もういいでしょう。 | つぼちゃんののんびりブログ

つぼちゃんののんびりブログ

大分県の小さな田舎まちに住むアラフィフおやじのブログです。温泉巡りや日々の出来事、地域のイベント情報などをのんびりとゆる~く更新しています。ちなみに、別府八湯温泉道第3005代、第3568代、第5143代、第7412代名人です。

菅首相のあいまいな退陣表明と内閣不信任案の否決から約2週間。

相変わらず「辞めろ~」「辞めな~い」の繰り返し。


今回の菅首相対鳩山・小沢・谷垣・・・の戦い、今だに菅首相の首を切りきらないところを見ると、どうやら菅首相の方が役者が一枚上だったようですね。


私、決して菅さんを支援しているわけでも肩を持ってるわけでもありませんが、今回の不信任案提出や菅降ろしのゴタゴタに関しては菅さんの味方でした。


それは、この非常時、党代表や首相を入れ替えたりするヒマがあったら被災地・被災者の支援や原発事故収束に全力投球すべきとの考えから。


しかし、ここまでのらりくらりと延命を図る菅首相を見てると、単なる往生際の悪い男に思えてきました。


菅さんは、「会期を延長して第2次補正予算や特例公債法案を成立させたら辞める」などと言ってるけど、予算を立てたら執行まで責任を持つべきじゃないの?

自治体でも首長選挙の年の当初予算は骨格予算ですよ。


アラフィフおやじののんびりブログ

6月17日の読売新聞朝刊。


また、ここに来て今月下旬に内閣改造を行うかも?といった報道がなされる始末。

そりゃないでしょう。

一体、何がどうなってるの?私にはさっぱりわかりましぇ~ん。


15日に開かれたエネルギーの全量買い取り制度の導入を目指す会合では、太陽光発電などの新エネ普及を提唱するソフトバンクの孫社長が「菅総理は土俵際で頑張っている」と称賛し、菅さんもご機嫌もだったとか。


笑っちゃいます。

菅さん、今さら土俵際で「うっちゃり」ができるんでしょうかね?


相撲など、スポーツの世界ではねばりも必要ですが、政治の世界は別。

選挙に出る時は回りの人によく相談し、辞める(引退する)時は誰にも相談せずに潔くスッパと辞める、それがかっこいいし、政治家の引き際の美学だと私は思いますけどね・・・。


もし、今、水戸光圀公がご存命でこの光景を見ていらっしゃったら、きっと「もういいでしょう」と言ってますよ。