多次元操体法講習会・セミナーオフィシャルブログ

多次元操体法講習会・セミナーオフィシャルブログ

優しい力で瞬時に身体が変化する多次元操体法講習会に参加しませんか?国家資格の有無は問いません。宇宙大自然の法則と調和することで、技術向上と同時に運気向上し経営も好転します。意識の在り方と生き方が変わり人生が変わる整体セミナーです。

「多次元操体法講習会について」




橋本敬三先生の創始された操体法は、橋本先生の最晩年の直弟子・今昭宏先生によって更なる進化を遂げました。




2005年に師匠・今先生に入門した時に言われた言葉があります。「私の教える操体を踏み台にして、自分の世界を表現していきなさい。」その言葉がずっと心にありました。



2007年に
多次元操体理論を創案。精神世界の学びやヒーリング・各種手技療法等、操体以外の分野からもヒントやアイデアを取り入れながら操体の本質の探究が始まりました。そして2012年より多次元操体法講習会を開始しました。





多次元操体法の特徴を一言で言うと、「手技療法とエネルギーヒーリングの融合」です。




操体法をこれから学ばれる初心者の先生はもちろんのこと、DVDや書籍で独学で操体を学んでいた先生や、各地の操体法講習会で学ばれた先生が、操体のさらなる深遠な世界を学びに来られています。北海道から沖縄まで全国から先生方が参加されています。とても面白い世界です。




「治療に対する概念が根底から変わった。」「今までやっていたこと何だったのか。」「目からウロコが取れた。」そのような感想をよくいただきます。




それと、とても不思議なことに講習会に精力的に参加している先生から「運が良くなった。」「売り上げ最高記録を更新した。」「物事がとてもスムーズに運ぶようになった。」などの感想もよく頂くようになりました。




多次元操体法は宇宙大自然の法則の活用です。自然法則と調和することで、臨床での成果のみならず、経営面や私生活のあらゆる面でも変化が訪れるのです。




この不思議で面白い世界をより多くの先生にお伝えするためにこのブログを作りました。随時情報を発信していきます。




柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師、理学療法士、民間療法の整体師、カイロプラクター、各種セラピスト、いろんな先生が来ています。国家資格の有無は問いません。興味のある先生はじっくりとご覧になってみてくださいね。




多次元操体法講習会主催


やすらぎの杜整体院院長


上川名おさむ



テーマ:

上川名先生、メーリングリストの皆さんこんにちは。

愛知県の長谷川です。

基礎講座3回目の感想を投稿いたします。


まず、丁寧さ、ということの大切さを感じました。

自分の行動が、無意識に雑になっていないか。

日常の動作に意識を向け続けることが、操法での自然な丁寧さにつながると思います。

日常、うわの空にならず、気づいている状態とは、つまり、今、目の前のことに集中することなのだと感じます。

操体=日常の意識=今ここを大切にすること。


操法において、自分の感覚を否定しないことが、自分を大切にすることになり、相手を大切にすることにもつながるのだろうなと感じました。

今までの習慣からも、「これで正しいのだろうか」と疑ってしまい、止まってしまうこともあると感じています。

操体は、自分の体を通じて、自分の感性を大切にしていく、とても良い表現の場だと感じます。


受け手の壁になることは、操者も、その壁を感じて、自分の連動につなげられるのだと感じました。

相手と接している面、点などを通じて、それぞれが、連動を表現していく姿は、芸術のようです。

多次元の合宿の写真で、全員が、それぞれの体に触れ合いながら、受け手も操者もなく、体で表現をされているものがあります。

「なんで、こうなるんだろう?」と思っていたのですが、そうなる理由が理解できました。


前回の講座の後、臨床で、患者さんに操法を行うときに、釣り合いを取りながら、自分も連動してみることを意識しています。

自分の無駄な力が抜けていくように感じます。


来月も、よろしくお願いいたします。

{7CDC9564-11EE-4162-9E10-F7CFDCCC114A}



テーマ:

