2013年09月28日(土)

【ブロムシュテット氏来会】

テーマ:【安息日】

本日も心のエステ・フィットネスに

立ち寄ってくださり、

ありがとうございます。


本日は午後より、

SDA東京中央で行われる
聖書研究セミナーに参加するために

原宿へ行く機会がありました。


午後3時からだったのですが、

少々早めに到着・・・


すると セミナールームに、

わたくしどもの教会の誇る

名指揮者


NHK交響楽団名誉指揮者の一人

ブロムシュテット氏 が・・・!!



写真をお願いすると

気さくに 快く応じてくださいました。


【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-ツーショット

少々、ピンボケで残念ではありましたが・・・


ブロムシュテットさんは、認知症になられた奥様を

温かく介護しながら、演奏活動を続けられた

ドキュメンタリーがかつてテレビで放映されたことも

ありました。


【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-シュテットさん


日本に来日中の安息日には

必ず教会の礼拝に参加されます。



【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-演奏中

現在86歳でなお、熱心に演奏活動をなさっています。


安息日に 教会で 神様を礼拝することで

創造主なる神様からの愛と命を充電することは、


創造性を要求されるご自身の音楽活動の

また、長時間の演奏に耐えるための

活動の原動力とおっしゃいます。


そのために、安息日に
こころも体もしっかりお休めになるのが

とても大切だと考えておられます。


ますます お元気でご活躍なされますように。


別れ際に、自分の讃美歌にサインも

してくださいました。


【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-サイン


よい安息日の午後となりました。


みなさまも、どうぞよい休日を。


こころも体もゆっくりお休めに

なることができますように。


*************************


本日もお読みくださって、有難うございます。

今日もみなさまの一日が良い日でありますように。

神様のお守りが豊かにありますように。


よろしければ下記アイコン

応援クリックお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ


【>>このブログのトップに戻る】  


(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、

サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが

弊ブログとの関係はありません) 







































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年07月09日(土)

【わたしの目にあなたは高価で尊い】

テーマ:【安息日】

本日もこころのエステ・フィットネス

立ち寄ってくださり有難うございます。


教会の礼拝について

お伝えしていますが、


礼拝とは、神様の人類に対する約束を

確認する時でもあります。


神様は聖書にご自身の思いを

記しておられます。


その約束は、空の星の数ほどあると

記されています。

(創世記15章5節)


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-星空

故 坂本 九さんの名曲に

「見上げてごらん空の星を」

がございますが、


わたしは聖書を読む時、個人的に、

坂本九さんの歌と神様の想いが

リンクします。


その星の数ほどある約束にすべて

共通する神様の想いは


「わたしの目にあなたは高価で尊い」

(イザヤ書43章4節)


という思いなのです。


聖書の創造主は、

すべての命を慈しんでおられ

すべての命を大切な、大切な

なくてはならない尊い存在として


認めてくださっている

お方なのです。


自分は創造主から愛されている

大切な存在・・・


この存在確認の時が、

礼拝の時といえます。


**************************

本日も、お読みくださってありがとうございました。

下記ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】アイコン

の応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


【>>このブログのトップに戻る】











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年07月03日(日)

【礼拝の意味・必要:自分自身を取り戻す時】

テーマ:【安息日】

本日も、こころのエステ・フィットネスに

立ち寄ってくださり、有難うございます。


このブログ、タイトルを

こころのエステ・フィットネス

としておりますが、


キリスト者にとっての実際の

こころのエステ・フィットネスの場は

「教会」という場所です。


本日は、その教会のルーツについて

お伝えしたいと思います。


*************************


一般に、「教会ってどんなところ?」と尋ねられた時

「礼拝」を行うところです・・・とお答えしておりますが、


聖書に、記されているそのルーツは

次の聖書の箇所にあります。


「天地万物は完成された。第7の日に、

神は御自分の仕事を離れ、安息なさった。

この日に神はすべての創造の仕事を離れ、

安息なさったので、第7の日を神は祝福し、

聖別された。」

        (創世記2章1-3節)


*************************


聖書は、天(宇宙)、地(地球)を創造した神

創造主(クリエーター)の存在を記しています。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-宇宙2

創造主とは、宇宙と地球のあらゆる生命体

の存在する根拠を握っておられる方

と記されています。


  【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-地球3


創造主の創造された当初の地球では

神と人は共に過ごし、楽しく語り合えていた

と記されています。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-地球2

その特別な日は第7日の日であったと

書かれています。


それを「安息日」といいます。


ここにキリスト者が一週間に一度

礼拝を行う起源があります。


********************


しかし、その至福の時は、ある事情により崩壊

するのです。(創世記3章)


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-雷2

その悲劇とは、神と人類の間に介入してきた

神の敵(竜、悪魔と呼ばれる)、罪によってもたらされた

創造主と人類との【関係が断絶】(バイオスの死

のことです。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-関係の断絶


人は創造主なる神様を見失いました。

その結果、人は「愛」を失ったのです。


創造主なる神様との

「愛の関係」を喪失したのです。


創造主は愛であると記されているからです。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-枯れた花

悲しみは世界に広がっていきました。


その悲しみの根本にあるのは、

愛を失ったこと、


さらに、愛を失ったことにより

人は自分自身を見失いました。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-霧の中

自分自身を見失うとは

生きる意味や目的、

自分自身の存在意義を

失った・・・という意味です。


聖書は人の生きる意味や目的について

人は、創造主なる神様に創造され

愛されている存在であり


そこで受けた愛を今度は人間同士

互いに分け与え合っていくこと


と記しています。


よって、

愛の根源である創造主を失うことは、

自分の存在意義を見失うことになるのです。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-霧の中2

*********************


そこで、失われた自分自身を取り戻すため

愛の関係を取り戻すため

自分の存在意義を取り戻すため

創造主なる神様との「礼拝」の時、


が必要となったのです。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-地球を守る手2


礼拝を通し、人は心の平和を回復します。

人の心に平和が回復することによって

神はご自分の御手に地球を回復されます。

人のこころに愛が回復すること

これが平和の根源となるのです。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-天からの光



**************************

本日も、お読みくださってありがとうございました。

下記ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】アイコン

の応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


【>>このブログのトップに戻る】











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月10日(金)

【安息日のススメ】

テーマ:【安息日】

本日も心のエステ・フィットネスに立ち寄って

くださりありがとうございます。


さて、教会では一週間に一度

礼拝日、安息日を設けています。


安息日とは・・・


久留米ステンド

「安息」とは「ふぅ~」と温かく気持ちのよい

お風呂に入ったときなど、思わず出てしまう

「息」のような状態です。


リラックスして、緊張がほぐれる時・・・


そのようなイメージを想っていただきたいと思います。


**************************



聖書はよりよく働くために、あえて安息日を休息をとることを

勧めています。休息は大切なつとめでもあります。

高速化の時代だからこそ、心も体も擦り切れてしまわないように・・・

適切な休養は、よりバイタリティに仕事のこなすための


必須条件です。忙しさの中で 見失われがちな 

ご自分自身を 貴方の良さ 貴方らしさを 

とり戻す時でもあります。


●●聖書のことば●●

「第7の日に神はご自分の仕事を離れ、安息なさった。
この日にすべての創造の仕事を離れ、安息なさったので
第7の日を神は祝福し、聖別された」
(旧約聖書:創世記 2章2-3節)


***************************************************


●【創造主】と聖書を通して向かい、自分を見つめるひととき。
 そのような時間によって、貴方の【創造力】はさらに養われ

 豊かなものになります。

●ノーベル賞受賞者の中や世界の経済界でのユダヤ人の業績、
活躍はよく知られているところですが、
その創造力、エネルギーの源泉は安息日なのです。

●休むことは、決してさぼることにはなりません。適切な休みは
  目標、目的を冷静に軌道修正する時、また新たな発想を養うとき
  となることでしょう。日頃、時間がとれず、読めないままになって
  いる本をしっかり読まれるなど、有効にお使いください。

●安息日:貴方がこの一週間一生懸命取り組まれた働き 
 その【熟成を待つ時】とされてはいかがでしょう。

●ご事情で、取りたくても、お休みを取ることができず、
 働かれる方、本当にお疲れ様です。

どうぞ無理をされませんように。

すべてが守られますように。



*****************************



本日も、お読みくださってありがとうございました。

下記ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】アイコン

の応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ



(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


【>>このブログのトップに戻る】






いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2008年08月15日(金)

【終戦の日に想うこと】

テーマ:【安息日】

終戦の日に想うこと・・・


戦後63年とのことですが・・・


散見する国内外の社会問題

(戦後処理に関わる未解決やくすぶっている、国家的、民事的

諸問題、アジア諸国との心情的摩擦・・等々)

を考えるとき、まだ、まだ、すべては終ってはいないんだな

と思います。


******************************


さて、先の大戦から日本を巻き込むところでの国と国との

大きな戦争こそ、起きていませんが


世界各地の民族紛争、内戦・・・は収まるところを知りません。


また、そのような 戦争とまではいわなくても、


わたしたちの、身近なところでの

仲間争い、不和、家族間、兄弟、夫婦・・の争い


・・・大きいものから、小さなもの、ささいなもの・・・


を挙げるとしたら、


人間の間の争いは、絶えることがありません。


・・・悲しいですが、現実です。


どうして、人は、争いあい、憎みあい、ねたみあうのか・・



真の愛のこころの回復が人、一人一人の内側に

実現すること・・・このこと以外には、解決の方法はないように

思います。



これからも、そのために、

少しでも【争い】が減っていくことを願って


ブログ記事を書いていくことができたら・・

と思った一日でした。



**********************************


ところで、聖書には、

すべての争いが完全に終結する日が来る

と記されていますのでご紹介しておきたいと

思います。



「わたしはまた、新しい天と新しい地を見た。

最初の天と地は去って行きもはや海もなくなった。

さらにわたしは、聖なる都、新しいエルサレムが、

夫のために着飾った花嫁のように用意を整えて、

神のもとを離れ、天から下ってくるのを見た。


そのとき、わたしは玉座から語りかける大きな声を聞いた。


『見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、

人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、

彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。


もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。

最初のものは過ぎ去ったからである。』」


・・・・もはや、呪われるものは何ひとつない。


(新約聖書 ヨハネ黙示録21章1-4節、22章3節)


**********************************


■本日も、立ち寄ってくださり、記事をお読みくださり、

ありがとうございます。今日も暑い日となっておりますが

みなさまの今日一日がよい日となりますように。


ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】参加登録しています。

下記アイコンの応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ


(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


***********************************



 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月15日(水)

安息日:創造の記念日

テーマ:【安息日】
主よ、あなたはわたしを究め、
わたしを知っておられる。

座るのも立つのも知り
遠くからわたしの計らいを悟っておられる

歩くのも伏すのも見分け
わたしの道にことごとく通じておられる。

わたしの舌がまだ一言も語らぬさきに
主よ、あなたはすべてを知っておられる。

前からも後ろからもわたしを囲み
御手をわたしの上に置いていてくださる。

その驚くべき知識はわたしを超え
あまりに高くて到達できない。


どこに行けばあなたの霊(=愛)から離れることができよう。
どこに逃れれば、御顔を避けることができよう。

天に登ろうとも、あなたはそこにいまし、
陰府に身を横たえようとも
見よ、あなたはそこにいます。

曙の翼を駆って海のかなたに行き着こうことも
あなたはそこにもいまし、
御手をもってわたしを導き、
右の御手をもってわたしをとらえてくださる。


わたしは言う、
「闇の中でも主はわたしを見ておられる。
夜も光がわたしを照らし出す。

闇もあなたに比べれば闇とはいえない。

夜も昼も共に光を放ち
闇も、光も、変わるところがない。






あなたは、わたしの内臓を造り
母の胎内にわたしを組み立ててくださった。

わたしはあなたに感謝を捧げる。
わたしは 恐(畏)ろしい力によって
驚くべきものに造り上げられている。

御業がどんなに驚くべきものか
わたしの魂はよく知っている。

秘められたところでわたしは造られ
深い地の底で織りなされた。

あなたには、わたしの骨も隠されてはいない。

胎児であったわたしをあなたの目は見ておられた。
わたしの日々はあなたの書にすべて記されている。
まだその一日も造られないうちから。

あなたの御計らいは、わたしにとっていかに貴いことか
神よ、いかにそれは数多いことか。

数えようとしても、海の砂の粒より多く
その果てを極めたと思っても、
わたしはなお、あなたの中にいる。

・・・・

神よ、わたしを究め、
わたしの心を知ってください。
わたしを試し、悩みを知ってください。

ご覧ください
わたしの内に迷いの道があるかどうかを。

どうかわたしをとこしえの道に導いてください。」


    (旧約聖書 詩篇139編)

■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■

◆どなたにも尊いお誕生日があります。
しかし、わたしどもの存在の始まりは、そのときよりさらに、
約10ヶ月10日前・・・

母の胎内の中から・・この地上の誰もまだ「あなた」
を見ることもできなかった時から・・・

そして・・

あなたがこの地上にお生まれになったその瞬間も、
神様は隠れた立会人として、あなたの誕生を心から喜び
微笑みながら、温かく見守っておられた・・・。

と聖書に書いてあります。

◆一週間のお働きお疲れ様でした。
ゆっくりとしたご休息を。

みなさまのこころと体に必要ないやしと
安らぎがございますように。


■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■






いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
2005年04月14日(木)

【受けて与える】

テーマ:【安息日】

本日もお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

今日は、こちらは花冷えというのでしょうか

もう、”菜種梅雨”というのでしょうか、雨がよくふり、

わたくしには、気温が3月の初めのように、

冷え込んでいるように感じます。

みなさまのところはいかがでしょうか。

ご自愛ください。


さて、もう少し、下記の聖書箇所

共にお読みしておきたいと思います。


***************************

悪魔はイエスを非常に高い山に連れて行き、世のすべて

の国々と繁栄ぶりを見せて、

「もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう」

と言った。するとイエスは言われた、

「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』

と書いてある。」

そこで、悪魔はイエスを離れさった。すると、天使たちが来て

イエスに仕えた。

        (新約聖書マタイ福音書4章8-11節)

*****************************


今一度、上記のイエス・キリストの言葉

「『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある」

について考えさせてください。


『あなたの神である主を拝み』・・・


教会では毎週【礼拝日】という日を設けて

集会を行っております。


先日の記事で、【礼拝】を英語で

【ワーシップ・サービス(Worship-Service)】

と表現するということをお伝えしました。


【礼拝:サービス】とは聖書の御言葉を通して

神様の愛・無条件の愛に触れる時です。

神様からの愛を十分に受ける時なのです。

神様からの愛を、サービスを十分に受けて

ください。


*******************

さて、人はどうもさまざまなものを

【受けたものを与えて】生きているようです。

また、特に愛というものは、

【受けなければ与えることができない】

ものであるようです。


コンピューターほど、シンプルではないですけど、

入力されていない情報は、出力できないのです。


***********************


受けたものを与える・・・負の面ですが、

いじめの構造、悪循環をみたときにも、

それがいえるのかなと思います。


殴るものは、どこかで殴られているんですね・・・

その循環が弱い方へ、弱い方へ行ってしまう・・・。


いじめられたひとは、どこかで、他者をいじめて

しまわざるを得ない・・・

入力されたものが出力される・・・ようです。


行動として、また、何かの思いであっても

出てきているものは、どこかで入力されてしまった

ものなんですね・・・


余談ですが、

時々「こころにもないことを言ってしまって・・・

といわれる方があるのですが・・・

「こころにないことは出てこない」というのが

どうも、聖書のいう原則のようですから・・・

・・・正直な人だなって、わたくしは、微笑んで

おきます・・・(^^)。


**************************


さて、本題に戻りまして・・・

同じ受けたものを与えるのなら、よいものを受けて、

よいものを与え合えたらいいですね。


『あなたの神を拝し』とは、受ける場=礼拝です。


『あなたの主に仕えなさい』

仕える場=日常生活の現場 

その現場で隣人に接すること=神に仕えること

になります。


「小さいものの一人にしたのはわたしにしたのである。」

(新約聖書 マタイ福音書25章40節)


***************************


受けて与える・・・受けなければ与えられない


ところが、その神様からの愛が受けられないように

神ではないものを拝ませ、それにひれ伏させようと

する存在があると聖書は伝えているのです。

人と神を引き離し、出会わないようにする

礼拝という場から人々を遠ざけようとする存在が・・・。

それを聖書では、悪魔と表現しています。


***************************

人は、神様からの愛をまず、十分に、無条件で受け、

受け取って、潤されて・・はじめて他者が愛せるようです。


受けてないのに、出そうとすると

疲れてしまいます。


礼拝で十分に受けて、自分の存在を確認して、

安心して、他者を愛する・・・


そうではなく、他者に愛を求める、そうすると

欲求不満・・・というものが発生します。


また、少々、ややこしいのですが、

他者を愛することで安心感を得ようとすると

おせっかいになったり、愛の押し付けに

なったりします。


特に、親がこどもにしがちな愛が

このタイプになるのですが・・・

あなたのためなのよ・・・といいながら

こどもは苦しんでしまっている

ということも起こってきます。。。


愛を与え合うというのは、本当に困難が伴うものだと

思います。双方に悪気はなくても、気持ちがすれ違ってしまう。。。

お互い良いことをしようとしているのに・・・

気持ちが伝わらないっということがありますね。


そのすれ違いを上手に仲介してくださるのが

聖書の神、イエス・キリストというお方であると

お考え頂くとうれしいです。


上手に、人間同士、適切な距離関係を保つために

神は、クッションのような役目、仲介をしてくださるのです。

聖書は、よりよい人間関係を構築する援助者、

また仲介者、助ける存在のとして神の存在を

また、その神を信じることの必要性を記しています。


神が仲介してくださる夫婦関係、親子関係、兄弟関係

職場での関係、この関係に入るととても

それぞれの人間関係が円滑になります。

しっかり、「受けて、与える」ということが可能に

なるのですから。


「受けて与える」これは、ここに限らず、

また引き続き、さまざまな面で触れていきたいと

思っております。


**************************

【>>このブログのトップに戻る】




いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年01月01日(土)

2005年元旦

テーマ:【安息日】
2004年12月25日(土)

心からMerry Christmas!!

テーマ:【安息日】
いつもここを訪れてくださる大切なお一人お一人に、
心から
Merry Christmas!!
アメブロを通してのお一人お一人とのご縁に心より感謝しています。


愛と命の源なる天のやさしい神様の祝福とお守りが、
お一人、お一人の上に豊かにありますように、
愛と平和と喜びがお一人お一人の心に満たされますように。
このよきクリスマスの日に
心よりお祈り申し上げております。

みなさまの
ご健康が守られますように。ご家族が守られますように。
お仕事が祝福されますように。学びが祝福されますように。

みなさんが一生懸命取り組まれた2004年の働きすべての上に
豊かな労のねぎらいがありますように。

いろいろなことがあった2004年でいらっしゃると思います。
特に、辛い思い、苦しい思いをされたかたがありましたら
必要な癒しと平安がありますように。

今なお、問題をかかえて、辛い状況の中にいらっしゃるかた
がありましたら、どうか一番いい方法で、一番良いときに、
その辛さを取り除いてあげてください。

そして、
神様のお守りとお導きの中で、みなさまがよい年末年始を
お過ごしになれますように。

神様の愛を覚えるこのクリスマスの日に、
心より、救い主イエス=キリストの
御名を通してお祈り申し上げます。

アーメン

****************************

(アーメン=真実です、という意味です。)
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
2004年12月17日(金)

キリストに最初に出会った人々

テーマ:【安息日】
【クリスマス物語】

そのころ、皇帝アウグストゥス(ローマ初代皇帝BC.31-AD14在位
正式名称:Gaius Julius Caesar Octavianus)から
全領土の住民に、住民登録をせよとの勅令が出た。

これは、キリニウスがシリア州の総督(推定BC.6年頃)であったときに
行われた最初の住民登録である。

人々は皆、登録するためにおのおの自分の町へ旅立った。
ヨセフもダビデの家に属し、その血筋であったので、
ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ
上って行った。
身ごもっていた、いいなずけのマリアと一緒に登録するためである。

ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、
マリアは月が満ちて、初めての子を産み、
布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。
宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。

その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、
夜通し羊の群れの番をしていた。
すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、
彼らは非常に恐れた。

天使は言った。

「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。
今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。
この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって
飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。
これがあなたがたへのしるしである。」

すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、
神を賛美して言った。

「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、
御心に適う人にあれ。」

天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、

「さあ、ベツレヘムへ行こう。
主が知らせてくださったその出来事を
見ようではないか」と話し合った。

そして急いで行って、マリアとヨセフ、
また、飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。

その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について
天使が話してくれたことを人々に知らせた。

聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。

しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、
思い巡らしていた。

羊飼いたちは、
見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、
神をあがめ、賛美しながら帰って行った。


************************

■一週間のお働きお疲れ様でした。ゆっくりとした
ご休養をおとりになれますか。よい週末をお過ごしください。

■上記聖書のことばについては、今回は【コメント欄】に
少々解説、適用をかかせていただいています。
お時間がございましたら、【コメント欄】をごらんいただけると
幸甚です。


************************
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。