多次元操体法講習会・セミナーオフィシャルブログ

優しい力で瞬時に身体が変化する多次元操体法講習会に参加しませんか?国家資格の有無は問いません。宇宙大自然の法則と調和することで、技術向上と同時に運気向上し経営も好転します。意識の在り方と生き方が変わり人生が変わる整体セミナーです。

「多次元操体法講習会について」




橋本敬三先生の創始された操体法は、橋本先生の最晩年の直弟子・今昭宏先生によって更なる進化を遂げました。




2005年に師匠・今先生に入門した時に言われた言葉があります。「私の教える操体を踏み台にして、自分の世界を表現していきなさい。」その言葉がずっと心にありました。



2007年に
多次元操体理論を創案。精神世界の学びやヒーリング・各種手技療法等、操体以外の分野からもヒントやアイデアを取り入れながら操体の本質の探究が始まりました。そして2012年より多次元操体法講習会を開始しました。





多次元操体法の特徴を一言で言うと、「手技療法とエネルギーヒーリングの融合」です。




操体法をこれから学ばれる初心者の先生はもちろんのこと、DVDや書籍で独学で操体を学んでいた先生や、各地の操体法講習会で学ばれた先生が、操体のさらなる深遠な世界を学びに来られています。北海道から沖縄まで全国から先生方が参加されています。とても面白い世界です。




「治療に対する概念が根底から変わった。」「今までやっていたこと何だったのか。」「目からウロコが取れた。」そのような感想をよくいただきます。




それと、とても不思議なことに講習会に精力的に参加している先生から「運が良くなった。」「売り上げ最高記録を更新した。」「物事がとてもスムーズに運ぶようになった。」などの感想もよく頂くようになりました。




多次元操体法は宇宙大自然の法則の活用です。自然法則と調和することで、臨床での成果のみならず、経営面や私生活のあらゆる面でも変化が訪れるのです。




この不思議で面白い世界をより多くの先生にお伝えするためにこのブログを作りました。随時情報を発信していきます。




柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師、理学療法士、民間療法の整体師、カイロプラクター、各種セラピスト、いろんな先生が来ています。国家資格の有無は問いません。興味のある先生はじっくりとご覧になってみてくださいね。




多次元操体法講習会主催


やすらぎの杜整体院院長


上川名おさむ


NEW !
テーマ:

神戸のイズミ タカヤスです。

上川名先生、多次元MLの皆さま2017年10月14日の個人レッスン&講習会の感想を書かせていただきます。

(いつも温かく最後まで付き合って下さりML投稿も最速でされる栗原先生、投稿毎に素晴らしく分かりやすくレポートを報告してくださる宇野先生、ありがとうございます!)


個人レッスン


体に問い掛ける操法〜 を選んでしていただきました。個人レッスンは久しぶりでしたが、上川名先生の「雑音を減らしていく、気づいたらその度にまた雑音を減らしていく。」は、まさにその通りだと納得出来ました。

ともすれば「形がなくなっていく多次元的な操法」はまさに無駄(雑音)を究極に減らしていってる世界だなと。その瞬間瞬間に気づいて(意識して)作り上げられた世界だと理解致しました。改めて素晴らしいなぁ〜 と。


多次元講習会


テーマ「体との直接対話」

考えてみれば、多次元操体法は「体との直接対話」を普通にしてるな〜 と気づきました。で、その前の座学が『法則』について。これ、実は上川名先生が昔からよく仰って下さってた事だったのですが、最近より腑に落ちて理解が深まる事が出来ました。(時代も多次元に追いついてきてる?)より今瞬間を感じて俯瞰した気づきの意識(視点)を持つこと。

初参加の小塩さんが素晴らしい御質問をされて、気持ちが乱れた時の対処法?を上川名先生が伝えてくれました。それは、ただ気づく事です。良い悪いにとらわれない、ジャッジしない、あ〜 今そういう感覚なんだなぁ〜 とただただ気づいていくこと。瞑想的な世界でもありました。多次元操体・瞑想・気づき・宇宙・法則・自然〜 全てが繋がっていました。


私は時にその質問のように「負の感情にとらわれる」事がありましたが〜 そこに気づいてあげられること。そこから世界は作られます。マトリクス的な世界?気づき・サトリ・多次元〜 繋がるな〜〜 と思い益々多次元の世界にハマっていく自分を楽しく観察していました。より思考を排除すること、捨てること、とらわれずに外していった先に見えてくる気づきの世界があるんだろうなぁと。少しずつ、丁寧に、気づくこと。良い悪いではない世界に多次元を学ぶ楽しさが増して来ています。


おまけ?


上川名先生の多次元操体法との出会いにより、今先生の医学院に出会えてセミナーに特別に参加させていただいて来ました。本質は同じだけれど、アプローチの違いが面白かったです。学びは深いですね〜〜 内容は詳しく書きませんが、基礎講座2期生として習った「足ゆらし」これを最後に丁寧にしてもらうと〜 意識がとびました(笑)ここまで丁寧に、そして「感謝の気持ちを込めて」無心でする足ゆらしは凄いなぁ〜 と思いました。


おまけ?


今回、大阪セミナーで初参加された小塩さんも多次元講習会に初参加されていました。よりプロの治療家の中に入って堂々と学ばれてる姿には感銘を受けました。そして、個人的に習っておられる物を懇親会の場でされたのですが、本当に丁寧にやさしくされるそれは、ある種多次元操体法にも繋がる所が多分にあり勉強になりました。本当にビックリしました。面白く素晴らしかったです!

今回のように特に大阪セミナーで多次元に初参加された方々には、ぜひタイミングが合えば本場の仙台の多次元講習会へ学びに行ってもらいたいなぁと思いました。大阪セミナーの場も素晴らしかったのですが、また仙台での講習会は懇親会含めて濃く多次元の世界を味わう事が出来ます。それぞれのタイミングではと思いますが、個人的に小塩さんの行動力には感動しました。たぶん、純粋な思いが強くあるのだなぁと思いました。関西練習会も素晴らしいです。でも、一度本場の仙台で味わってみて下さいね!そして、関西練習会もよろしくお願い致します(宣伝)


あとがき・・


私個人は基礎講座で仙台に通った一年でしたが、講習会は4月の時以来ぶりでした。そして久しぶりに会えた先生達がいてとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

朝にあった富士本先生にはとても貴重な話を聞かせていただいて、セミナー1つ参加した位の価値をいただきました。柴田先生には私のお誘い?でお会い出来て素敵な懇親会でのコラボレーションが出来て嬉しく思いました。沼尻先生には筋トレから〜 いろいろなアドバイス、そして、いつも最後まで付き合ってくれる栗原先生に久しぶりに会った平野先生。特に平野先生はいろいろありながらも最後にはとてもスッキリ楽しい笑顔になれていて私自身まで嬉しくなれるような素敵な一日でした。本当に全ては書ききれませんが、講習会・懇親会でお会いした全ての先生との出逢いが楽しく感謝の念がたえません。これも多次元講習会ならではの素晴らしさだと思っております。


そして、最後に医学院に行っていた私の為に?(笑)顔を出していただけた上川名先生のあたたかさに改めて感謝と尊敬の念がありました。ありがたい仙台となりました。


長文となりましたが、最後までお読みいただき感謝致します。ありがたさを感じて今を生きる幸せ(心地よさ)です?


{75F10955-CE3D-48D9-A223-D28F000F1A33}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上川名先生、皆さま、こんにちは!!

昨日参加した、第62回 多次元操体法講習会及び個人レッスンのレポートをさせて頂きます!!


クリシュン先生、あれだけ遅くまで動き回ってたのに、レポート早!!

スゴイ!!!


☆個人レッスン編

通常、2つ3つくらいの操法を、やるところ、今回は、今までやってないことも含め、6.7個!!

かなり盛りだくさん!!


・イズミン先生が肩が痛い。

そんな時、どうアプローチするか??


多次元的アプローチ

?ひとまず、痛いところは、そっとしておく。

?いきなり患部にアプローチしない。

遠いところから。または、土台の足元から。


やったのは、

1.片足ワイパー操法。

2.座位での体幹ねじり、キツイ方に捻ってもらい脱力。

そこで釣り合う。

3.座位での、王様のひじ掛け操法。

釣り合い、寄り添う。


足元から、徐々に上半身、患部の方に近づく。

上川名先生も、今まで、いろんな組み立てを試してきたそうですが、足から(土台から)始めて、徐々に上半身に向かうアプローチが1番、効果的で、無駄がないとの結論に至っているとのこと。


・私の腰に対するアプローチ。

上川名先生の操法を、受けさせて頂きました!


今まで何十回も、講習会や個人レッスンに参加させて頂き、丁寧さや釣り合いの稽古に励んできて、俺もなかなかええ感じやん♪

と思っていても。

上川名先生の操法を受けると、毎回、毎回、スッゲ〜な!!

これか〜(*^^*)

全然違う!!

と、唸らされてしまいます(笑)


もう、これを感じられただけで、今回参加した意味があったし、元が取れた気がしました〜。


その中で「骨盤操法」が印象的でした。

?受け手はうつ伏せ。

?術者は、手を骨盤付近に置き、上下左右どの方向がイイかを聞き、イイ感じの方向にズラす。

?受け手に、わずか〜にお尻を浮かせるように、声がけし、その力と釣り合う。


私の感覚としては、骨盤の中から股間の方にジワジワ伝わってくるような感じがありました!

なんか不思議な、新しい感覚(*^^*)


ちなみに、上川名先生は、特に聞かないで、私のイイ感じの方向を探り当ててくれました!!


今回の個人レッスンでも、「身体との直接対話」というテーマに準じる感じで、特にどっちがイイとか聞かないで、行う操法が多かったです(*^^*)


他に、私が大好きな新肩甲骨操法、肩の外旋釣り合い操法?も、再び教えて頂きました〜(*^^*)


☆講習会編 テーマは「身体との直接対話」


前半、受講者の質問に対して、上川名先生が答えるという形で進行しました。


・ヒラシュン先生の質問

Q「股関節の痛みで、来月手術が決まっている方がいる。

でも、それまでは通ってくれる。

どうしたらイイのか??何を伝えれば??」


Aー自己責任であること。を伝える。

今、痛くなっているのは自分の責任。

でも逆に言えば、自分の責任で良くしていくこと出来る。


これは、伝え方、要注意。

「あなたが悪い!」っていうニュアンスにならないように。


施術の時、重い空気になってないか??

良くしたい、良くしたい。=良くなってない。

良くならなくてツライ。

すると、また、同じ、ツライ現象を引き寄せる。

重い空気でやってると、イイ現実は来ない。

重い空気を感じることが、またやってきてしまう。


だから、症状は脇に置き、気持ち良さや、ちょっとイイ感じを、今、感じる。←これが大切!

「いま、気持ちいい」

の波動を宇宙に放出する。

すると、また、気持ちいい!が、引き寄せられる。

これを、ちょっとずつ繰り返すと、大きな変化になる。


また、手術をすることが、必ずしも悪いこととは限らない。

その人がそれでイイと思っていれば、それはそれで問題ない。


長引く痛みは、糖質も大きく関係してる。

関節が糖化している可能性。

思い切って、糖質カットすればよくなることが多い。


多次元操体法は宇宙法則に則っている。

これ、最強。


初参加、スーパー主婦小塩さんの質問

Q「うまくやりたいとか、失敗したくないとかの思考が出てきたら、どう対処すればいいのか??」


思考は、勝手に出るもの。

意識して消したり、出てくるものではない。

その思考が出たことに気づくのが大切。

思考を無くそうとしない。

思考、感情を、眺める、眺めていると消える。

その思考や感情と一体化してしまっていると消えない。


例えば、怒りが湧いた時、その怒りが湧いたということに気づく。

そして眺める。

すると、やがて消える。


※自分の思考を眺めるワーク

1分くらい、どんな思考が湧いてくるか?湧いてくる瞬間を捉える。

浮かんでは消え、浮かんでは消えを勝手に繰り返すってことに気づきました(*^^*)


同じく小塩さんの質問

Q

どうしたら、父性と、母性を併せ持つ、上川名先生のような手をつくれるのか??

A

とにかく、気づくこと。

触れる前から。

風の抵抗に気づく。

自分の筋肉の抵抗に。

触れる前のモワッと感や温かみ。

触れた時の感覚。

周りの音、匂い。

丁寧に、丁寧に、丁寧に。

気づく。


ちょんちょん操体、ツンツン操体

ー受け手が、仰向け膝屈曲の状態で、膝頭をちょんちょんと人差し指で触る。

もしくは、もう少し強めにツンツンと押す。

その刺激に、お互い気づく。

腰の方に、伝わることに気づく。

すると。

それだけで、膝倒しの動きが良くなりました〜。


気づく。

簡単に見えて難しく、奥が深い。

そして面白い!!


気づいて行こう!(*^^*)


最後に。

やったワークと操法は、


?心を鎮めて、思考が湧いてくる瞬間に気づくワーク

?ちょんちょん操法、ツンツン操法

?膝圧操法

?脊柱圧操法

?座位での体幹ねじり逆モーション脱力操法。


そして。

懇親会では前代未聞なことが起こりました〜(*^^*)

ていうか、起こしたのかな!?

とにかく、凄かった!!


上川名先生、ご一緒して頂いた皆様方、本当にありがとうございました!!


毎度、長文お読み下さいまして、ありがとうございます!!!


{49B03FDC-E891-4400-9E3B-2FCA467D9068}















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上川名先生、メーリングに参加の先生方、いつもお世話になっております。


仙台で手ごころ整体院を営んでおります栗原です。


第62回多次元操体法講習会の感想です。


今回のテーマは体との直接対話でした。



気持ち良さをクライアントに聞かずにこちらで完結できるようになりたくて今回専門学校の同級生の内海先生と申し込みました。



座学では

治る、治らないは自己責任だけどそれをそのまま伝えるとクライアントが自身を責めてしまうので伝え方が重要で、逆にそこから自分で良くすることも出来ることも伝える。



今出来ることをする。



治したいと思うことは治っていない現実を引き寄せるので、痛みは一旦わきに置いてもらい今この瞬間の気持ち良さを味わいその気持ちよい波動を出すことで結果が出る自然法則。



実技では

脊柱圧を段階的にやりました。



受けているときに真っ直ぐ足を上げられると違和感が出て、斜めに行きたい方向に釣り合ってもらったら気持ち良さが出て肩の可動域が改善しました。



次に体幹を捻り行きにくいほうに捻り、そこから脱力してもらい釣り合う操法を行いました。



そのときの壁になるときの手は胸部の形に沿ってフワッとさせ、受け手の方に脱力してもらった瞬間に1ミリも戻させないようにしっかり圧を封じるのがポイントです。



このときに手に力が入って胸部の形に沿っていなかったり、壁が甘かったりして圧が抜けてしまい、毎月個人レッスンも受けているウッピー先生との微差力を感じました。



この微差力が深い味わいを産みます。



懇親会でも一次会から魂の解放の場面に立ち会えて深い深い夜となりました。



上川名先生、参加された先生方、ありがとうございました。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上川名先生、MLの皆様こんにちは。
京都でさとう整骨院をしております佐藤と申します。

多次元操体法第60回スペシャルセミナー
「指一本操法」に参加させていただきました。

最近は基礎講座や大阪セミナー、合宿などには参加させていただいてましたが、多次元操体法講習会としては久しぶりで約一年ぶりの参加でしたが、とても楽しく学ばせていただくことができました。

グループレッスンでは脊柱圧操法、三軸操法、そして「気づく」ことの大切さについてご指導いただきました。

操法中は瞬間、瞬間、相手だけでなく自分にも気づくようにし、自分の呼吸や声、思考、身体の動きに気づく。

操法中のベッドへの上がり下りするときも、一つ一つの動作を丁寧に気づくようにする。

気づくことで、今瞬間を感じているエネルギーとつながり操法の精度も上がる。

とても深い内容のグループレッスンでした。


そして講習会では「指一本操法」

指一本での操法は以前にベテランの先生方がされていたのを見て、いつかできるようになりたいと憧れていたのでとても楽しみでした。

まずはじめに竹ひごを使い、つり合いや指の感覚を上げた状態でスタート。
最初はできるか不安でしたが、やり方やポイントを丁寧に教えていただいたので、なんとかできるようになり嬉しかったです。

上川名先生がおっしゃるには指一本操法はパフォーマンスの要素もあり、実際には手の平でやる方が安定はするが、指一本でつり合うには、つり合う一点を見極める必要があるので、つり合いの精度を高める為のいい訓練になるということでした。

実際、指一本操法の後は普通の操法を行なっても、つり合いの感覚や圧を封じ込める感覚がとても分かりやすかったです。

憧れていた指一本操法もできるようになり、とても学びの多い講習会でした。

ご一緒させていただきました先生方、大変お世話になりました。ありがとうございました。
一年ぶりの参加でしたが、久しぶりにお会いできた先生、そして初めてお会いできた先生、今回も素敵な出会いがたくさんの講習会でした。
そして丁寧にご指導してくださった上川名先生ありがとうございました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上川名先生、メーリングリストの皆さまいつもありがとうございます。神戸で整体整骨院をしておりますイズミです。基礎講座2期の最終講である第4講と基礎講座を通しての感想を送らせていただきます。お読みいただければ幸いです。

まず、第4講は「ヒフ操法」を中心としての学びとなりました。他の先生方と重複する内容もありますが、私の復習も兼ねて書かせていただきます。

まずは以前の講習会に参加した際にも教えていただいた頭部・頚部の皮膚操法?「頚椎無重力操法」これはとても私自身が好きで使わせていただいている操法の一つになります。多次元のエッセンスを多分に含んだ優しくて丁寧な所作からの触れは、まるで大切な陶器を丁寧に丁寧に扱うようにソッと触れて頭頚部を無重力の様にただただ触れて感じて気づいて。
体の声にそっと耳を傾けるように、あらゆる感覚で感じます。そして、ソッと寄り添います。

ヒフ操法は、この感じる感覚がより繊細な様に感じますね。特に頭という大切で、疲れやすい部分はいろいろと影響や効果が体全体に繋がっている気が致します。

ちなみに、この皮膚操法は大阪セミナーでも上川名先生がご教授していただいた操法になると思います。触れて・気づき・味わうこと。思えば~ 基礎講座2期の間にあった大阪セミナーは何かと繋がっている事があったりと‥ とても学びが深く味わいのまた一段深く感じる事が出来ました。本当に楽しかったです(笑)

そして、この頚椎無重力操法より~ 進化させた頭部に対する操法を何通りか教えていただきました。面白かったのは「耳引っぱり操法」でしょうか。私自身はよく感覚はつかめなかったのですが、胸骨と耳をで感覚を拓かれた先生がおられて改めて多次元操体の素晴らしさを感じる事となりました。本当に楽しくて素晴らしくて面白い世界です。

余談ですが、この頭部への操法をクライアント様にさせていただいてかなり変化が出ました。本当に操体って優しくて温かい手技・施術だなぁと思いました。ありがとうございます。

その後、前腕部への操法はとても感じやすい所で好きな操法でした。ただこの感覚のまま相手にも~ と思っても少し違った感じでした。それは「自分の感覚を相手に押し付けていた」んだなぁと。" 自分はこうなりたい " という感覚の押し付けは相手の事を感じられてなかった事例として勉強になりました。具体的にはお相手をしていただいた斎藤先生を「何とか横に倒したい」といつの間にか無理やり的になっていた事です。斎藤先生的には後で「床に頭をつけたくない」と仰ってて倒れたくなかったそうです(笑) でも、この「何かしてやろう」という操者の思いは相手にも伝わるし、相手の事が見えていません。以前に田河先生から『私の事をみて!』と言われた時に自分の中の感覚だけになっていて、" 相手の事を見れていなかったなぁ~ " と反省した事があります。相手の事をいろいろな意味でしっかりと見ること。視診という意味でも大切であり、私にとって一番足りていなくて大切なものだと思いました。多くの学びがとてもあり感謝致します。

この様に~ 続けて4ヶ月の期間を同じメンバーで学び合うという機会は、とても有意義で素晴らしい時間を共に過ごす事が出来ました。まだまだ話し足りない事も多々あるのですが、本当楽しくて素敵な時間でした。もちろん、懇親会では馬鹿な話しばかりだったかもですが(笑) なんだか‥ もっともっと沢山話しておければよかったなぁと。

ついつい、照れ隠しなのでしょうか?私は何だか恥ずかしくなってしまって冗談ばかり言ってしまうのですがもっともっと沢山いろいろ話せたらなぁ~ と思った基礎講座2期でした。住んでる地域も年齢も経歴も違う先生達が全国からこの4ヶ月間集まって学び合うこと。言葉には出来ない胸に温かいものを感じられた~ 多次元の基礎講座でした。

2期生の皆んなで上川名先生に寄せ書きと、そして記念のプレゼントのけん玉を渡す時に思わず泣きそうになってしまって(笑) 涙もろくてダメだなぁ~ と思って我慢しました。

でも、そんな自分も " ダメじゃない " と感じて、そのままで本当はよかったのかなぁ~ と少し、今に残る課題です。泣きたい時は泣いて、笑いときは笑い合える場所であり、空間であり、仲間なんだってね。どこかまだ自分を取り繕っている所が何か自然じゃない最後の部分かなと思っています。

多次元操体・操体法は、とてもやさしくて体の声を聞いて寄り添う整体です。普通の整体法とは少し違ってて変わってて素敵な整体・操体法です。昔もだろうけど、今はもっと?この体にやさしくて寄り添い、声を聴く自然の整体法は必要だと感じています。もっと体の声を聞けるように~ ちゃんと技術もしっかりと学び続けてと思います。学びに終わりはないですから。一生勉強です。今回、基礎講座を受けたのは今まで学んでいた多次元操体法を基礎から学び直したいと思ったからです。今から~ やっと操体の学びが始まった様な気がしています。

現場の臨床で、各地での練習会で、そして多次元の講習会で~ 学び続けていきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願い致します。そして、最後に上川名先生、2期生の皆んなと共に過ごした時間は最高でした!また会いましょう!!ありがとうございました。

多次元基礎講座2期生 泉公庸(イズミン)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上川名先生、MLのみなさんこんばんは。
石巻の堀込です。

基礎講座最終講の感想を書かせていただきます。

まずは、前回のおさらい。
体幹ひねりと、胸骨スライド操法。
さらに省エネ化されたバージョンでは、キツイ方に体を捻ってもらい、優しく支えて、力を抜いてもらいます。
すると、体は元に戻ろうとするので、その力と釣り合います。

坂梨先生とペアになり、実践させていただいたところ、やればやるほど固くなり、可動域が狭くなる一方…
上川名先生にヘルプを求めたところ、すんなり柔らかくなりました。

相手に問いかけ、身体の反応を聞くよりも、
私の「やってやるぜ」という気持ちが前に出てしまっていたかもしれません。
また、壁になろうとして力んでしまっていました。

坂梨先生に施術していただくと、ほぼ力を加えない極限の優しさで、それでもしっかり結果が出ました。
坂梨先生は「膜を意識している」とおっしゃっていて、私は釣り合うということを勘違いしていたかも知れないと大きな衝撃を受けました。


そして
・頭部無重力操法
・耳ひっぱり操法
・頭蓋骨操法
に入りましたが、先ほどの経験から、力を入れず、触れて気づく事に集中することができました。
どれも膜を意識することで、より広範囲にひびきます。
何とかしようとせず、ただ気づくことで、わずかなうごめきを感じることができ、それと釣り合うことが出来るようになるそうです。

「細胞はただ安心したい。その安心を提供する」という言葉をいただきました。

治そうとすると、効果が薄まるのだと思います。
まさに、最終講にふさわしいハイレベルな内容でした。



この度、4ヶ月間の基礎講座を受けさせていただいて、自分の施術がレベルアップしてゆく感じがとてもうれしく、仕事がさらに楽しくなる毎日でした。
引き出しの少なかった私自身の芯が補強されるイメージで、施術にも自信がでてきました。
毎月ご一緒させていただいた先生方とも、回を重ねるごとに打ちとけて行くのを体験させていただきました。

上川名先生の「場の雰囲気」を大切にする心、全員と真剣に向き合う姿勢によって、お互いを思いやる関係が出来上がったと思います。

操法のみならず、基礎講座でいただいた先生方とのつながりは、人生の財産になると感じています。

上川名先生のように、もっともっと、患者さまと向き合い、問いかけ、ひとりよがりの操法にならないよう心がけます。
本当にありがとうございました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上川名先生、MLのみなさんこんばんは。
石巻の堀込です。

基礎講座最終講の感想を書かせていただきます。

まずは、前回のおさらい。
体幹ひねりと、胸骨スライド操法。
さらに省エネ化されたバージョンでは、キツイ方に体を捻ってもらい、優しく支えて、力を抜いてもらいます。
すると、体は元に戻ろうとするので、その力と釣り合います。

坂梨先生とペアになり、実践させていただいたところ、やればやるほど固くなり、可動域が狭くなる一方…
上川名先生にヘルプを求めたところ、すんなり柔らかくなりました。

相手に問いかけ、身体の反応を聞くよりも、
私の「やってやるぜ」という気持ちが前に出てしまっていたかもしれません。
また、壁になろうとして力んでしまっていました。

坂梨先生に施術していただくと、ほぼ力を加えない極限の優しさで、それでもしっかり結果が出ました。
坂梨先生は「膜を意識している」とおっしゃっていて、私は釣り合うということを勘違いしていたかも知れないと大きな衝撃を受けました。


そして
・頭部無重力操法
・耳ひっぱり操法
・頭蓋骨操法
に入りましたが、先ほどの経験から、力を入れず、触れて気づく事に集中することができました。
どれも膜を意識することで、より広範囲にひびきます。
何とかしようとせず、ただ気づくことで、わずかなうごめきを感じることができ、それと釣り合うことが出来るようになるそうです。

「細胞はただ安心したい。その安心を提供する」という言葉をいただきました。

治そうとすると、効果が薄まるのだと思います。
まさに、最終講にふさわしいハイレベルな内容でした。



この度、4ヶ月間の基礎講座を受けさせていただいて、自分の施術がレベルアップしてゆく感じがとてもうれしく、仕事がさらに楽しくなる毎日でした。
引き出しの少なかった私自身の芯が補強されるイメージで、施術にも自信がでてきました。
毎月ご一緒させていただいた先生方とも、回を重ねるごとに打ちとけて行くのを体験させていただきました。

上川名先生の「場の雰囲気」を大切にする心、全員と真剣に向き合う姿勢によって、お互いを思いやる関係が出来上がったと思います。

操法のみならず、基礎講座でいただいた先生方とのつながりは、人生の財産になると感じています。

上川名先生のように、もっともっと、患者さまと向き合い、問いかけ、ひとりよがりの操法にならないよう心がけます。
本当にありがとうございました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上川名先生、ご参加の皆さんこんにちは!沖縄で鍼灸・整体の治療院をやっている宇座です。

基礎講座の最終講の感想を書かせていただきます。


今回のテーマは頭頚部と皮膚。

個別の操法に入る前に
「頭頚部はとても繊細な場所で、触れられるだけで変わる。
その方にとっての理想の枕を作ってあげるつもりで触れるといいですよ」
というお話がありました。
‘理想の枕‘ってイメージしやすくいい表現ですね!これから頭に触れる際には常に意識したいと思います。


操法としては
・頸椎無重力操法とそのアレンジバージョン
・耳引っ張り操法
・胸鎖乳突筋操法
・頭蓋骨への操法(今回は前頭骨と側頭骨)
・前腕皮膚操法
を学びました。

他の方が書いて下さると思うので、各々の操法については省略しまして、自分が上川名先生にやらせていただいた耳引っ張り操法からの学びについて書いてみます。


・耳たぶではなく耳の穴近くを母指と示指で持ち、耳を頭蓋からはがすように軽く引っ張る。

これは以前上川名先生や宇野先生、くりしゅん先生たちが参加された藤本靖先生の耳引っ張りが元になっていて、その時の内容を沖縄に遊びに来た宇野先生達にシェアいただいて以来自分も使っていたんです。
それを上川名先生は多次元流に改良し、触れてるだけとか軽ーく引くよりももう少しテンションの繋がりを感じやすいようにアレンジされていました。

・受け手の心地良い方向・強さでテンションを感じ、蠢き・動きがあれば付いて行く

これが結構難しく、いや、やり甲斐があり^^、受け手の動きのが大きければ大きいほど上手く付いて行けず、途中でテンションが落ちてしまい、「左の耳をもうちょい引っ張ってみて」などとその時に欲しい感じを伝えてもらい抜けたテンションを合わせながらやらせてもらいました。

上川名先生はもちろんのこと、伊比先生のような上級者と組ませてもらうと、ご本人の味わう力が凄いので、勝手に心地良さを探して自発動出るんですよね。
そして、その時々や終わってから「あそこでテンション抜けてたから・・・」と教えていただいたりするんですけど、要は術者の手を借りて一人操法してる感じだと思うんです^^
なので、その心地良さを邪魔しないように術者も気づいて付いて行ける力を付けないといけないなあと思うのですが、今回もまたそれを感じたとっても貴重な機会に恵ました。

基礎講座に参加した意義はこういう所にあるので、課題がとても明確になりウキウキしてます(^^)



また、耳引っ張りや乳突筋操法、前回の肩上げ操法のようにしっかり味わえる、やってもらってガッツリ効く操法や気持ちいい操法を上手く組み合わせて施術することがクライアントの満足度を上げ、また来たいと思ってもらえるエッセンスになるんだなあと感じました。
ただただ自分のやりたい操法を繰り出している現状から構成を少し変えてみたいと思います。


この耳引っ張りや皮膚操法で今まで以上に感覚が開かれる人が続出!前回の犬神家の一族的シーンがさらに繰り広げられていました(笑)
身体の持つ本来のチカラは素晴らしく、ワタシ自身もまだまだ気づかない自分の凄さを今以上味わえるようになり、クライアントさんへももっともっと伝えていけるように精進したいと思います。




偶然知り合えたこの2期のメンバーと毎月会えるのは最後になりますが、それぞれの才能を生かしたちょっとしたサプライズも成功し、大団円を迎えました。
また集まれる機会を作っていきたいですね!

このようなご縁に感謝し、上川名先生の教えに触れられた夢のような4ヶ月間にも感謝しつつ、ワタシの感想を終わりたいと思います。
ありがとうございましたm(__)m

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上川名先生、メーリングリストの先生方、こんばんは!
渋谷の田河と申します。
昨日の基礎講座第2期最終講の感想です。

まずオープニング、5kgのダンベルの使い方から。
上川名先生、頭の重さを体感してもらうために、このダンベルをご用意しているそうで。
しかもその際、より重さを感じられるよう、患者さんに持ってもらうダンベルは、身体から少し離れた所に置いているとのこと。
神は細部に宿りますね!

実技のスタートは「体幹捻り」と「胸骨スライド」の復習から。
少しバージョンが変わり、絞って(テンションを集めて)から脱力してもらう省エネスタイルに。キツい方に絞っておいてから、
受け手に脱力してもらうと、戻っていく力と釣り合うことになり、キツさが全然ありません。これは楽チン!今日もバンバン使い、反応も良かったです。

以下、実技です。
・頚椎無重力操法
仰臥位で後頭部に触れ、ただただ手の平の内側に気付く。それだけ。受け手の気持ちの良いように触れる。

【注意】まずベッド、髪、頭と徐々に触れ、全ての操作を丁寧に。頭も片側づつ傾けて、頭の下に手を入れる動作も繊細に。触れる手は毛の流れにも逆らわないように。
緊張を起こしやすい部位なので、ここを緊張させずに触れることで、頭頚部の広範囲な弛みに繋がるのでしょう。

・別Ver
牽引とも言えない程度、わずかに頭を持ち上げてからゆっくり、繋がりを感じるところまで降ろす。

【感想】ペアの宇座先生の、支える手に存在感のないことにビックリ!ちょっと引かれると胸椎まで繋がってまたビックリ!!上川名先生に
は足の指にまで繋げていただき、身体が袋なんだと実感出来ました!


・耳引っ張り
仰臥位で両耳(耳穴の前辺り)をつまんで、外方へ引っ張る。頭から耳を引き離す方向へ。方向はテンションを感じられる方に調整。

【注意】実際は強く引っ張らない。すると、頭の(?)うごめきを感じられる。出来るならそれに付いていく。強さは「これくらいの
強さで良い?もっと引かれたい?」と確認すれば良い。

側頭骨→蝶形骨→横隔膜と緩むので、呼吸がし易くなる。

【感想】気持ち良くて頭までボーッとする。頚椎まで緩んでビックリ!うごめきが感じられ、とても新鮮でした。


・胸鎖乳突筋操法
仰臥位で頭部を回旋。回旋させた側、下になる胸鎖乳突筋にテンションが来ればオッケー。下になる耳の近く、結構下の方に潜り込ま
せるように手を入れて側頭骨を支えてあげる。

【注意】首を捻じ切るような強い、苦しいテンションにならないように。

・自然に行くところまで首を向けたところで、下から側頭骨を支えてあげると首の重さが自然にかかって良い(?)
・回旋側と逆の踵伸ばしをしてもらうと、よりタイト感UP!
・手ぬぐいで頭部を包んであげると、よりタイト感や膜感を感じられる(?)

【感想】乳突筋もそうだが、斜角筋、僧帽筋など普段重くなるところに自重が実に気持ち良く効く。自然な重さと釣り合うことの気持
ち良さを伝え易くて素晴らしい!力を抜いてもらったとたんに始まる感じが新鮮でした。


・頭蓋骨の操法
前頭骨、側頭骨、頭頂骨に圧をかけ、気持ちの良い方に圧迫しつつズラす?あまりよく分かってないので、他の同期の解説に期待。


・皮フ操法
前腕で回内、回外どちらが心地良いか、テンションを伝えるように触れ、心地良い方に巻き込むようにテンションをかけてゆく。
すると、受け手の体に自然な動きが生じてくるので、逃さずに付いてゆく。

【注意】一定のテンションで巻き込みつつ、長軸方向への圧も忘れずに。動きに付いていく時、抜けてしまっても追いついていく。

・どこからでも出来るが、前腕からが入り易い。

【感想】とのことでしたが、ペアの坂梨先生微動だにせず。……。上川名先生のアドバイスで体幹(鎖骨-肩甲骨)へのタッチに切り
替えたところ、大きく体が動き始め、イズミン先生ばりの謎の動きに!
感度の良さに感心していたのですが、ペア交代で初めて自分でも自然と動き出す感じが体感出来ました。いつもはハイレベルな先生に
やって貰っている感が強かったのですが。割とレベルの近い同士のペアというのも、別感覚で良かったのかも知れません。


・総復習
自由にやっちゃって、の多次元の本来のスタイルで。でも、復習の膝倒しからスタート。気持ち良さ、詰まりの解放を意識してやっていたら、
何操法でもないものになっていました。
お互いが分かっているので、色々探究出来て楽しかったです。ペアの三村先生とはお互いに今日一気持ち良い操法にたどり着けて、満足満足。
イズミンとのペアダンスも普段出来ない激しい動きが新鮮で。かつてなく肩甲骨が解放されて、今もスッキリ自由です。ありがとう!味わい尽くせました。


【全体の感想】一定期間、短期集中的に毎月固定メンバーで学べたことは、本当に意義深く楽しい体験でした。「また来月も行く。同
じ仲間に会う」という意識は、忘れっぽい私が多次元脳でいる時間を大幅に増やしてくれました。脳が変わると結果が変わりますね!
患者さんが来てくれて、操法が出来るのが本当に毎日楽しいです。
講座自体も回を追う毎に楽しくなるし、私は殻の硬い人間なので、こうした連続講座は本当に良かったです。一歩が踏み出せない人にもおススメですねwww

そして、毎回前回を上回る内容をご用意下さる上川名先生にも感謝!もちろん同期にも感謝しかありません。

まぁ、今後も、自分の治療院に戻ってから「どうやるんだっけ?」となったり、習ったようにやってあげられないもどかしさはたくさ
んあるでしょうが。それすらも楽しんで、ズブズブ操体沼に沈んでいきます。今後ともよろしくお願い致します。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上川名先生・MLの皆さんこんばんわ。

福岡の今畠です。

遅くなってしまいましたが、7月15日に第59回多次元操体法スペシャル講習会を受講させて頂きましたので、感想というよりも、講習会を受けて自分の感じたことをシェアさせて頂きたいと思います。

今回のテーマは「足の解放」でした。

座学
多次元操体法は、一般の治療法と違い、治療技術ではなく人と向き合うことを中心としており、自分の心の中にある体の希望を叶えること。
ただただ気持ちよさを追求した結果が大切である。
 特に人はきちんとしないといけないという気持ちが強いため、それを外してあげることが大切である(ダメ人間になる(笑))
 治したい、痛みをとりたい、などを思いながら行うと、そうならない結果を引き寄せてしまう。
 講師のやり方が正解なのではなく、施術者と患者が一緒に協力して施術を行っていくことが大切である。

 症状の軽い、重いは関係なくコミュニケーションの問題であり、治すことを放棄し、相手とコミュニケーションをしっかりとっていくことにより、効果が得られる。

実技
1、 足趾の操法
2、 中足骨の操法
3、 (胸骨スライド操法)


1に関しては、足趾の屈曲・伸展の動診や相手の気持ちよさ等を観察しながら、相手の動きに釣り合いをとっていく。圧を内側に封じ込めるとよい。(なかなかこの感覚が難しい)

2に関しては、中足骨の回内、回外の視診や動診を行い、行きづらい方から、行きやすい方に動かしてもらいそれに対して、優しく触れ、壁をしっかり作り、釣り合いをとる。
(壁の作り方にやや苦戦しました。)
3に関しては、講義中に流れて、お伝えいただきました。
肩を上げられるところまで上げていただき、その後胸骨を上げた肩の方にスライドさせて釣り合いをとっていく。

 いつも座学も実技も面白く、場の雰囲気に勉強させていただいているような感覚です。お互いに高め合っていく場であり、本当に自分の感覚が上がっていくのがわかります。いつもありがとうございます。

以上になります。

 上川名先生・一緒に受講されました皆様本当にありがとうございました。
しばらくは福岡でバタバタしておりますが、また受講させていただきたいと思っております。3か月間連続で参加させていただき、本当にありがとうございました。
 多次元操法という場や、上川名先生や一緒に受講された皆様とお会いすることができ、本当に幸せです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。