上川名先生、メーリングリストの皆様。

熊本の上妻です。


3月11日に受講した基礎講座3回目の感想です。


今回特に心に強く残ったのは、「丁寧」さです。

上川名先生の操体を受けた時に感じる優しさや温かさや気持ちの良さは、上川名先生の日頃から意識されている丁寧な動き、所作を大事にされているからだと思いました。


丁寧にやることは基礎講座の初日に上川名先生から伝えて頂いていたのに、丁寧とはどういうことかが自分の中での認識が低かったのだと改めて感じさせてもらい、今後出来る限り意識をしっかりと持っていこうと思いました。


日頃、力比べや引っ張り合いになってしまいがちなので、相手の身体や気持ちを感じられるような繊細さを磨いていきたいです。


上川名先生、三期生の先生方。

来月もよろしくお願い致します!


{344F9F67-ED10-4CF9-AC7D-6C2D87155204}



テーマ:

上川名先生、メーリングリストの皆様こんにちは郡山の佐藤彰玄です。


かえる足では足首を持つ強さ、引く強さを無造作に行うとただの引っ張り合いになってしまい気持ちよさを味わうことには程遠いことになり反省しなければと思いました。


今回のテーマは座位での操法でした。踵を踏み込んだり、肩甲挙筋を上から圧迫、上体のねじり、足首の内外旋等を行いました。


いずれの操法も味わってみるとなぜか右足の指に気持ちいい感じが通り何とも言えませんでした。先生方ありがとうございました。


初めての懇親会はとても楽しく身体が軽くなりました。


また来月もよろしくお願いします。

{53C4C7EA-F6B7-470D-B8C1-2283C971F7E6}



テーマ:

上川名先生 メーリングリストの皆様

お世話になっております。石井と申します。


基礎講座第3回目の感想を書かせて頂きます。




三期生のお仲間の先生より、掲示板に載っているのでメーリングリストに掲載する旨教えていただき、こちらに後から投稿させていただきました。

同内容となりますので、ご了解くださいませ。





上川名先生が、講座冒頭に橋本敬三先生の御本を紹介され、その哲学にふれてくださいました。

医師や術者の役割について『コンサルタント』であると。

伝えていく人間であり、治す役目ではないこと。


操体法が単なる治療法を超えた、人としての在り方を問うもの。

そのことで結果として、より良い状態へ導くこと。

そのお手伝いをする伝導者としての役割。



個人的に今回の講座を受講するにあたり、日々の雑な意識を思い返しながら、その空間に身を置かせていただける幸運を振り返りながら。

その様な気持ちで三回目を迎えました。


上川名先生から受講生全員にお話しされているメッセージですが、全て自分に向けられている言葉として入ってきました。


自信をもちながら、謙虚であること。

自分の感覚を磨きながらも、信じること。

なんでもありなので、形にとらわれないこと。形に本質があるわけではないから。

ベッドへの上がり方、タオル等の乱れをなおすこと、所作を丁寧におこなうこと


それらのことを、一つ一つ丁寧にひも解いていくように伝えてくださいました。


実技に入り、皆さんと練習をさせて頂いている時、言葉にはうまくできませんが、心身が喜んでいる感覚がありました。

何度も感動をしている自分に気がつきます。

目の前に居られる、おひとりおひとりのお顔が輝いて見えています。

深い感動がありました。



懇親会でも、たくさんの気づきを頂きました。


上川名先生、三期生の仲間のみなさま

その後も夜遅くまでお付き合いくださり、大変お世話になりました。



抽象的で、とても個人的な感想となりましたが、最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

ありがとうございました。



石井 正一

{624D313B-9773-4C69-B274-AC256D284BC7}



テーマ:

上川名先生、メーリングリストの皆さま。


多次元操体法基礎講座第三期3回目に参加した埼玉の佐藤ともゆきです。



早いもので3回目の基礎講座。


安心できる空間を上川名先生と三期の皆さんで創り上げてきたんだなと思うと嬉しくなります。



個人的に楽しかったのは、同じ操法で味わいのバリエーションをいくつも体感出来たことです。



ほんの少し意識が変わるだけで味わいが変わったり、ほんの少し釣り合いが遅れるだけで味わいの濃さも変わる。


そして操者の力量だけでなく、受け手と協力することで生まれる快感覚もあるというのが、すごく面白くて楽しかったです。



1人でも味わい上手になれば、お手伝い(操者)があるともっと味わえる!2人でないと味わえないものもある!



今まで、ひとり操体を当たり前(身近)にしたい!と思ってやってきましたが、心のどこかで「そうなったら自分は必要なくなるんじゃないか」とちょっとした寂しさもあったように思います。



今回、


上川名先生の声を通して耳から聞いて


先生方との実技を通して体感して


その寂しさが楽しさへと変わっていったような気がします♪



これからももっと協力しながら創り上げるセッションを大切にしていこうと思いました。



あと懇親会で上川名先生に、


「ともちゃんは声『だけは!』イイよね」と褒められちゃいました(笑)


声での表現は昔から苦手だったので、強め?に背中を押してもらえたのだと勝手に解釈してすごく喜んでおります(^^)


そんな?懇親会も含めて、多次元の時間が大好きです。


三期としての時間は残り1回となり少し寂しさもありますが、自分を表現しながら来月も皆と楽しみたいと思います。


上川名先生・三期の皆さま、今月もありがとうございました。


来月もよろしくお願い致します!

{414CBDF7-7520-461E-8757-83715EF9EEDE}



テーマ:

上川名先生、メーリングリストの皆様こんにちは。葛貫と申します。

基礎講座3回目の感想を書かせて頂きたいと思います。


今回私が一番感じた事は、自分自身の心の在り方が操法へ与える影響です。今回はセッションを行っても何だか上手くいかず、頭の中で考え始めたら更に上手く行きませんでした。そんな時は自分も気持ち良くないし、きっとパートナーはもっと気持ち良く無かったと思います。


常に平らにする事は難しい事ですが、それを補うために、日々の生活の中での行動の丁寧さや、所作を意識したりする事が、自身の操法を安定させてくれるのだと思います。この1ヶ月は日々の自身の在り方や丁寧さを意識して生活してみたいと思います。


この様な気づきを頂けるのも上川名先生を始め、3期生の皆様が、素直に私の操法を受けて、寄り添ってくれているから気付ける事です。


以前の私でしたら、操法が上手くいかない事は、やり方の悪さや、型の修正をする事を考えていました。それは浅い感覚だったのだなと思い、そこに気づき実感出来たことがとても嬉しかったです。


上手く言えませんが、操体哲学のこれってほんとかな?と思っていた事が一つ一つ実感出来て身になっていく感じがすごいです。


私にとっては多次元操体法の基礎講座は、幸せな生き方や在り方を教えて頂けるとても素敵な空間です。


上川名先生、3期生の皆様

いつもありがとうございます。

来月が最後になりますが、また素敵な時間を共有させて下さい。よろしくお願い致します。



{40DCC868-3F65-48F3-907E-F16AD33D6BDD}



テーマ:

上川名先生、メーリングリストの皆さんこんにちは。福島の氏家です。


今回3月11日に行われました、基礎講座3回目に参加した感想を書かせて頂きます。


今回も、前回の復習から始まりました。

その中で、操者はコンサルタントやコーチのような立場で道筋を立てる。それに沿って実践するのは受けて本人の役割であることをお話し頂き、自分自身を振り返ってみると受けての方に上手く伝えられていなかったように感じました。

また、手数が多くなってしまっていることに関して、ヒト触れの価値を上げて行くとお話がありました。実際練習して行く中で無駄な触れや持ち直しが多いと感じました。ヒト触れの価値を上げることは、自己評価を上げることでもあるということで、色々な場面で自己評価の低さが出てしまっていると感じるので、来月まで1ヶ月課題とし取り組んで行きたいと思いました。


今回は、座位での操法を教えて頂きました。

今まで、気持ち良さを感じながら体を動かして行く時に、操者と協力しながら行なっているつもりでしたが、今回気持ち良さを求める余り、先走って操者とではなく別なところとの釣り合いを優先していることをご指摘頂きました。

その後、操者動きや操者の手など接しているところに意識を向け気持ち良さを味わうと、協力してつくりあげているのが少しずつ実感できたように思います。


今回も、とても気づき多い時間を過ごすことが出来ました。課題も一つ一つ意識して1ヶ月取り組んで行きたいと思います。上川名先生、3期の先生方ありがとうございました。


最後までお読み頂きありがとうございました。

来月も、どうぞご指導よろしくお願い致します。

{C0DCE6C8-D3A1-487A-971B-9E98E50DC544}



テーマ:

多次元操体法基礎集中講座3期生

石川県金沢市の『ビタミン』こと北川です。


上川名先生、3期生の先生方、先日のセミナーおよび懇親会では大変お世話になりました。


今回は先生方に見られながらという緊張感の中で操体をするといった貴重な体験ができてよかったです。


被害者!?となる沼尻先生が味わい上手ということもあり、実際にはリードしていただきながらの操法となりましたが、その後に上川名先生からもアドバイスをいただいたりと贅沢な時間を過ごせることができ感謝しています。


まだまだ力くらべになっていること、事前に動きのデモンストレーションを行うこと、声がけ(どのように・ニュアンス)、そもそも相手に合っていない操法である可能性があること、多面的見て次の一手をうてるように心がけたいと思います。


また、私が操法を受ける際にベットが乱れてしまうことを上川名先生からご指摘を受け、相変わらず自分の所作の雑さを痛感したと同時に、このようなことは指摘されないとなかなか気づくことができないので、きめ細やかなご指導をしていただけたことを、とてもありがたく思っています。


また、それをしっかりと改善できるように、日頃の所作にも気を配るなど心のゆとりを持てるようにしていきたいです。


私は、今回で操体法講座3回目なのですが、だんだんと釣り合いが取れている感覚だとか釣り合いが途切れた感覚などを感じ取れるようにはなってはきたかな?と若干ではありますが成長の跡も見えて、少しずつ前に進んでいることを実感できました。


これも上川名先生をはじめご指導していただいた3期生の先生方のおかげなのでとても感謝しています。


相手によって?いい加減?が違ったり、まだまだ実際の臨床での操体など課題は山積みなので、日々実践を繰り返し精度を高めていきたいです。


上川名先生、3期生の先生方、今回も多くの気づき・味わい・笑いをありがとうございました!また来月よろしくお願い致します!

{94D25FFE-9308-415C-AD2D-FF98FE3D0FC3}



テーマ:

多次元操体法基礎集中講座1、2回分の感想をメール投稿ではなく掲示板の書き込みの方にしていたので改めましてメール投稿させていただきます。


上川名先生お手数おかけして、申し訳ありませんでした。


ここまで親身にしていただけて、とてもありがたいです、まさに<神>対応です。


ご指摘ありがとうございました。


-------------------------------------------------------


《2018.2 多次元操体法基礎集中講座2回目感想》


多次元操体法基礎集中講座3期生の石川県の北川です。


上川名先生、3期生の先生方、先日の多次元操体法基礎集中講座セミナー第2回および懇親会、大変お世話になりました。


前回の講座から、実際の臨床において操体法を取り入れて実践させていただいています。

未熟ながらも下手は下手なりに効くということで、自信をもって取り組んでいます。


今回はまた新しい操法を教わりましたが、あらためて多次元操体法の難しさや楽しさを実感することができました。


私が、操体で特にむずかしいと思っている部分は、力の釣り合いです。

受けているときは感覚としてわかるのですが、自分でそれを表現することができません。


また、操体導入時のタッチで、『力み』や『指感』を感じさせてしまうことを指摘されたりと、基本的なことがまだできていませんでしたが、先生方のリードやフィードバックのおかげもあり少し感覚を修正できたと思います。


