エビデンス | 身近な法律知識の宅配便

身近な法律知識の宅配便

難しい法律の話を分かりやすくお伝えします。
法律を知らないばかりに悔しい思いをするのはもうお終いにしましょう。


テーマ:

会社を作るとき、その支援をこなう士業には必ず代表取締役との直接の面談と本人に間違いないかの身分確認、更に身分証明書の写しの保管が義務付けられます。

 

更に、銀行に行って法人口座を作るとき、設立の目的について根掘り葉掘り聞かれます。

 

取引相手が怪しくないか、マネーロンダリングをしようとしていないかを確認するためです。

 

ですから、通常、口座作成に最低でも2,3週間かかります。

 

 

では、これは法人だけの問題かというと、一般の人にも当てはまります。

 

 

別にマネーロンダリングを疑っているわけではないのですが、物を買うときのお金の出どころがどこかが問題になります。

 

 

高額なもの、特に不動産を買った場合、税務署から問い合わせが来ます。

 

その購入代金が、本人の稼いだお金からでていれば問題ありませんが、配偶者や親かの通帳から出ているとなると贈与が疑われます。

 

専業主婦で働いたことがない人の場合、特に注意が必要です。

 

親からの相続であれ、贈与であれ、それがどこから来たのか説明できなければ、税務署から贈与税を取られてもしかたありません。

 

いつ何時大きな買い物をするかわかりませんから、そのときにあらぬ疑いをかけられても大丈夫なように、相続の時の遺産分割協議書や贈与契約書などの証拠書類は、大事に保管しておいた方がいいと思いますよ。

 

 

 

会社設立、民泊申請、アパレル著作権、契約書作成、遺言・相続、成年後見等のご相談は ⇒ こちら
 

 
 

トコチェアの多目的トイレマップ検索サイトは ⇒ こちら
 

 
 

たーじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス