男というものは女々しい存在で、いつまでも過去を引きずるものなのだ。更にそれが踊り子のステージで使用する曲であることも多いことから、

「これは誰々のベッド曲」

とクイズ王よろしく、即答出来る私には、会社では何ら意味を持ちえぬ特異能力を身に付けているのが少しの自慢であった。この場合、衣装やその色を思い出せないのは何故なのだろう。多く印象に残るのはベッド曲がゆえ、盆に入った踊り子の汗を帯びた裸身からは自信に満ち溢れ、足を天に上げているからだろうか。

 

小室哲哉引退を受け、最近の私は「90年代ベスト」に合わしている。いつから日本は聖人君子の国になってしまったのだろう。かつて日本の男は遊女の最高位である花魁や太夫と興じるのが最高のステイタスであった。それを許容する風土が根付いていたはずであった。それすら手の届かぬ庶民達は、彼らに尊敬の念を抱いていた。音楽家にとって楽曲提供が全てであり、受け手はそれ以上を求めるものではない。会見で語っていた引退時期の“引き際”を探っていたというのも、何となく理解は出来るが、彼の音楽を聴いて影響を受けた我々には惜しいものであった。

 

数年来の付き合いで、週末の晃生にしか来ない何故だか馬の合う方がいる。

「そんなに劇場に来て踊り子を観たい欲求があれば、ボケることはありませんよ」

とその都度笑いながら言っている。踊り子の若い感性と先端を走る曲が重なり、その上ステージを観られるとあっては、定年が過ぎた独居老人には刺激は多い。しきりに彼は

「週末が待ち遠しくて飽きない」

と言い放ち

「客は多い方が良い」

と付け加える。平日派の私にはあまり理解出来ぬものなのであるが、客が多いと盛り上がるというのもわからぬものではない。そんな彼が最近、好きな踊り子とロビーで擦れ違っても、挨拶すらしてくれないと悩んでいると言う。

「デビューした頃はそんなことは無かった」

と言うではないか(笑)。少しの綻びが嫌悪を抱く。劇場に来る客は多くの属性がいており、写真を買わない彼にとって、そのあたりも含めてストリップなのだ。

「そんな。ええ年したオッサンが何言うてますの。踊り子も忙しいんですよ。目が合って、足上げてオープンしてくれるぐらいの、距離感ぐらいが調度良いんですよ」

と言っておいた。

 

「東洋書いてから、今週の私のレポね」

角ばった楷書のような字の時とやけに丸っこい字の時がある、はるちゃんのポラであるが、上手く使い分けられ、私はその甘い字で毎回いいように弄ばれている。

「いやいや。東洋も書かないし、今週も書かないよ」

元来の遅筆に加え、毎度のように前記事で全てのボキャブラリーを曝け出し、もう何も出てこないぐらい腑抜けになっていた。ツイッターで「周年作良かった」と何の面白味の無い呟きぐらいでは許して貰えない。しかしどうして東洋に行ったことがバレているのかが不思議でならないのであるが、もう開き直って

「多くを観た上であなたを誰よりも愛している。その方が説得力を持つのだ」

と叫ぶほか無いのであった。そのセリフも踊り子に何人そう言ったのか私自身わかっていない。

 

よろづにいみじくとも、色好まざらん男は、いとさうざうしく、玉の巵の当なき心地ぞすべき

さりとて、ひたすらたはれたる方にはあらで、女にたやすからず思はれんこそ、あらまほしかるべきわざなれ

 

私は演目で動くから―。

それを今まで通り貫き通す。

 

初日とはいえ平日は知った客は少なかろうと、仕事帰りに6000円入場で3階へと走って行った。前列は観たことのある濃い面々のオッチャン達で埋まっていたのは、想定外であった。

 

「癒える良い香りがして、10日間は爛々とし、その翌日に枯れてくれるもの」

無茶な注文をしたわけであるが、階段に所狭しとあった全国の踊り子からの胡蝶蘭には劣るものの、喜んで貰えた。それを両手で抱え、無邪気に微笑むはるちゃんの写真をデスクトップの両脇に立てた。客は踊り子の命に背いてはならない。ベッド曲を聞きながら、私はタイプし続けるしかなかった。

 

 

 

20181中 晃生ショー

(香盤)

  1. 多岐川美帆 (道頓堀)

  2. 葵マコ (東寺)

  3. 左野しおん (道後)

  4. 春野いちじく (TS)

  5. 青山はるか (晃生)  周年♪

 

2演目:葵マコ/左野しおん/春野いちじく

1演目:多岐川美帆/青山はるか

 

 

青山はるか 【百花繚乱】

激しい三味音から、水色と紫の重なった着物姿。頭にも同柄の髪飾り。手には羽根の付いた扇子を持ち、大きな手の動きの中でゆっくりと回転しながら踊る。

 

散り際に燃えた美しさを忘れない 忘れない… 

夢の続きは君の託そう 太陽みたいな笑顔に

 

髪を下ろし、白い大きな帯を解いていくと、白い襦袢姿で一舞。強い光を一心に浴び回転盆へ入り、ポーズを決める。Lから手を使わないスワンへ。最後はブリッジから足を垂直に上げ、ラストを締めくくる。

 

ショートにして頬に膨らみがあった頃の幼さを感じたものの、長い休業から快癒し、久しく会っていなかったはるちゃんは、どこを切り取ってみたも「相変わらず良い女だな」と思わせるに十分であった。いつまで続けてくれるかわからないが、引退まで観て行くには変わらないとあらためて思った。

 

東洋と較べると、あまり進行が良いとは言えない晃生であるが、今週のカット連発には閉口した。私には

「写真を撮るな。梯子せよ」

と言われているのと等しい。そんな葛藤も虚しく、楽日3回目はわかりやすいダンスカット。さて困った。東洋はジム帰りに1巡観ていたので、私は完全に帰るタイミングを逸していた。悶々としながら観ていると、翌日にデビューを控えた北原杏里ちゃんが登場するのは望外の喜びであった。プレデビューとしてステージに立ったのである。

ベッドははるちゃんが教えたそうだ。

震えながら踊る杏里ちゃんに

「まぁ、初々しいね~」

と観る以外無いのであるが、そこが大きな魅力でもあったりする。誰にでもその時はあるのだから、心配はいらない。

 

能をつかんとする人、「よくせざらむほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらむこそ、いと心にくからめ」と常にいふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることな

 

芸事を身に着けるには、人に観られずに成長するものではない。馬鹿にされ、笑われ恥ずかしい思いをしても、舞台に立ち続ければ特別な才能が無くても成長していくものなのだ。

 

「今週は良いお姐さんが沢山いるから、いっぱい勉強して下さいね」

椅子に座りながら心の中で思っていた。その長蛇のポラ列を眺めていると、多くのタニマチ希望者が殺到しているようでもあり、今後も愛されるにちがいない。新人バブルが収まり、辛い思いをするかもしれない。その時はデビューした時の頃のような気持ちを、いつまでも忘れないでいて欲しい。

 

 

観劇日:1/11(木)ほか