まだ、頭で考えて操法をしているところがあるので、無意識領域で操法をできるように反復練習が必要だなと課題を感じました。


足ゆらセラピーは身体を揺らすだけなんですが、うけていてとても心地が良く後半意識がありません・・・


とても奥深いものを感じて、ぜひ実際の臨床でも取り入れていきたいです。


次は、どんな成長した自分に出会えるのか?

ひとつ楽しみができました。


ありがとうございます!


上川名先生、3期生の先生方

来月も、よろしくお願いします。


-------------------------------------------------------

《2018.1 多次元操体法基礎集中講座1回目感想》


多次元操体法基礎集中講座3期生の北川です。


上川名先生、3期生の先生方、先日のセミナーおよび懇親会では大変お世話になりました。


わたしは、今回の『多次元操体法基礎集中講座』にて操体法デビュー!!ということで、緊張・不安・期待とが入り混じった状態での参加となりました。


上川名先生をはじめ3期生の先生方の雰囲気のおかげで、まるで前から知り合いだったかのように関わることができ、楽しく操体法の雰囲気を感じ、そして味わうことができました。


正直わたしも、治療家のセミナー独特の殺伐とした?雰囲気が得意ではありませんでした。


でも、ココではそういうこともなく自然体「ありのままで」過ごすことができて、本当に感謝しています。


操体法については正直まだぜんぜん分からないし、他の先生方のような深い気づきは得られなかったかもしれませんが、まずは「操体法とはなんぞや?」というものを感じられスタートに立てたんだなと思いました。


一番強く実感できたことは、操体法を味わった後の余韻が「半端ない」ことです。


実は、連日の雪かき作業で腰部右回旋+伸展(ケンプテスト陽性)でかなりの痛みがありました。


わたしとしてはめずらしく、なかなか痛みが引かず長引いていたのですが、石川県に帰ってから「そういえば!?」と思い、その動きをしてみたところ痛みが激減していてびっくりしました。


そんな、特上の経験をすることができ貴重な時間を過ごさせていただいたことに、上川名先生や3期生の先生方にはとても感謝しております。


今後の講義も今から楽しみで、60点目指して操体法の基礎をしっかりと理解し体得していきたいと思います。


来月もよろしくお願いします、ありがとうございました。


{C2FD48A2-80E2-41FB-B184-338D156D143F}



テーマ:

上川名先生、メーリングリストのみなさん、こんにちは。

愛知県の長谷川です。


2月11日の基礎講座2回目の感想です。


自分が、受け手になって、操法を受けている時、丁寧に扱ってもらっているのを感じました。

そして、その丁寧さだけで、癒される思いがありました。

実感することによって、自分の行動も変化していくのだなあと感じました。


これも、受け手として感じたことですが、声掛けをされることで、「この動きをしていいんだ」と感じ、より自分を表現しやすくなるのだと思いました。


しかし、自分が操者として、声掛けをするときには、躊躇したり、考えが優先して感じることが止まり、声掛けを制限していると感じました。

今後、1人操体や操体法を受けることで、深まるにつれ、自然に出てくるようになるのではないかと思いました。


今回は、2回目の基礎講座でしたが、「これで基礎なのか」と思うほど、みなさんの動きが多彩で、操者として付いて行くだけで鍛えられる思いでした。

感性豊かなみなさんとともに受講できて、濃密な時間を過ごせることに感謝です。


また、来月も、よろしくお願いいたします。


{5D0FA8DE-2F20-4134-866D-E48CCDAF5A52}


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス