整理収納アドバイザーのtakaです。
 
たくさんのブログの中から、ご訪問いただき
ありがとうございます☺︎
 
 
先日購入したケイトウとフジバカマ。
 
まだ元気に咲いてくれています。
 
整理収納アドバイザーtaka つづく、暮らし
水を替える際、少しずつ茎元を切り落とすとより長持ちします。
 
 
今週、防災について学ぶ機会があり、
家族と自分を守るための防災術を教えていただきました。
 
生活クラブのイベントで、"お母ちゃん学"主宰・ファミリー防災術アドバイザーの佐々木美香さんから、家庭でできる災害対策について学びました。
 
 
 
9月の防災週間を機に、
 
防災について家族と話し合ったり、
少しずつ必要だと感じるものを備えたり…
 
自分なりに災害対策をしてきましたが、
 
「本当にこれで大丈夫かな」という心配も残っていて、専門知識のある方から話をうかがいたいなとずっと思っていました。
 
 
 
防災講座に参加した後、
真っ先に購入したものがあります。
 
整理収納アドバイザーtaka つづく、暮らし
講座を聞いて書いたメモ。
なんとかなると思っていた自分に対して、思わず書いた一言です。
 
 
それは、簡易トイレ☟
 
整理収納アドバイザーtaka つづく、暮らし
便座にセットするタイプの簡易トイレ。
一緒に、給水袋も購入しました。
 
 
実は、先月、簡易トイレは買い足していて、
トイレ問題は大丈夫かなと思っていたのですが、
 
 
全然足りていませんでした…^^;
 
 
 
防災講座で学んだことは、
次回のブログでシェアさせていただきたいなと思っていますが、
 
今日は、1番備えておきたいと感じたトイレ事情について書いてみようと思います。
 
 
 
○災害時、1番の問題はトイレ事情!
 
 
震災が起きると、停電や断水などにより、多くの水洗トイレは使えなくなります。
 
下水道や浄化槽が破損している可能性もあるため、災害が起きた直後から、トイレに排水してはいけないそうです。
 
特に、マンションなど集合住宅の場合は、
排水管が破損している可能性があり、漏水や逆流を防ぐために、トイレだけでなく、お風呂やキッチンからも排水してはいけない場合があるそうです。
 
わが家のマンションも確認してみると、破損がないのを確認するまではすべての排水が禁止でした。
 
 
 
空腹はいくらか我慢できても、
トイレは誰もが我慢できないため、1番の問題となります。
 
我慢することは、健康を害することにも繋がりますよね。
 
 
 
 
東日本大震災時に、仮設トイレが避難所に行き渡ったのは震災後3日以内が34%ほど。
 
設置するまでに8日以上かかった避難所は、49%もあったそうです。
 
 

画像お借りしました。
仮設トイレはすぐ設置されると思っていたのですが、そうではないようです。
 
 
 
○自宅で必要な簡易トイレの数は…
 
 
震災当時のトイレ問題について話を伺い、
 
"自宅に簡易トイレを備えておくこと"の大切さを改めて感じました。 
 
 
それぞれのご家庭に必要とされる簡易トイレの数は、
 
『1日のトイレ回数 × 家族の人数 × 最低7日分』
 
で計算できます。
 
 
わが家なら、
1日5〜6回×家族5人×7日で、
175〜210回分もの簡易トイレが必要になります。
 
 
講座を聞いて、帰宅後、備えていた簡易トイレを数えてみると、わが家にあったのは50個。
 
なんとかなると思っていましたが、全然足りていませんでした…。
 
 
簡易トイレは、安い買い物ではありませんが、
ローリングストックする訳ではなく、一度買うと10年ほど買い換えずに済みます。
 
家族の健康を守るためにも、足りない分は、その日のうちにネット購入しました。
 
整理収納アドバイザーtaka つづく、暮らし
検索した結果、菌や匂いにも好評だったBOSのトイレ50個セット1箱と、携帯も出来る簡易トイレを80個分購入しました。
 
 
 
○簡易トイレの収納スペースは…
 
 
購入したトイレセットは、洗面所にある収納スペースに備えることにしました。
 
整理収納アドバイザーtaka つづく、暮らし
箱がコンパクトなので、収納もしやすいです。
携帯タイプのものも、届いたらこちらに収納しようと思います。
 
 
こちらのスペースの奥には、トイレットペーパーと生理用品を収納していたのですが、
 
日常使いしながら、防災対策も兼ねて多めにストックしています。
向かって左にある無印良品のファイルボックスに、生理用品をストックしていました。
 
 
 
簡易トイレを収納することにしたため、
 
生理用品は、洗面台の下に収納することに変えました。
 
整理収納アドバイザーtaka つづく、暮らし
洗面台下の収納スペースです。
 
 
整理収納アドバイザーtaka つづく、暮らし
向かって右側に、無印良品のファイルボックスハーフを使い、洗面所で使うものをストックしていたのですが、
 
 
整理収納アドバイザーtaka つづく、暮らし
ファイルボックスと、キャスターもつけられるフタを購入し、2つ重ねて収納することにしました。
 
 
整理収納アドバイザーtaka つづく、暮らし
何が入っているか家族にも分かるよう、ラベリングしました。
 
 
 
備えた後に確認しておきたいことは…
 
 
簡易トイレは、備えるだけで満足せずに、
使い方まで把握しておくことも大切です。
 
わが家でも、説明書を見ながら使ってみました。
 
 
ゴミの捨て方も問題になるようで、
住んでいる地域や自治体、マンションで、
事前に話し合っておくと良いそうです。
 
自宅で溜めることを考え、消臭袋を準備したり、外やバルコニーにプラスチックボックスなどを用意しておくのもいいそうですよ。
 
 
 
災害時は、不安のために頻尿になる子供も多いそうです。
 
小さなお子さんや介護が必要なご家族がいるご家庭では、簡易トイレ以外におむつの備えが必要になりますし、
 
ペットを飼ってらっしゃるご家庭では、その子達のトイレも必要になります。
 
 
各ご家庭で、本当に必要なものは何かを考え、
家族や自分を守るためにもぜひ備えて下さいね!
 
 
 
本日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。
 
▷ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックいただけると、とても励みになります☺︎
 
↓ポチッとお願い致します。
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村
 
 
 
▷インスタグラムはこちらから→
ブログよりも 頻繁に投稿しています。
 
コメント、フォローいただけると嬉しいです。