空室対策専門業者のリフォームアイデア - 森ホームサービス

空室対策専門業者のリフォームアイデア - 森ホームサービス

大田区・目黒区を拠点にする空室対策専門業者のリフォーム、ハウスクリーニングをご紹介します。


テーマ:

洗面ボールを取り出す??

こんにちは、森ホームサービスの森です。

今週は、ある賃貸物件を改装中です。

 

新築の頃から30年、同じ入居者さんがお住まいだったという、池尻大橋のお部屋。渋谷からほど近く、室内も広い好物件ですが、時代を感じる水回りと内装が弱点でした。

壁は左官職人さんが仕上げられたのであろう、土の塗りもの。すでに部分的に塗装してしまいましたが、天井の板材もこの時代の賃貸物件だとよく見るものです。ハウスクリーニングを仕事にしだした頃は、なにか出そうで怖かった記憶があります…。

取り外した換気扇が、時代を感じさせます。

玄関入ってすぐのグレーの壁、コンクリート打ちっ放しのようにも見えますが、ここも壁紙ではなく左官職人さんの仕事。白かったものが変色したのでは?と思います。このグレーの部分がもともとの内装仕上げそのものでした。

オーナー様は以前、別の物件をご依頼頂いた方。リピートでのご依頼頂きました。

今回は…

  • 3点ユニットバスから洗面ボールを取り外し、改装、トイレにウォシュレット設置
  • 室内に壁を作り、洗面台、洗濯機置き場を独立
  • 建具の交換

を弊社で担当いたします。

個別に詳細をご紹介します。


まずはお風呂。

典型的な3点ユニットバス。

現代の賃貸物件として競争力に欠けるのは明白なので、ウォシュレットの設置と洗面ボールの撤去を作業中です。

壁の仕上げ材も貼り付けました。

同じく気になる水回りのキッチンは、今回は不動産屋さんのご担当です。

こんな感じで洗面ボウルがついていました。途端に窮屈に見えますね。最近の新築で3点ユニットが入っているのはホテルくらいでしょうか。

ウォシュレット(シャワートイレ)は、持ち込んでみた画像の製品は操作部が壁と干渉するため、壁にスイッチが取り付けられる製品を使います。電気配線は濡れない場所に設置し、安心です。

浴室から撤去した洗面台は、居間の一角へ設置します。洗面台と向かい合わせには洗濯機置き場ができます。

こちらの洗面ボウルは廃棄です。長年おつかれさまでした。

作業が進んだらまたご紹介します。

こちらの画像は別の物件で、洗面台を設置した事例です。「ユニットバスだと化粧品が置きっぱなしにできない!」と敬遠される女性内見者の方は結構たくさんいらっしゃいます。大きな鏡、収納スペースや明るい照明と合わせた洗面台は好印象です!

もとい、洗面台を外した物件では建具の交換も行います。

床材も張り替え。

明るい印象の素敵な、市場競争力のあるお部屋に生まれ変わります。

完成が楽しみです。


テーマ:

私のハウスクリーニングの師匠からリフォームのお客様をご紹介頂きました。

板橋区は小茂根の築25年、6部屋のアパートです。

 

当初、オーナー様にご相談いただいたご要望は、壁紙クロスと床の張替の希望とのことでしたが、お話をしていくうちに

  1. 洗濯機置き場を室内にする
  2. 洗面化粧台をつくる
  3. 玄関入って部屋が丸見えなのが嫌

の3点も行うこととなりました。

 

日々、様々な切り口からお問い合わせを頂きますが、実際に物件にお邪魔して話を進めていくうちにアレもコレもとご依頼を頂くことが多く、ありがたいです。壁紙、床材の張替、そして最近では3点ユニットへのウォシュレットの取付といったお気軽なメニューから、大規模なリフォームまで取り扱っております。

 

さて、こちらは先ほどの物件です。もともとは6帖のお部屋が連なる2DK。玄関のドアを開けてそのまま撮影しました。確かにお部屋が丸見えです。

今回は洗濯機の屋内設置、洗面台の設置と合わせて、部屋の中に壁を作るご提案をいたしました。

完成後は、洗面化粧台も新設!洗濯パンも室内に設置できました!この写真の右端に見えているキッチンの向かいには、冷蔵庫と洗濯機が並んでいます。

 

もちろん、当初のご要望にあった床材、壁紙の張替も完了。魅力的なお部屋になったと自負しております!

オーナー様、ご依頼ありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。

 


--
ご相談はお気軽に
「ブログを見た」とお伝え下さい!
直通携帯:090-2205-1106
メール:mori★pstar.jp(★を@マークに変えてください)
森ホームサービス 代表 森 隆広


テーマ:


古い水回りをリフォームしたいオーナーは、たくさんいると思います。

誰かと協力すれば、多くのオーナーに提案できるか?広告費用を掛ければ?
内見の仕事をすれば、提案する機会が増えるか。

管理会社さんに提案書を書くか?
水回りのリフォームを激安セットで販売するか?


テーマ:

世田谷区のワンルームマンションの3点ユニットバスをリニューアルしました。全30部屋のうち、4部屋が空き部屋で対策が急がれていました。

元々のお風呂・トイレの様子はこちら。


今回の目玉工事はウォシュレットの取り付け施工です。ただいま、森ホームサービスでは3点バスへのシャワートイレの取付、現在キャンペーン実施中。気づけば今年もあと1か月ほどになりました。来年の引越しシーズンに間に合わせて物件の魅力を上げるには、そろそろ良い頃合です。不動産オーナー様、他の原状回復工事も併せ、ぜひご活用ください。


冒頭の物件、丁寧な防水加工と電気工事でホテルの様な仕上がりです。

特に20代の方には必需品となったシャワートイレ。空室対策に効果的なのか、いざ勝負です!


テーマ:


トイレのフロアタイルの貼り方ひとつとっても、予算を抑えて十分な仕上がりにする工夫があります。

 

今回は無理に型どらず、防水性セメントを流しました。

別の工事とバランスを取りながら、総合的に競争力のある部屋づくりをご提案します。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス