【義】とされるということ | 【こころのエステ・フィットネス札幌】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~ 聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]
2017年09月24日(日)

【義】とされるということ

テーマ:【イエス・キリストの教え】

本日もこころのエステ・フィットネスに立ち寄ってくださり

ありがとうございます。

 

最近、テレビから 「大義」(たいぎ)という言葉を

よく耳にして、興味深いなと思っています。

 

聖書でも「義」という言葉はとても重要な

キーワードなのです。

 

**************************

 

「義」という字を「義(ただ)しい」と読みます。

聖書で「義とされる」とは

神様の目に「義(ただ)しい」とされることを意味します。

 

人の目にではなく、神様の目に、です。

神様の義(ただ)しさは、時に 人の「正しさ」を超えていきます。

 

厳しいことですが、人の目に「正しい」とされることでも

ひょっとしたら、神様の目に「正しい」とされるかは

わからないというのです。

 

***************************

 

ところで、争い・・・というものに目を向けたとき

人の「正しさ」と「正しさ」が闘ってはないでしょうか。

人の範囲では、残念ながら、

白黒はっきり決着させることは

困難な場合があります。

理不尽、不条理さが残ります。

 

***************************

さて、聖書では、「義」とされることは、ただ一つ

 

イエス=キリストという方が、わたくしたちの身代わりとなって

十字架におかかりになった、そのことは「義(ただ)しい」

ことだった

 

ということのみです。

 

また、たいへん、もったいないことですが

そのイエス様の十字架を信じるもの、すべてのものが

「義」(ただ)しいとみなされる・・・

 

という約束があります。

わたくしは、そのことを信じています。

 

わたくし自身、自己中心で、決して「正しい」ものとは

いいかがたい存在です。

 

しかし、そのようなわたくしのために

イエス=キリストは、十字架にかかってくださった

 

そのことを信じるわたくしを

「義(ただ)しい」とみなしてくださる・・・

 

「正しくはないけれど(それを赦し) 義しいもの」

と見てくださり、見通しを与え、希望を与えてくださる

本当に有難いと思っております。

 

ぜひ、みなさまも、「義」としてくださる

ご存在に目を向けていただきたいと

願っております。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

 

 

 

 

 

 

 

こころのエステ&フィットネスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス